「セッション」 J・Kシモンズ マイルズ・テラー 外国映画

映画「セッション」の評価は?「セッション」が高評価を受ける理由とJAZZ専門家の辛口批判!

投稿日:

映画「セッション」の評価:高評価を受ける理由

アカデミー賞をはじめ、実に多くの映画賞を受賞することとなった「セッション」

はじめは、低予算映画で、それほど注目度の高い作品ではなかったのです

でも、2014年サンダンス映画祭で高い評価を受けて、観客賞と、見事グランプリを受賞することになります。

これをきっかけに公開以降、高評価で、さまざまな映画の賞をとって旋風を巻き起こし、今までにない斬新的、画期的な作品として多くの人々を魅了することになります。

スポンサーリンク

映画「セッション」の評価:各映画賞を受賞

そして、アカデミー賞では、作品賞、助演男優賞、録音賞、編集賞、脚色賞の5部門にノミネートされました。

そして、助演男優賞、録音賞、編集賞の3部門を受賞するという快挙を成し遂げました。

アカデミー賞で助演男優賞を受賞したJ・Kシモンズは、さらに、ゴールデン・グローブ賞でも助演男優賞を獲得しています。

それ以外にも英国アカデミー賞をはじめ、様々な映画賞を受賞しています。

J・Kシモンズの助演男優賞は、アカデミー賞を含めて、数えただけでも約30もありました!

映画「セッション」の評価:描かれる普遍的なテーマ

低予算ながら、ここまで高い評価を受けたのはなぜでしょうか?

それは、ドラム演奏を通して描かれている普遍的なテーマだと思います。

主人公のアンドリュー・ニーマンは、ジャズドラマを学ぼうと名門の音楽学校に入ったちょっと頼りない消極的な学生でした。

音楽学校でも周囲に認められた存在ではなく友人もいません。

地道にドラムの練習はしているものの、自らアピールする度胸もなく、好きな女の子に対しても遠くから見ているだけでした。

しかし、教官であるテレンス・フレッチャーという強烈な人物に出会うことにより、彼の人間性は徐々に変わっていきます。

音楽の世界で成功するためには恋人の存在が邪魔になるだろうと決めつけて、仲良くなった彼女と別れます。

初めは、フレッチャーに一方的に指導を受けて、フレッチャーの理想に近づこうと必死になります。

フィッチャーのドラミングに対する要求は、狂気に満ちていて、常軌を逸した恫喝と暴力の指導でした。

ニーマンはそれに応えるために、流血の努力をします。

何度も何度も、絆創膏を貼っては氷水で冷やします。

見ているだけで、痛さが、伝わってきます。

しかし、その努力は結局達成できずに、音楽学校を退学という形で挫折に終わってしまうのです。

しかし、ラスト9分の凄まじいドラム演奏シーンで、彼はついに殻を破ります。

フレッチャーの理想通りに演奏するという姿勢を捨てて、やっと主体的な演奏をすることに成功するのです。

ニーマンとフレッチャーの音楽の世界は、狂っていて、異様なものに見えます。

音楽の世界の恐ろしさを垣間見てしまったように感じました。

しかし、これは誰にでも共感できる世界なのではないでしょうか。

学校においても会社においても、このような師弟関係や上下関係は多少なりとも必ず存在するものです。

恐いし理不尽なところがあるけど認めてしまう上司や先生っているものですよね。

だからこそ、この作品は見る人の心に響き、主人公に共感して、どんどん引き込まれていくのではないでしょうか。

スポンサーリンク

映画「セッション」の評価:見ごたえのある二人の強烈な演技

加えて、J・Kシモンズとマイルズ・テラーの気迫ある演技のぶつかり合い。

これは見ごたえのある演技でしたね。

どちらも役もこの俳優2人だからこそ、ここまでの完成度に仕上がったのだと思います。

教官と生徒の1対1のストーリーなので登場人物は極端に少なく、ほとんどこの二人だけ。

二人の熱演は、もちろんの事、マイルズ・テラーが実際に演奏しているパワフルなドラマの演奏にも圧倒されます。

エゴイスティックな教官フレッチャーの狂気と、また同じくエゴイスティックなニーマンが、最後の演奏シーンで、セッションを!

この映画「セッション」の魅力は、ラストのセッションにもあると思います。

世界中から高い評価を得ることになった「セッション」。

「セッション」と言うタイトルは、日本の題名だけど、この「セッション」と言うタイトルをつけたのには、感心しました。

まさに、「セッション!!」です。

鳥肌が立ちそうな「セッション」でした。

魂のぶつかりあい!と言ってもいいでしょう。

今までに見たことがないような、見どころが詰まったとても濃い作品です。

・・・ひとつ、個人的に後悔するとしたら、この映画を映画館で見なかった事です。

ああ、この映画「セッション」、映画館の大きなスクリーンで見るべきでした!

映画「セッション」の評価:音楽性への批判

それから、この映画「セッション」を批判されているジャズの専門家もおられます。

「あの演奏にはグルーヴがない」などなど。

(参考:グルーヴって、ノリと言うか、リズムが揺れていて、尚かつ心地よい状態です。)

私は、ジャズは大好き!ごく一般的なジャズファン。

でもジャズの演奏かでもなくジャズの専門家クラスでもないです。

映画「セッション」の演奏を聴いて、正直、グルーヴがあるか?グルーヴがないか?分からない。

ジャズの演奏家で、ジャズの専門家で「あの演奏にはグルーヴがない」と実際に感じられたのなら、それは正直な感想なので、それはそれでいい。

でも、たぶんそう言う専門家は、100人の中で、2〜3人くらいの少数の特別な人だと思います。(あくまで、この数字は、想像ですが。)

でも、そんな特別な、ジャズの演奏家やジャズの専門家でなくて、映画「セッション」を見て、「セッション」の中の演奏に感動したなら、あまり、音楽性に敏感になることはないと思います。

まして、まだ映画「セッション」を見ていない方で、ジャズの演奏家やジャズの専門家でない方は、音楽性の敏感な批評は、無視して、まずは、映画を見てほしいと思います。

>>セッション [DVD]

映画「セッション」は、低予算の制作費が導いた成功だった!無駄のない凝縮された素晴らしい作品に!

関連記事

>>映画『セッション』あらすじ!原題は「むち打ち」!

>>映画「セッション」J・Kシモンズについて

>>映画「セッション」のマイルズ・テラーは、「ラ・ラ・ランド」の主演を断っていた?

>>映画「セッション」は、低予算の制作費が導いた成功だった!無駄のない凝縮された素晴らしい作品に!

関連記事はこちらです♪

スポンサーリンク

おすすめの10記事

1
映画「レ・ミゼラブル」のあらすじと感想:このミュージカルはストーリーが難解!あらすじを読んでから映画を観るのがおすすめ!ヒュー・ジャックマンとアン・ハサウェイが素晴らしい!

映画「レ・ミゼラブル」のあらすじと感想です。 「レ・ミゼラブル」(2012年) 「グレイテスト・ショーマン」でミュージカル映画が好きになった方に観ていただきたい作品です。 ヒュー・ジャックマン主演のミ ...

2
映画「ボヘミアン・ラプソディ」キャストと実際のキャラクター!91回アカデミー賞5部門ノミネート!メンバーがそっくり!

「ボヘミアン・ラプソディ」キャストとキャラクター! 主演のラミ・マリック演じるフレディ・マーキュリーに注目が集まる映画「ボヘミアン・ラプソディ」! 第91回のアカデミー賞で作品賞、ラミ・マリックの主演 ...

3
海外ドラマ「ホームランド」シーズン7!ピーター・クインが登場しないならその分面白くしてくれないと怒ります!

「ホームランド」シーズン6が終わった! 海外ドラマの「ホームランド」、シーズン6がとうとう終わってしまいました。 海外ドラマ「ホームランド」は、シーズン1からシーズン6まで全部見ました。 シーズン6を ...

4
映画「鑑定士と顔のない依頼人」を見た感想と評価!予想外の展開!ミステリーファンの私を参らせた結末でした。

映画「鑑定士と顔のない依頼人」の私の感想と評価 「ニュー・シネマ・パラダイス」、「海上のピアニスト」の巨匠ジュゼッペ・トルナトーレによる大人のミステリー「鑑定士と顔のない依頼人」。 良い意味でとても期 ...

5
映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」主演クリス・プラット!ホームレスからハリウッド大スターに登りつめた!

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の主演俳優クリス・プラット 映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」で新しいマーベルヒーローを熱演したクリス・プラット。 他のマーベル作品の主演俳優に比べる ...

6
映画「ラ・ラ・ランド」のキャスト! ライアン・ゴズリングとエマ・ストーンが有機化学的反応を起こしていた!!

映画「ラ・ラ・ランド」(LA LA LAND)のキャストの二人について 映画『ラ・ラ・ランド』! 監督:デイミアン・チャゼル 時間:128分 映画「セッション」で一躍注目を集めたデイミアン・チャゼル監 ...

7
映画「最初に父が殺された」キャストとあらすじと感想!アンジェリーナ・ジョリー監督!アカデミー賞外国語映画賞カンボジア代表

映画「最初に父が殺された」アンジェリーナ・ジョリー監督:アカデミー賞外国語映画賞 アンジェリーナ・ジョリーってすごい女性だなといつも思います。 ハリウッドを代表する女優さんだし、6名の子どもの母親でも ...

8
ダニエル・クレイグのジェームズ・ボンド第25作目『シャッターハンド』2019年11月公開!ボンドガールは誰に?

映画『007』シリーズの第25作目『シャッターハンド』ダニエル・クレイグ続投! 映画『007』シリーズの第25作目は、2019年11月8日に米国にて公開予定。 ジェームス・ボンド役は、もちろん「ダニエ ...

9
マリオン・コティヤールのおすすめ映画は「エディット・ピアフ 愛の賛歌」!波乱万丈で恋多きピアフを迫真の演技で演じ切りました!

映画「マリアンヌ」の女優マリオン・コティヤールのおすすめ作品 「マリアンヌ」で美しい二重スパイを演じたのはフランスの大女優マリオン・コティヤール。 スポンサーリンク フランス映画でアイドル的人気のあっ ...

10
レオナルド・ディカプリオの若い頃!子役から大スターへ!デカプリオの演じるキャラクター

映画「華麗なるギャツビー」主演レオナルド・ディカプリオ 映画「華麗なるギャツビー」で華やかなギャツビーを演じたのはレオナルド・ディカプリオです。 今やレオナルド・ディカプリオは、ハリウッドには欠かせな ...

-「セッション」, J・Kシモンズ, マイルズ・テラー, 外国映画

error: Content is protected !!

Copyright© 外国映画と海外ドラマに恋して、そして気ままに旅をする! , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.