「グラディエーター」 ホアキン・フェニックス ラッセル・クロウ 外国映画

映画「グラディエーター」のあらすじと感想!ラッセル・クロウの作品の中で、私の1番のおすすめ!

投稿日:

映画「ナイスガイズ!」のラッセル・クロウのおすすめ作品「グラディエーター」

「ナイスガイズ!」でユニークなキャラクターを演じてまた新たな魅力を見せているラッセル・クロウ/Russell Crowe

野獣的で暴力的、でも優しい心も持っているヒーリーを演じています。

三枚目の役も合っていますね。

スポンサーリンク

しかし、二枚目のかっこいいラッセル・クロウもやはり良いですよね。

では、ラッセル・クロウの作品の中で、私の一番のおすすめはと言えば、何と言っても「グラディエーター」でしょう!

「グラディエーター」は2000年の歴史映画。

原題はGladiatorです。

Gladiatorってどんな意味があるのか辞書で引いて見たら「gladiator」は、名詞で(古代ローマの)剣闘士と言う意味でした。

映画「グラディエーター」のあらすじと私の感想です!

>>グラディエーター [DVD]

マキシマス役がラッセル・クロウで、コモデゥス役がホワキン・フェニックスです。

映画「グラディエーター」のあらすじ

舞台は西暦180年、ローマ時代中期です。平民ながらも将軍まで昇りつめたマキシマス(ラッセル・クロウ)は、年老いた皇帝マルクスから絶大な信頼を受けていました。

そして自分の後継者として皇帝になってほしいと言われていました。

これを知ったマルクスの息子であり皇太子のコモドゥス(ホワキン・フェニックス)は怒り悲しみ、父を殺害し自分が皇帝となります。

そして、コモドゥスはマキシマスと妻子処刑を命じられます。

マキシマスだけが処刑を逃れるのですが、妻子は処刑されてしまいます。

嘆き悲しむマキシマスは衰弱し、奴隷商人に捕まってしまいます。

命より大切な妻子を奪われてしまったマキシマスは生きる希望を失い、奴隷として剣闘士「グラディエーター」を育てるための奴隷商人もとに売られてしまいます。

しかし、マキシマスは徐々に実力を発揮していきます。

一方、コモドゥスは元老院を無視した政治を行い、民衆に媚びるために娯楽を提供していました。

コロシアムを作り、グラディエーター達の闘いを行っていました。

マキシマスは、仲間の一人から「戦績を重ねて名をあげることができれば、コモドゥスに会える」という話を聞き、復讐に燃え上がります。

圧倒的に不利な戦いで見事逆転勝利をおさめ、ついにコモドゥスと再会します。

マキシマスが生きていたことに驚いたコモドゥスは、すぐに処刑しようとするのですが、観衆から大ブーイングを受けてしまい殺害することができません。
そんな中、マキシマスのもとへ、コモドゥスの姉ルッシラがやってきます。

彼女は以前のマキシマスの恋人でもありました。

彼女は息子とともにコモドゥスを支えていますが、実の弟に恐怖を感じるようになり、マキシマスの協力を仰ぎに来たのです。

姉ルッシラの裏切りを知ったコモドゥスは、マキシマスを抹殺するために、自らがコロシアムでマキシマスと一騎打ちの対決をすることを決意します。

そして、試合直前にマキシマスの腹をナイフで刺して不利な状況に追い詰めます。

しかしマキシマスは意識が朦朧としながらも、ついにコモドゥスの首にナイフを突き刺して勝利します。

そしてローマを正しい姿に戻すように言い残し、力尽きます。

民衆はコモドゥスではなく、マキシマスに対し手厚く葬るのでした。

スポンサーリンク

映画「グラディエーター」の感想

リドリー・スコット監督、ラッセル・クロウがタッグを組んだ名作です。

アカデミー賞では作品賞と、ラッセル・クロウは主演男優賞を受賞しています。

コモドゥスを演じたホワキン・フェニックスは助演男優賞にノミネートされました。

さらに、衣装デザイン賞、録音賞、視覚効果賞も受賞しています。

ゴールデングローブ賞でも作品賞と作曲賞を受賞しています。

その他世界中で様々な映画賞を総なめにしました。

俳優の演技もすごいですが、衣装や小物類など、すべてこの映画「グラディエーター」だけのためにオリジナルでオーダーメイドで作ったと言うからそれもすごい!

一体どれだけの人たちがこの映画作りに携わったのでしょうか?

制作費は、1億300万ドルと言う想像できないくらい巨額。

これだけ徹底的に背景にもこだわったからこそこの映画に重みができたのでしょう。

もし、安っぽいチープな衣装や小物や背景だったら、せっかく名俳優の熱演も作り物に見えてしまいます。

ちなみに1億300万ドルの制作費以上の興行収入で、興行収入は4億5764万427ドルと言うからこれまたすごい!

バクっと3億5400万ドルの利益、日本円にすると350億円(電卓で計算できない!)

これを考えると、ハリウッドのスターの年収が破格なのも納得できますね。

さて、「グラディエーター」は上映時間155分という長編作品です。

歴史映画ということで、ちょっと退屈してしまうかな…と思っていたのですが、そんなことは全く感じませんでした。

しっかりとした歴史映画でありながら、歴史的な難しい要素は一切なく、どんどん物語に引き込まれていきます。

それは、この作品は難しい史劇ではなく、マキシマスという男の生き様を描いているからです。

平民でありながら将軍になり、さらに皇帝になるという頂点まで昇りつめます。

しかし、そこから奴隷という最低の身分にまで落ちてしまいます。

そして、そこからさらに復讐心を燃やしながら、最終的には将軍として称えられながら死を迎えるのです。

この怒涛の人生に引き込まれずにはいられません。

マキシマスのキャラクターの良さもありましたが、対照的なコモドゥスの存在も大きかったですね。

父からの愛情を受けられずに悩み苦しみ、実姉への歪んだ愛情を持ち、異常なまでにマキシマスに嫉妬、執着します。

マキシマスという英雄の影である悪役なのですが、ただの悪者とは決めつけられない深いキャラクターでした。

このコモドゥスのおかげで、マキシマスの強さが際立っていました。

迫力あるアクションシーンも圧巻でしたね。

そして悲しくも非常に美しいラストに感動の涙でした。

ラッセル・クロウNo.1の作品「グラディエーター」についてご紹介してきました。

ラッセル・クロウ作品はたくさんありますが、やはりこの作品がラッセル・クロウの魅力が一番詰まっていますね。

いつまでも色褪せない名作だと思います。

次は、映画「ナイスガイズ!」のもう一人の注目俳優マット・ボマーについてです。

>>マット・ボマーの魅力は容姿だけではない!演技力はもちろん歌唱力もすごい!カミングアウトも衝撃だった・・・。

関連記事はこちらです♪

スポンサーリンク

おすすめの10記事

1
映画「レ・ミゼラブル」のあらすじと感想:このミュージカルはストーリーが難解!あらすじを読んでから映画を観るのがおすすめ!ヒュー・ジャックマンとアン・ハサウェイが素晴らしい!

映画「レ・ミゼラブル」のあらすじと感想です。 「レ・ミゼラブル」(2012年) 「グレイテスト・ショーマン」でミュージカル映画が好きになった方に観ていただきたい作品です。 ヒュー・ジャックマン主演のミ ...

2
映画「ボヘミアン・ラプソディ」キャストと実際のキャラクター!91回アカデミー賞5部門ノミネート!メンバーがそっくり!

「ボヘミアン・ラプソディ」キャストとキャラクター! 主演のラミ・マリック演じるフレディ・マーキュリーに注目が集まる映画「ボヘミアン・ラプソディ」! 第91回のアカデミー賞で作品賞、ラミ・マリックの主演 ...

3
海外ドラマ「ホームランド」シーズン7!ピーター・クインが登場しないならその分面白くしてくれないと怒ります!

「ホームランド」シーズン6が終わった! 海外ドラマの「ホームランド」、シーズン6がとうとう終わってしまいました。 海外ドラマ「ホームランド」は、シーズン1からシーズン6まで全部見ました。 シーズン6を ...

4
映画「鑑定士と顔のない依頼人」を見た感想と評価!予想外の展開!ミステリーファンの私を参らせた結末でした。

映画「鑑定士と顔のない依頼人」の私の感想と評価 「ニュー・シネマ・パラダイス」、「海上のピアニスト」の巨匠ジュゼッペ・トルナトーレによる大人のミステリー「鑑定士と顔のない依頼人」。 良い意味でとても期 ...

5
映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」主演クリス・プラット!ホームレスからハリウッド大スターに登りつめた!

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の主演俳優クリス・プラット 映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」で新しいマーベルヒーローを熱演したクリス・プラット。 他のマーベル作品の主演俳優に比べる ...

6
映画「ラ・ラ・ランド」のキャスト! ライアン・ゴズリングとエマ・ストーンが有機化学的反応を起こしていた!!

映画「ラ・ラ・ランド」(LA LA LAND)のキャストの二人について 映画『ラ・ラ・ランド』! 監督:デイミアン・チャゼル 時間:128分 映画「セッション」で一躍注目を集めたデイミアン・チャゼル監 ...

7
映画「最初に父が殺された」キャストとあらすじと感想!アンジェリーナ・ジョリー監督!アカデミー賞外国語映画賞カンボジア代表

映画「最初に父が殺された」アンジェリーナ・ジョリー監督:アカデミー賞外国語映画賞 アンジェリーナ・ジョリーってすごい女性だなといつも思います。 ハリウッドを代表する女優さんだし、6名の子どもの母親でも ...

8
ダニエル・クレイグのジェームズ・ボンド第25作目『シャッターハンド』2019年11月公開!ボンドガールは誰に?

映画『007』シリーズの第25作目『シャッターハンド』ダニエル・クレイグ続投! 映画『007』シリーズの第25作目は、2019年11月8日に米国にて公開予定。 ジェームス・ボンド役は、もちろん「ダニエ ...

9
マリオン・コティヤールのおすすめ映画は「エディット・ピアフ 愛の賛歌」!波乱万丈で恋多きピアフを迫真の演技で演じ切りました!

映画「マリアンヌ」の女優マリオン・コティヤールのおすすめ作品 「マリアンヌ」で美しい二重スパイを演じたのはフランスの大女優マリオン・コティヤール。 スポンサーリンク フランス映画でアイドル的人気のあっ ...

10
レオナルド・ディカプリオの若い頃!子役から大スターへ!デカプリオの演じるキャラクター

映画「華麗なるギャツビー」主演レオナルド・ディカプリオ 映画「華麗なるギャツビー」で華やかなギャツビーを演じたのはレオナルド・ディカプリオです。 今やレオナルド・ディカプリオは、ハリウッドには欠かせな ...

-「グラディエーター」, ホアキン・フェニックス, ラッセル・クロウ, 外国映画

error: Content is protected !!

Copyright© 外国映画と海外ドラマに恋して、そして気ままに旅をする! , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.