1年365日毎日、外国映画と海外ドラマを見ている私が、おすすめの外国映画と海外ドラマを紹介します!人生の幅を広げて欲張り人生を送ろう!

外国映画と海外ドラマに恋して、そして気ままに旅をする!

「怪物はささやく」 外国映画

映画「怪物はささやく」を観た私の感想!シンプルそうで難しく、難しそうでシンプルな内容!ずっしりと重いテーマでした。

投稿日:

映画「怪物はささやく」を観た私の感想

気になっていたダーク・ファンタジー「怪物はささやく」をやっと鑑賞しました。

大好きだった「パンズ・ラビリンス」の制作スタッフが手掛ける作品ということで期待していました。

予想通り、素晴らしい映像と心揺さぶるストーリーでしたが・・・。

原作はパトリック・ネスの「怪物はささやく」です。

テーマはズシンと重苦くて、シンプルそうで難しい、難しそうでシンプルな内容でした。

私は、今回映画を観る前に、原作を先に読んでいます。

前回の映画「怪物はささやく」のあらすじの記事を書きましたが、そのタイトルに「原作を読んでから映画を観るか?映画を観てから原作を読むか?」と言う文章を入れました。

これに対しての私の意見は、この記事の一番最後に書いています!

>>「映画「怪物はささやく」のキャストとあらすじ!原作を読んでから映画を観るべきか?映画を観てから原作を読むべきか?」

スポンサーリンク

映画「怪物はささやく」を観た私の感想:少年が向き合う真実

主人公の13歳のコナーは、ガン末期の母親、離婚して別の家族のいる父親、仲の良くない祖母という複雑な家庭環境の少年です。

学校でもいじめられっ子たちとトラブルばかり起こしています。

そんなコナーは周りの13歳の子供たちよりも、ある事実と向き合わなければならなかったのです。

その事実とは「人生とは矛盾だらけ」ということだと思います。

コナーは大好きな母親に長生きしてほしいと思いながらも、母親が死を迎えることで早くこの苦しみから解放されたいとも思っていました。

少年はこの自分の矛盾した気持ちに苦しめられていたのです。

また、コナーの周りの人々も矛盾した人間ばかりです。

コナーを嫌っていて厳しい態度をとる祖母は、実はコナーに愛情を持っていたり、優しく見える父親であっても、自分と一緒に暮らすことは拒んだり。

いじめっ子も、実はコナーのことを心配する一面を見せたりします。

良い人、悪い人というだけでなく、人間は良い面も悪い面も持っているのです。

コナーの前に現れた怪物は、コナーに人生の矛盾を教えるためにやってきたのだと思います。

そして、人生の矛盾についてのたとえ話をすることで、コナーの抱えるモヤモヤを解き放とうとしたのです。

怪物の話を聞き、会話することで、コナーはやっと自分の本当の気持ちと向き合います。

それは「母親の死を望んでいないけれど、望んでもいる」という残酷な気持ちでした。

この気持ちに大きな罪悪感を抱いていたコナーでしたが、この矛盾こそが、人生だと悟ることができたのです。

このストーリー展開が素晴らしかったですね。

人生の矛盾を知り、母親の死を受け入れたコナーのラストシーンは涙が止まりませんでした

映画「怪物はささやく」を観た私の感想:子供たちに見てほしい映画

主人公のコナーは、末期がんの母と離婚した父という複雑な環境にいました。

その抱える苦悩は想像を絶するものだと思います。

しかし、ここまでの大きな問題ではなくても、思春期の頃には、誰でも人生の「矛盾」に向き合わなくてはいけない問題が出てくると思います。

そんな時にこの映画を見ることで、コナーの気持ちがスッと理解できるかもしれません。

映画「怪物はささやく」を観た私の感想:映像が良かった

「パンズ・ラビリンス」の映像美が印象的だったので、今回も美しい映像に期待していました。

ダーク・ファンタジーということで、暗く恐ろしい映像でしたが、気持ち悪いグロテスクな怖さではありません。

恐ろしくも温かみのあるような、どこか懐かしいような不思議な映像でした。

怪物が語る物語の映像は、まるで絵画を見ているような美しさがありました。

水彩画のような映像が面白かったですね。

子供に絵本を読んでいるような感じもしました。

怪物の姿もユニークでした。初めは恐ろしい怪物に見えましたが、話をするうちにやさしさがにじみ出てくるのです。

子供の頃、外見は恐いけれど、どこか優しさのある大人っていたなと思い出しました。

ここまで私の感想でした。

シンプルそうで難しい、難しそうでシンプルな内容でした。

しっかり理解できているのかどうかわかりませんが、自分なりに理解して納得することができました。

観る方によって、様々な解釈がある映画だと思います。

また、母親、父親、祖母、子供と、自分の立場によっても感じ方が変わると思います。

またしばらくしてから鑑賞してみたいと思う作品でした。

映画「怪物はささやく」を観た私の感想:ちょっと辛口を言えば・・。

ラストも涙を流してしまったし、水彩画のような映像は、好きでした。

ただし映画「怪物はささやく」を観た後、「パチパチパチパチ!」と自分の中で拍手喝采ではなかったのです。

それは、なぜか?ずっと考えていました。

そして、時間がたってやっと気づきました。

単純な理由です。

私は、先にパトリック・ネスの原作「怪物はささやく」を読んでいたからなのです。

>>怪物はささやく (創元推理文庫 F ネ 2-1)

例えば、恋愛小説や推理小説、これらは原作読んでから映画見ても、映画を観てから原作読んでも、素晴らしい作品は、どちらも素晴らしいので、どちらが先でも構わないと思います。

でも、この映画「怪物はささやく」はファンタジーです。

ファンタジーって、現実からかけ離れているから、その登場人物を想像する想像力には、個人差あります。

まさにこの映画「怪物はささやく」の、一番大事な怪物、

原作の本だけ読んで、100人にこの怪物の姿を想像させたら、100通りの姿かたちがあると思います。

実は、私が原作「怪物はささやく」を読んで、頭の中で空想していた怪物の姿かたち。

映画の「怪物はささやく」の怪物と、全然違うものでした。

原作者のパトリック・ネスは、映画の「怪物はささやく」の脚本にも携わっているから、映画の怪物の姿は、パトリック・ネスのイメージなんでしょうね。

ただ、原作を読んでいる途中に、私が想像してしまった怪物のイメージが私の脳に焼き付いてしまい頭から離れなくなっていたので、この映画を観ながらも、何とも言えない違和感が離れなかったのです。

・・・だから、やっぱりファンタジーの映画とかは、映画を観てから原作を読むことの方をお勧めします。

映画「怪物はささやく」の関連記事

>>映画「怪物はささやく」のキャストとあらすじ!原作を読んでから映画を観るべきか?映画を観てから原作を読むべきか?

関連記事はこちらです♪

スポンサーリンク

おすすめの10記事

1
映画「ダンケルク」を見る前に歴史を!「ダンケルクの戦い」「ダイナモ作戦」って何?映画で歴史を知ることって素晴らしい!

映画「ダンケルク」を見る前に知っておこう! クリストファー・ノーラン最新作「ダンケルク」は実際に起こった「ダイナモ作戦」に基づいた戦争映画です。 「ダンケルクの戦い」は英語で「Battle of Du ...

2
映画「ブレードランナー2049」のキャストとあらすじ!ライアンは前作を14才の時に見た!ライアンの続編は前作を越えられるか?

映画「ブレードランナー2049」のキャストとそのあらすじは? SF映画の金字塔と言われ、今でも多くのファンがいる1982年公開の前作「ブレードランナー」。 原題は「Blade Runner 2049」 ...

3
海外ドラマ「ホームランド」シーズン7!ピーター・クインが登場しないならその分面白くしてくれないと怒ります!

「ホームランド」シーズン6が終わった! 海外ドラマの「ホームランド」、シーズン6がとうとう終わってしまいました。 海外ドラマ「ホームランド」は、シーズン1からシーズン6まで全部見ました。 シーズン6を ...

4
映画「鑑定士と顔のない依頼人」を見た感想と評価!予想外の展開!ミステリーファンの私を参らせた結末でした。

映画「鑑定士と顔のない依頼人」の私の感想と評価 「ニュー・シネマ・パラダイス」、「海上のピアニスト」の巨匠ジュゼッペ・トルナトーレによる大人のミステリー「鑑定士と顔のない依頼人」。 良い意味でとても期 ...

5
映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」主演クリス・プラット!ホームレスからハリウッド大スターに登りつめた!

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」主演俳優クリス・プラット 映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」で新しいマーベルヒーローを熱演したクリス・プラット。 他のマーベル作品の主演俳優に比べると ...

6
映画「ラ・ラ・ランド」のキャスト! ライアン・ゴズリングとエマ・ストーンが有機化学的反応を起こしていた!!

映画「ラ・ラ・ランド」(LA LA LAND) 映画『ラ・ラ・ランド』! 監督:デイミアン・チャゼル 時間:128分 映画「セッション」で一躍注目を集めたデイミアン・チャゼル監督が、ライアン・ゴズリン ...

7
アンジェリーナ・ジョリー監督映画「最初に父が殺された」のあらすじと感想!アカデミー賞外国語映画賞のカンボジア代表に。

アンジェリーナ・ジョリー監督映画「最初に父が殺された」:アカデミー賞外国語映画賞 アンジェリーナ・ジョリーってすごい女性だなといつも思います。 ハリウッドを代表する女優さんだし、6名の子どもの母親でも ...

8
ダニエル・クレイグのジェームズ・ボンド第25作目『シャッターハンド』2019年11月公開!ボンドガールは誰に?

映画『007』シリーズの第25作目『シャッターハンド』ダニエル・クレイグ続投! 映画『007』シリーズの第25作目は、2019年11月8日に米国にて公開予定。 ジェームス・ボンド役は、もちろん「ダニエ ...

9
マリオン・コティヤールのおすすめ映画は「エディット・ピアフ 愛の賛歌」!波乱万丈で恋多きピアフを迫真の演技で演じ切りました!

映画「マリアンヌ」の女優マリオン・コティヤールのおすすめ作品 「マリアンヌ」で美しい二重スパイを演じたのはフランスの大女優マリオン・コティヤール。 スポンサーリンク フランス映画でアイドル的人気のあっ ...

10
レオナルド・ディカプリオの若い頃!子役から大スターへ!デカプリオの演じるキャラクター

映画「華麗なるギャツビー」主演レオナルド・ディカプリオ 映画「華麗なるギャツビー」で華やかなギャツビーを演じたのはレオナルド・ディカプリオです。 今やレオナルド・ディカプリオは、ハリウッドには欠かせな ...

-「怪物はささやく」, 外国映画

error: Content is protected !!

Copyright© 外国映画と海外ドラマに恋して、そして気ままに旅をする! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.