「スポットライト 世紀のスクープ」 外国映画 映画監督&脚本

映画「スポットライト 世紀のスクープ」トーマス・マッカーシー監督!アカデミー賞で作品賞と脚本賞をW受賞!

投稿日:

映画「スポットライト 世紀のスクープ」監督トーマス・マッカーシー

映画「スポットライト 世紀のスクープ」を見事アカデミー賞作品賞に導いた、監督トーマス・マッカーシー。

どんな監督なのかご存知でしょうか?

実はトーマス・マッカーシーは監督であり、脚本家であり、俳優でもあるのです。

スポンサーリンク

俳優、脚本家、監督して成功!

トーマス・マッカーシーは、1966年生まれ、アメリカニュージャージー出身です。

1922年に「Crossing the Bridge(原題)」で俳優として映画デビューを果たします。

その後、「ミート・ザ・ペアレンツ」「グッドナイト&グッドラック」「父親たちの星条旗」「2012」など、良質な作品に出演しています。

2003年には「The Station Agent(原題)」で監督・脚本家デビューします。

これが高い評価を受けることになります。

そして続く監督2作目「扉とたたく人」もインディペンデント・スピリット賞で最優秀監督賞を受賞します。

さらに、ピクサー作品「カールじいさんの空飛ぶ家」では原案を手掛け、アカデミー賞脚本賞にノミネートされました。

映画「スポットライト 世紀のスクープ」の快挙

俳優、脚本家、監督として、活躍の場を広げていくトム・マッカーシー。

そんなトーマス・マッカーシーが挑んだのが、カトリック教会の神父による性的虐待というスキャンダルな題材を描いた作品「スポットライト 世紀のスクープ」です。

第88回アカデミー賞では、映画「スポットライト 世紀のスクープ」は、作品賞、監督賞、助演男優賞、助演女優賞、脚本賞、編集賞の6部門でノミネートされます。

そして作品賞と脚本賞をW受賞するという快挙を成し遂げました。

アカデミー賞以外にも、ヴェネツィア国際映画祭、第19回ハリウッド映画賞、第31回インディペンデント・スピリット賞など、数多くの映画賞を受賞して、非常に高い評価を得ることになります。

スポンサーリンク

映画「スポットライト 世紀のスクープ」で伝えたいこと

トム・マッカーシー監督は、アカデミー賞を受賞した瞬間について、幽体離脱したような気分だった、今まで作ってきた作品と支えてくれた仲間たちの顔が走馬灯のように浮かび、色んな感情が一気に押し寄せて感無量だった、と語っています。

しかし、受賞したこと以上に嬉しかったことは、この映画「スポットライト 世紀のスクープ」の作品を通して多くの問題提起ができたことだと語っています。

虐待の組織的隠ぺいや報道の精神、カトリック教会の実態、そして、聖職者に虐待を受けて傷ついた人々について、多くの人々に知ってもらうことができたことこそが、映画の成功だと考えているようです。

実は、トーマス・マッカーシー監督自身がカトリック教徒だったのです。

トーマス・マッカーシーは、映画の舞台であるボストンに実際に住み、カトリックとして育ち、ボストンの学校に通いました。

今はカトリック信者ではありませんが、、トーマス・マッカーシーの家族は今もカトリックと強いつながりがあります。

実際に経験した世界だったからこそ、大げさな演出やドラマチックなストーリー展開は避けて、そのままのボストンの街や生活、そこに住む人々、そして、ボストンの教会をリアルに真っ直ぐに描いたのでしょう。

そして、その実直さが映画「スポットライト 世紀のスクープ」を素晴らしいものにしたのだと思います。

また、トーマス・マッカーシーは、できる限り先入観を持たずにこの「スポットライト 世紀のスクープ」を観てほしいと言っています。

これはカトリック教会特有の問題ではなく、世界中で宗教を問わずに起こっている深刻な問題であり、実際にはより大きな問題であるということを知ってほしい、と語っていました。

日本人にとっては、カトリック教会の問題と聞いても、いまいち共感が持てないように感じます。

しかし、日本においても色々な宗教は存在していて、また学校や会社など、絶対的な存在はあります。

だからこそ、実際にこの映画「スポットライト 世紀のスクープ」を観ると、他人事とは思えない内容に、いつの間にか引き込まれてしまうのです。

アメリカだけでなく、全世界に対し、トム・マッカーシーの熱い想いが届いていることでしょう。

関連記事

「スポットライト 世紀のスクープ」

>>映画「スポットライト 世紀のスクープ」あらすじ

>>映画「スポットライト 世紀のスクープ」俳優マーク・ラファロ

>>映画「スポットライト 世紀のスクープ」女優レイチェル・マクアダムス

>>映画「スポットライト 世紀のスクープ」高評価を受ける理由

関連記事はこちらです♪

スポンサーリンク

おすすめの10記事

1
映画「レ・ミゼラブル」のあらすじと感想:このミュージカルはストーリーが難解!あらすじを読んでから映画を観るのがおすすめ!ヒュー・ジャックマンとアン・ハサウェイが素晴らしい!

映画「レ・ミゼラブル」のあらすじと感想です。 「レ・ミゼラブル」(2012年) 「グレイテスト・ショーマン」でミュージカル映画が好きになった方に観ていただきたい作品です。 ヒュー・ジャックマン主演のミ ...

2
映画「ボヘミアン・ラプソディ」キャストと実際のキャラクター!91回アカデミー賞5部門ノミネート!メンバーがそっくり!

「ボヘミアン・ラプソディ」キャストとキャラクター! 主演のラミ・マリック演じるフレディ・マーキュリーに注目が集まる映画「ボヘミアン・ラプソディ」! 第91回のアカデミー賞で作品賞、ラミ・マリックの主演 ...

3
海外ドラマ「ホームランド」シーズン7!ピーター・クインが登場しないならその分面白くしてくれないと怒ります!

「ホームランド」シーズン6が終わった! 海外ドラマの「ホームランド」、シーズン6がとうとう終わってしまいました。 海外ドラマ「ホームランド」は、シーズン1からシーズン6まで全部見ました。 シーズン6を ...

4
映画「鑑定士と顔のない依頼人」を見た感想と評価!予想外の展開!ミステリーファンの私を参らせた結末でした。

映画「鑑定士と顔のない依頼人」の私の感想と評価 「ニュー・シネマ・パラダイス」、「海上のピアニスト」の巨匠ジュゼッペ・トルナトーレによる大人のミステリー「鑑定士と顔のない依頼人」。 良い意味でとても期 ...

5
映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」主演クリス・プラット!ホームレスからハリウッド大スターに登りつめた!

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の主演俳優クリス・プラット 映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」で新しいマーベルヒーローを熱演したクリス・プラット。 他のマーベル作品の主演俳優に比べる ...

6
映画「ラ・ラ・ランド」のキャスト! ライアン・ゴズリングとエマ・ストーンが有機化学的反応を起こしていた!!

映画「ラ・ラ・ランド」(LA LA LAND)のキャストの二人について 映画『ラ・ラ・ランド』! 監督:デイミアン・チャゼル 時間:128分 映画「セッション」で一躍注目を集めたデイミアン・チャゼル監 ...

7
映画「最初に父が殺された」キャストとあらすじと感想!アンジェリーナ・ジョリー監督!アカデミー賞外国語映画賞カンボジア代表

映画「最初に父が殺された」アンジェリーナ・ジョリー監督:アカデミー賞外国語映画賞 アンジェリーナ・ジョリーってすごい女性だなといつも思います。 ハリウッドを代表する女優さんだし、6名の子どもの母親でも ...

8
ダニエル・クレイグのジェームズ・ボンド第25作目『シャッターハンド』2019年11月公開!ボンドガールは誰に?

映画『007』シリーズの第25作目『シャッターハンド』ダニエル・クレイグ続投! 映画『007』シリーズの第25作目は、2019年11月8日に米国にて公開予定。 ジェームス・ボンド役は、もちろん「ダニエ ...

9
マリオン・コティヤールのおすすめ映画は「エディット・ピアフ 愛の賛歌」!波乱万丈で恋多きピアフを迫真の演技で演じ切りました!

映画「マリアンヌ」の女優マリオン・コティヤールのおすすめ作品 「マリアンヌ」で美しい二重スパイを演じたのはフランスの大女優マリオン・コティヤール。 スポンサーリンク フランス映画でアイドル的人気のあっ ...

10
レオナルド・ディカプリオの若い頃!子役から大スターへ!デカプリオの演じるキャラクター

映画「華麗なるギャツビー」主演レオナルド・ディカプリオ 映画「華麗なるギャツビー」で華やかなギャツビーを演じたのはレオナルド・ディカプリオです。 今やレオナルド・ディカプリオは、ハリウッドには欠かせな ...

-「スポットライト 世紀のスクープ」, 外国映画, 映画監督&脚本

error: Content is protected !!

Copyright© 外国映画と海外ドラマに恋して、そして気ままに旅をする! , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.