1年365日毎日、外国映画と海外ドラマを見ている私が、おすすめの外国映画と海外ドラマを紹介します!人生の幅を広げて欲張り人生を送ろう!

外国映画と海外ドラマに恋して、そして気ままに旅をする!

「ラ・ラ・ランド」 エマ・ストーン ライアン・ゴズリング 外国映画

映画「ラ・ラ・ランド」のあらすじ ! この映画はミュージカル映画というより本物のラブ・ストーリーだ!

投稿日:

映画「ラ・ラ・ランド」のあらすじ:冒頭のミュージカルシーンは圧巻!

映画「ラ・ラ・ランド」の舞台は、ロサンゼルス。

ロサンゼルスのハイウエイの大渋滞から映画「ラ・ラ・ランド」のあらすじはスタートします。

冒頭のシーンは、高速道路が渋滞していてたくさんの車が停まってしまっている。

ミュージカル映画嫌いの私は、いきなりこのシーンで、ちょっと衝撃を受けてしまいました。

映画「ラ・ラ・ランド」の冒頭のシーンは予告で少し見ていましたが、これはすごい!

スポンサーリンク

この冒頭の圧巻のミュージカルシーンの感動は、どんなすばらしい文章でも表現できないと思います。

映像だけでも、表現できないし、音楽だけでも表現できません。

まさに、映像と、音楽が合体したミュージカルの醍醐味かも?

このシーンは、是非、映画で見てほしい!

LAの渋滞する道路に止まっている車から次々に人々が下りて踊って歌います。

パチパチパチ!っと、歌と踊りと演技をしているダンサーたちに拍手喝采!

パフォーマンスしている人たちもすごいけれど、これを途切れ途切れでなく、ずっと続く長回しのカメラワークがすごい。

この冒頭にいきなりミュージカルシーンは、私は、参った!と言わさられてしまいました。

つまり、ミュージカル嫌いを公言していた私が「ごめんなさい!」と謝らされたのです。

踊りが終わると、皆は、車に戻って車を進ませます。

エマ・ストーン演じるミアは、映画のオーディションでの携帯電話でのシーンの練習をしていました。

ミアの車の後ろにいたライアン・ゴズリング演じるセバスチャンは、イライラしてクラクションを鳴らします。

ミアは、進もうとしないので、セバスチャンは、ミアの車を追い越していきます。

これがミアとセバスチャン、二人の出会いです。

二人の出会いを、こんな設定にするなんて、監督のセンス感じました。

映画「ラ・ラ・ランド」のあらすじ:二人の出会い

女優志望のミアは、その日もオーディションに臨むのですが結果は、散々。

オーディションに落ちて意気消沈していたミアは、友人たちとパーティーに参加しますが、1人で帰る羽目に。

運の悪いことに、路上駐車していた車がレッカー移動され仕方なく歩いて帰らないといけなくなります。

歩いていたら、「リプトンのバー」と言うジャズバーからピアノの音色が聞こえてきます。

ミアは、ピアノの音色に誘われてジャズバーに入ります。

そのバーで、ピアニストのセバスチャンが演奏中でした。

セバスチャンは支配人のビル(J・K・シモンズ)から、オリジナル曲ではなく、クリスマスソングを演奏するように指示されていました。

支配人は、ジャズが嫌いだったのです。

しかし、セバスチャンは、ジャズへの衝動を抑えきれずに、自分自身の曲を弾いてしまいます。

指示を守らなかったセバスチャンは、即刻、支配人にクビを言い渡されてしまいます。

不機嫌なセバスチャンは、ミアを邪険に扱って突き飛ばしてバーを出ていってしまいます。

ミアとセバスチャンは、高速道路以来の再会ですが、最悪の再会となってしまいます。

映画「ラ・ラ・ランド」のあらすじ:「A LOVELY NIGHT」

数ヶ月後、ミアは、1980年代のポップ・カバー・バンドで演奏するパーティーでセバスチャンに再び会います。

セバスチャンは、不機嫌そうに80年代ポップスを演奏していました。

ミアは "I Ran(So Far Away)"を要求してもてあそびます。

演奏終了後に、セバスチャンは "真剣なミュージシャン"に、 "I Ran(So Far Away)"のような曲は、NGで、侮辱なんだよとミアに言います。

二人は、そこで初めてお互いの自己紹介をします。

ミアは、嫌な脚本家にしつこく話しかけられていて、そこから逃げ出すため、セバスチャンと一緒に会場を出ます。

二人はそれぞれの車に歩いて行き、そのまま二人は、夜景を見ながら話をし、そして踊ります。

The sun is nearly gone ♪
No lights are turning on

これが、黄色いドレスをきているミアと、セバスチャンが踊るあの有名なシーンです。

この映画で感心するのは、ミアの衣装!

この黄色のドレスも、後ろの夕焼けの景色とでとても綺麗!

その後も、ミアはまたオーディションを受け続けます。

そして、いつものように、コーヒーショップでバイトしているところに、突然、セバスチャンがやってきます。

二人は、バイトが終わった後、ハリウッドの界隈を散歩して歩きます。

ミアが、ハリウッド女優を目指していることや、セバスチャンがジャズが好きであることなど、お互いのことを少しずつ話します。

ミアが、ジャズが好きでないと言うので、セバスチャンはミアをジャズ・バーに連れて行って、ジャズの良さを熱く語ります。

最悪な出会いだったが、その後また偶然に出会い、二人で会うことを重ねているうちにお互いに惹かれあっていきます。

その時、ミアには恋人がいたのですが、気が付けばセブの元へと駆けだしていた。

スポンサーリンク

映画「ラ・ラ・ランド」のあらすじ:「CITY OF STARS」

セバスチャンは過去のジャズバンド仲間、キースから新たにバンドを立ち上げるので、仲間にならないかと声を掛けられます。

その夜、二人は「CITY OF STARS」をデュエットで歌います。

この二人で歌うオリジナル楽曲「CITY OF STARS」がとてもいい。

2017年ゴールデングローブ賞で、主題歌賞作曲賞も受賞!

第89回アカデミー賞でも楽曲賞に輝きました!

セバスチャンが何気なく、帽子を手にとって、ビーチのブリッジで軽く踊りながらソロで歌い出します。

このシーンが、好きです。

ライアン・ゴズリングの歌は、この映画『ラ・ラ・ランド』で初めて聞きましたが、楽曲賞を取るだけのことあって、「CITY OF STARS」がいい。

City of stars〜♪
Are you shining just for me?City of stars
There's so much that I can't see
Who knows?
I felt it from the first embrace I shared with you
That now our dreams
They've finally come true

ライアン・ゴズリングは、力が入りすぎず、まるで語るように歌います。

途中から、主演のエマ・ストーンが歌い、後半は、二人がピアノの伴奏でデュエットします。

ピアノ演奏は、もちろん吹き替えなしでライアン・ゴズリング自身が全部本当に弾いていると言うから驚きです。

エマ・ストーンがメロディをライアン・ゴズリングが低音を歌って軽くハモるところがいい。

顔を見合わせて、「ふふっ」と笑いながら、エマが歌います。

この「ふふっ」がとてもいい。

「ふふっ」だけで幸せ満杯が伝わってきます。

二人とも、語りかけるように、二人で会話するように歌っています。

この会話のような二人の声が、心に響きます。

映画「ラ・ラ・ランド」のあらすじ:バンドに入ることを決心

次の日、セバスチャンはキースのバンド「メッセンジャーズ」に入ることを決めます。

このバンド“ザ・メッセンジャーズ”のリーダー・キース役が絶大な人気を誇るグラミー賞シンガー、ジョン・レジェンドです。

キースが、人気が急上昇してきた自分のバンドにセバスチャンを誘っていました。

このバンド「メッセンジャーズ」の音楽は、セバスチャンの目指すジャズとは大きくスタイルが異なっていたのですが、ミアのためにもと、割り切ったのです。

でも、このちょっとした事から、ミアとセバスチャン、二人の人生の歯車が狂い出していきます。

ミアは、セバスチャンのバンドのライブに行きますが、セバスチャンの好きなジャズと全然違う音楽なので、ミアは戸惑います。

映画「ラ・ラ・ランド」のあらすじ:忙しくなるセバスチャン

セバスチャンは、バンドの人気がでてきて大成功し、とても忙しくなります。

ミアは、いよいよ一人芝居の舞台の最終準備にかかっていました。

たくさんの招待状を送付します。

夏以降、ミアとセバスチャンは、セバスチャンがバンドのツアーに行っていたので会えていません。

その日、セバスチャンは多忙な中、ミアと会う時間を作ってミアのために夕食を作っていました。

近況を話し合う二人。

セバスチャンは、食事をしながら、ミアにツアーに一緒に行ってほしいと頼みます。

でも、ミアは一人芝居の舞台が2週間後に迫っていたので、セバスチャンの誘いを断ります。

映画「ラ・ラ・ランド」のあらすじ:二人の歯車が噛み合わなくなっていく

このへんから、また、少しずつ二人の歯車が噛み合わなくなっていきます。

セバスチャンが、「リハーサルなんでどこででもできるだろう」と言ってしまうのですが、ミアはとても傷付きます。

レコーディング、次のツアーと引き続き忙しいセバスチャンに、ミアは、「本格的なジャズの夢はどうなったのか?」
「いまのあなたにはジャズの情熱を感じない!」「それで満足しているの?」と言ってしまいます。

ミアのために、割り切って活動していたセバスチャンは

「君のために安定した職業を選んだ」

「どうせ無職だった俺とつきあったのも優越感に浸りだけだったからからじゃないのか?」

「成功して欲しくないからそんなことを言うのか」とひどい言葉を言ってしまいます。

ミアは、とても傷つき、泣いて家から出ていってしまいます。

ミアの一人芝居の舞台の当日、セバスチャンは必ず行くと約束していました。

しかし、バンドの練習終了後、バンドのプロモーション写真撮影に手間取ってなかなか出られません。

そして、セバスチャンが駆けつけた時には、もうすでにミアの舞台は終わっていました。

観客は、友人だけしか見に来ておらず、しかも終了後、観客の悪評が聞こえてきます。

ミアは、完全に落ち込んでしまいます。

セバスチャンの元から去って、そのままネバダの実家に帰ってしまいます。

映画「ラ・ラ・ランド」のあらすじ:オーディション

数日たった後、ひとりでベッドで横になっていたセバスチャンの携帯電話がなります。

それは、ミアの一人芝居を見て高く評価した映画関係者からでした。

メジャーな映画のオーディションがあるので、ミアにオーディションを受けてほしいと言うものでした。

携帯をオフにしていたミアには、連絡が取れないので、セバスチャンはミアの実家を探し出して、必死で説得して連れ戻します。

オーディションでは、控え室でセバスチャンは待っていてくれました。

オーディションで、自由なストーリーでの演技をディレクターから求められ、オーディションは大成功でした。

映画「ラ・ラ・ランド」のあらすじ:別れ

でもオーディションに成功したら、ミアは撮影のためパリに行かないといけなくなります。

二人でロサンゼルスの岡の上で語り合います。

ミアは、「私たち、どうなるの?」と聞きますが、セバスチャンは答えられません。

お互いの夢を優先して、愛を誓いあいながらも、結局二人は、別れることになりました。

映画「ラ・ラ・ランド」のあらすじ:5年後

<ーーーーここからはネタバレーーーー>

映画「ラ・ラ・ランド」をまだ見ていない人は、読まないでね!

ストップ!!

ラストは、知らないで映画を見て下さい!

あれから、5年の月日が経ちました。

ミアはオーディションに合格し、ハリウッド女優として成功し、結婚し、子供も生まれていた。

セバスチャンも、「ジャズ・バー」を開くという夢を実現していました。

ある日のこと、ミアは夫と二人でハリウッドのイベントに出かけて、その帰りのディナーの後、車に乗ろうとした時に、聞き慣れたジャズの音色が耳に入ってきます。

見に行くと、そこには「SEB'S」という看板がかかった雰囲気の良いジャズ・バーでした。

そのジャズ・バーは、なんと偶然にもセバスチャンが経営するお店だったのです。

そして、まさに、お店でセバスチャンが、ピアノソロを演奏するところでした。

ミアに気づいたセバスチャンは、二人の思い出の曲「CITY OF STARS」を演奏します。

演奏が開始されるとともに、二人の間に数々の思い出が駆け巡ります。

そして、もし別れていなかったら・・・と、空想をします。

二人の出会い。

最初に二人が出会ったジャズバーに!

そこでのキス。

満員となったミアの一人芝居の舞台。

ミアとセバスチャンは、一緒にパリに渡く。

セバスチャンはパリで演奏家に。

二人は、結婚して子供も。

そして、ミアとセバスチャンは、幸せな日々を送るのです。

・・・空想は終わり、セバスチャンの演奏も終わります。

ミアの夫が、もう少しいようか?と聞きますが、ミアは、もう帰ると言います。

ミアは夫と静かに席を立ちます。

そして出口のところで、後ろを振り返りセバスチャンを見ます。

セバスチャンは、寂しそうな顔で微笑みます。

二人は微笑み合います。

この最後の二人の微笑み。

この微笑みがどう言う意味なのか?

これは映画を見た人たち、それぞれの解釈と、思いがあるでしょう。

ああ!このラストシーン、本当に好きです。

<ーーーーここまでがネタバレーーーー>

映画「ラ・ラ・ランド」のあらすじ:まとめ!

ミュージカル映画は嫌いと決めつけていた私ですが、この映画「ララランド」は、特別!

監督がすばらしいし、ライアン・ゴズリングと、エマ・ストーンがすばらしい。

ラストシーンのライアン・ゴズリングの微笑みに、ぐーっときました。

映画の中で、ライアン・ゴズリングは、かなりの難易度なピアノソロをガンガン弾きこなしていたからもう尊敬してしまいます。

普通、映画やドラマでは、ピアノの演奏シーンが始まるとプロのピアニストが弾いている「手だけ」を大きく写したピアノになって、俳優の顔などは写りません。

でも、ピアノを弾く手と、一緒に、ライアン・ゴズリングの顔もずっと写っていました。

一切、「手だけ」のシーンはありませんでしした。

つまり、ライアン・ゴズリングが本当に全部自分で弾きこなしていたのです。

3ケ月のピアノの猛特訓をしたとの事です。

このピアノシーンを見て、ライアン・ゴズリングのプロ意識には脱帽しました。

また、ライアンゴズリンとエマのダンスシーンもすばらしい。

エマのオーディションで歌うシーンも感動しました。

エマ・ストーンの微妙な心の動きを表現する演技にも、引き込まれました。

ライアン・ゴズリングがゴールデングローブで賞を取った時、このトロフィーは、3人で取ったものだと言っていました。

監督と、ライアン・ゴズリングと、エマ・ストーンがすばらしいのでこの映画ができたのでしょう。

そして、この映画はミュージカル映画というより本物のラブ・ストーリーだ!と思います。

Amazonプライム・ビデオ

映画「ラ・ラ・ランド」の関連記事

「ラ・ラ・ランド」

>>映画「ラ・ラ・ランド」のキャスト! ライアン・ゴズリングとエマ・ストーンが有機化学的反応を起こしていた!!

「ライアン・ゴズリング」

>>ライアン・ゴズリングのおすすめ作品「ラースと、その彼女」!かっこいいライアンも好きだけどこの映画のキャラクターが、ライアンの役の中で一番好き!

「エマ・ストーン」
>>エマ・ストーンについての他のいくつかの記事についてはこちらを!

関連記事はこちらです♪

スポンサーリンク

おすすめの10記事

1
映画「ダンケルク」を見る前に歴史を!「ダンケルクの戦い」と「ダイナモ作戦」って何?映画で歴史を知ることって素晴らしい!

映画「ダンケルク」を見る前に「ダンケルクの戦い」や「ダイナモ作戦」を知っておこう! クリストファー・ノーラン最新作「ダンケルク」は実際に起こった「ダイナモ作戦」に基づいた戦争映画です。 「ダンケルクの ...

2
映画「ブレードランナー2049」のキャストとあらすじ!ライアンは前作を14才の時に見た!ライアンの続編は前作を越えられるか?

映画「ブレードランナー2049」のキャストとそのあらすじは? SF映画の金字塔と言われ、今でも多くのファンがいる1982年公開の前作「ブレードランナー」。 原題は「Blade Runner 2049」 ...

3
海外ドラマ「ホームランド」シーズン7!ピーター・クインが登場しないならその分面白くしてくれないと怒ります!

「ホームランド」シーズン6が終わった! 海外ドラマの「ホームランド」、シーズン6がとうとう終わってしまいました。 海外ドラマ「ホームランド」は、シーズン1からシーズン6まで全部見ました。 シーズン6を ...

4
映画「鑑定士と顔のない依頼人」を見た感想と評価!予想外の展開!ミステリーファンの私を参らせた結末でした。

映画「鑑定士と顔のない依頼人」の私の感想と評価 「ニュー・シネマ・パラダイス」、「海上のピアニスト」の巨匠ジュゼッペ・トルナトーレによる大人のミステリー「鑑定士と顔のない依頼人」。 良い意味でとても期 ...

5
映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」主演クリス・プラット!ホームレスからハリウッド大スターに登りつめた!

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の主演俳優クリス・プラット 映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」で新しいマーベルヒーローを熱演したクリス・プラット。 他のマーベル作品の主演俳優に比べる ...

6
映画「ラ・ラ・ランド」のキャスト! ライアン・ゴズリングとエマ・ストーンが有機化学的反応を起こしていた!!

映画「ラ・ラ・ランド」(LA LA LAND)のキャストの二人について 映画『ラ・ラ・ランド』! 監督:デイミアン・チャゼル 時間:128分 映画「セッション」で一躍注目を集めたデイミアン・チャゼル監 ...

7
映画「最初に父が殺された」キャストとあらすじと感想!アンジェリーナ・ジョリー監督!アカデミー賞外国語映画賞カンボジア代表

映画「最初に父が殺された」アンジェリーナ・ジョリー監督:アカデミー賞外国語映画賞 アンジェリーナ・ジョリーってすごい女性だなといつも思います。 ハリウッドを代表する女優さんだし、6名の子どもの母親でも ...

8
ダニエル・クレイグのジェームズ・ボンド第25作目『シャッターハンド』2019年11月公開!ボンドガールは誰に?

映画『007』シリーズの第25作目『シャッターハンド』ダニエル・クレイグ続投! 映画『007』シリーズの第25作目は、2019年11月8日に米国にて公開予定。 ジェームス・ボンド役は、もちろん「ダニエ ...

9
マリオン・コティヤールのおすすめ映画は「エディット・ピアフ 愛の賛歌」!波乱万丈で恋多きピアフを迫真の演技で演じ切りました!

映画「マリアンヌ」の女優マリオン・コティヤールのおすすめ作品 「マリアンヌ」で美しい二重スパイを演じたのはフランスの大女優マリオン・コティヤール。 スポンサーリンク フランス映画でアイドル的人気のあっ ...

10
レオナルド・ディカプリオの若い頃!子役から大スターへ!デカプリオの演じるキャラクター

映画「華麗なるギャツビー」主演レオナルド・ディカプリオ 映画「華麗なるギャツビー」で華やかなギャツビーを演じたのはレオナルド・ディカプリオです。 今やレオナルド・ディカプリオは、ハリウッドには欠かせな ...

-「ラ・ラ・ランド」, エマ・ストーン, ライアン・ゴズリング, 外国映画

error: Content is protected !!

Copyright© 外国映画と海外ドラマに恋して、そして気ままに旅をする! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.