1年365日毎日、外国映画と海外ドラマを見ている私が、おすすめの外国映画と海外ドラマを紹介します!人生の幅を広げて欲張り人生を送ろう!

外国映画と海外ドラマに恋して、そして気ままに旅をする!

「エディット・ピアフ 愛の賛歌」 マリオン・コティヤール 外国映画

マリオン・コティヤールのおすすめ映画は「エディット・ピアフ 愛の賛歌」!波乱万丈で恋多きピアフを迫真の演技で演じ切りました!

投稿日:

映画「マリアンヌ」の女優マリオン・コティヤールのおすすめ作品

「マリアンヌ」で美しい二重スパイを演じたのはフランスの大女優マリオン・コティヤール

スポンサーリンク

フランス映画でアイドル的人気のあった女優ですが、今ではハリウッド映画に欠かせないベテラン女優となっています。

「マリアンヌ」のマリアンヌ役は、美しさは素晴らしかったのですが、個人的な感想としては、そこまで深みのあるキャラクターではなかったように感じてしまいました。

そこで、マリオン・コティヤールの作品の中から、深みのあるキャラクターの作品をご紹介したいと思います。

女優マリオン・コティヤールのおすすめ作品:「エディット・ピアフ 愛の賛歌」

マリオン・コティヤールのおすすめ映画は、映画「エディット・ピアフ 愛の賛歌」です。

この映画を見て、本当に女優さんってすごいと思いました。

美しいマリオンが、まったくの別人エディット・ピアフ になりきっているからです。

映画「エディット・ピアフ 愛の賛歌」は、2007年に公開されたフランス映画です。

原題は原題:La Môme, 英題:La Vie En Roseです。

この映画「エディット・ピアフ 愛の賛歌」は、「愛の賛歌」など数多くの名曲を残した、フランスの国民的歌手エディット・ピアフの波乱に満ちた生涯を描いた傑作。

エディット・ピアフと言えば、大竹しのぶさんでも有名です。

大竹しのぶさんのピアフの舞台は、大阪で公演された時、見に行きました。

大竹しのぶさんは、魂を振り絞って「愛の賛歌」を熱唱したその歌声に、胸がじーんと熱くなりました。

また、ラストで歌った「水に流して」、これも感動して、そしてその後も、気が付いたら今でもよく口ずさんでいます。

♪もういいのもう後悔しない〜
昨日のことは全て水に流そう

もういいのもう後悔しない
みんな今じゃ過ぎた昔の事・・・・

日本語のこの歌詞が好きで、ちょっと嫌な事あったりしても、水に流そう〜♪と歌ってこれ「私のテーマソング」にしようなんて思ったりしています。

ピアフのフランス語で歌う「水に流して」の歌も、何度もYoutubeで聴いていました。

エディット・ピアフには、ちょっと思い入れがあるのです。

だから、このピアフの映画「エディット・ピアフ 愛の賛歌」が公開されると聞いて、とても楽しみにしていました。

ましてや、ピアフを演じるのが、女優のマリオン・コティヤールと言うから、果たしてマリオン・コティヤールが、波乱万丈を生きた歌姫ピアフを演じれるのか?

そもそもマリオン・コティヤールって歌えるのかしら?などなど。

興味深々でした。

映画「エディット・ピアフ 愛の賛歌」で、マリオン・コティヤールは、エディット・ピアフの人生を見事演じきり、素晴らしい歌声も披露しています。

この映画で、マリオン・コティヤールは、第80回アカデミー賞主演女優賞を受賞しました。

アカデミー賞も納得の映画です。

マリオン・コティヤール演じる「エディット・ピアフ」とは?

この映画「エディット・ピアフ 愛の賛歌」は、エデット・ピアフのことを全く知らないのでは、面白くなく楽しめません。

そもそも、エデット・ピアフを知らなければ、なんで美貌のマリオン・コティヤールがあんな細い眉毛しているの?とそこでつまづいてしまうからです。

そして「エディット・ピアフ 愛の賛歌」では、ピアフの人生が、順番通りでなく、時代が前後にあっちこっちに飛びます。

エデット・ピアフをよく知っている人向けの映画かな?と思うくらい前後します。

これはフランス映画なので、フランスの人ならエデット・ピアフの人生を皆が知っているからかな?なんて思います。

だから、少し、映画の感想の前に、エデット・ピアフを紹介したいと思います。

エディット・ピア/Édith Piaf

生年月日:1915年12月19日

出身地:フランス パリ

死没:1963年10月(47才没)

フランスを代表するシャンソン歌手です。

代表曲は、「愛の賛歌」「水に流して」です。

「愛の賛歌」と言えば、ああ、あの歌を歌ってた人なんだと、分かるかもしれませんね。

エデット・ピアフは、恋多き女性で、そして波乱万丈な生涯を送りました。

1915年生まれなので、日本の和暦に直すと、大正4年生まれです。

エデット・ピアフの父は大道芸で、母はイタリア人で、街頭で歌を歌っていました。

生まれた後、母は姿を消してしまいノルマンディの田舎で売春宿を経営していた祖母ルイーズのもとにあずけられます。

16才の時、運送店の配達夫プティ・ルイと駆け落ち18才で娘を出産。

数人の恋人もちながら、街頭で歌ってお金を稼いでいました。娘は死んでしまいます。

街頭で歌うピアフは、認められ子すずめの名前でデビューし、その後、エディット・ピアフの名前でステージに立ちます。

その後、歌手や作曲家とも恋に落ちます。

29才、1944年からイヴ・モンタンと恋に落ち、シャンソンを歌いだします。

32才、ボクサーで妻子ある男性、マルセル・セルダンと出会います。

しかし、2年後マルセル・セルダンは、飛行機事故で死にます。

35才、愛の賛歌を歌う。

37才ジャック・ピルスと結婚数年後離婚。この時、モルヒネとアルコール中毒で入退院を繰り返す。

39才、若い歌手と恋愛。

47才、20才年下のテオ・サラボと結婚。

そして、47才で麻薬とアルコール中毒で、波乱万丈の幕を閉じました。

ここには、書かなかった恋人も多数です。

本当に、心のままに生きて恋をしていたのです。

マリオン・コティヤールの「エディット・ピアフ 愛の賛歌」のあらすじ

1915年のフランス。

歌手を目指す母アネッタの娘エディットは、貧しい生活をしていました。

祖母が経営する娼館で娼婦のティティーヌらに育てられます。

やがて母のように街角で歌い始めたエディットは、パリの名門キャバレーのオーナー、ルイ・ルプレにスカウトされて、大きなチャンスを掴みます。

歌手としてデビューと飾ると、彼女の歌声は絶賛されるようになります。

貧しい生活から抜け出し、大スターとなり夢を叶えるのですが、その先には波乱万丈な人生が待っていました。

スポンサーリンク

マリオン・コティヤールの「エディット・ピアフ 愛の賛歌」の感想

マリオン・コティヤールが大きく飛躍した作品でした。

『TAXi』シリーズなどでキュートな魅力のある女優でしたが、「エディット・ピアフ 愛の賛歌」では、渾身の演技と魂のこもった素晴らしい歌声を披露しています。

フランス映画だけでなく、ハリウッド映画に進出するきっかけにもなった作品です。

エディット・ピアフのかわいらしい若い時代から、中年、衰えていく晩年まで様々な年代を違和感なく演じているところが凄い。

マリオン・コティヤールの迫真の演技は、圧巻としか言いようがないです。

いつも飲んだくれてハスキーボイスで話すエディット・ピアフは、決して上品さや美しさがある女性とは言えません。

しかし唯一無二の魅力のある女性です。

激しく強靭な心を持っているようで、悲しさと脆さに溢れている、そんな難しいキャラクターをマリオン・コティヤールは見事に演じ切っています。

まるで、エディット・ピアフが乗り移っているかのようでした。

ドラッグとアルコール中毒の影響で、40才を過ぎる頃のエディット・ピアフは、老婆のようでした。

猫背で背中は曲がって小さくなって、シワも多くて、決して美しいとは言えません。

醜いと表現する方がぴったりです。

そんな醜い女性を、美しいマリオン・コティヤールが演じているのです。

映画「マリアンヌ」での美しいマリアンヌとは、まったくの別人で同じ人が演じているとは思えません。

この対比が面白いです。マリオン・コティヤールに脱帽です。

波乱万丈な人生を生き抜いたエディット・ピアフの人生は、普通の人の何倍も濃縮されたものだったのだと思います。

だからこそ、あのような曲を心に響く生み出すことが出来たのでしょう。

エディット・ピアフの音楽は本当に素晴らしいです。

エディット・ピアフの曲は好きでしたが、この映画を観てさらに好きになりました。

そして、そのエディット・ピアフの歌声を映画の中で実際に歌い切ったマリオン・コティヤールは圧巻でした。

もちろん本物のピアフの歌もあり、またマリオン・コティヤール自身の歌もある。

その差はまったく感じさせなかったです。

本物のピアフの歌に、口を合わせるのに、何度も何度もピアフの歌を聴いて、息遣いや間の取り方を、自分の中でそれが自然になるまで時間をかけて練習したと言う。

最近は、アメリカ映画に数多く出演してその美しさを披露しているマリオン・コティヤールですが、この作品の迫力はものすごいです。

年老いて、またモルヒネとアルコール中毒で弱っていきながら自分の人生を回想していきます。

そして、エディット・ピアフは、1963年10月(47才没)47才で亡くなるのですが、1960年に「Non, je ne regrette rien

」をレコードリリースし大ヒットします。

この歌は、日本語タイトルは「水に流して」ですが、原タイトルの意味は「私は決して後悔しない」です。

この「水に流して」の歌を、舞台で熱唱してこの映画は終わります。

映画の中の日本語字幕では、

「いえ、後悔してない・・・ 私は何ひとつ後悔してない 私に起きた良いことも 悪いことも 私には同じこと

いえ 後悔してない 私は何ひとつ後悔してない 代償を払って過去は清算した もう忘れ去ったわ

私には過去なんてどうでもいいこと いろいろな思い出 火をつけて燃やした

悲しみも喜びも 今はもう必要ない 過去の恋は清算した・・・・」

たくさん恋をしてたくさん傷ついて波乱万丈の人生を精一杯生きてきたエディット・ピアフ。

ピアフの人生の最後として、この歌は、すべてピアフの人生が凝縮されています。

映画を見てピアフの人生にはまり込んでしかった私は、魂のこもった歌声と、この歌詞を見て胸が熱くなり、涙が流れました。

映画映画「エディット・ピアフ 愛の賛歌」は、見終わった後、良い意味でとても疲れる見ごたえのある作品でした。

<<エディット・ピアフ~愛の讃歌~ (2枚組)

もし、「マリアンヌ」のマリオン・コティヤールにちょっと物足りなさを感じる方がいましたら、映画「エディット・ピアフ 愛の賛歌」をご覧になってみてください。

絶対にマリオン・コティヤールと言う女優を見直すでしょうし、彼女のファンになる事間違いなしです。

映画「エディット・ピアフ 愛の賛歌」は、>>Amazonプライム・ビデオで見ました!

関連記事

「マリアンヌ」

>>映画「マリアンヌ」のキャストとあらすじ!過酷な運命の実話!妻が二重スパイ?結末は?

>>映画「マリアンヌ」の辛口評価と感想!映画史に残りそうなすばらしい要素がいっぱいあるのに物足りなさを感じて残念だった!

>>ブラット・ピットももう50代!若い頃は、超美しい!最近は、渋みのある演技にも磨きがかかってきました!

>>映画「マリアンヌ」のロバート・ゼメキス監督のおすすめ作品!クリスマスシーズンにぴったりの作品です。

関連記事はこちらです♪

スポンサーリンク

おすすめの10記事

1
映画「ダンケルク」を見る前に歴史を!「ダンケルクの戦い」と「ダイナモ作戦」って何?映画で歴史を知ることって素晴らしい!

映画「ダンケルク」を見る前に「ダンケルクの戦い」や「ダイナモ作戦」を知っておこう! クリストファー・ノーラン最新作「ダンケルク」は実際に起こった「ダイナモ作戦」に基づいた戦争映画です。 「ダンケルクの ...

2
映画「ブレードランナー2049」のキャストとあらすじ!ライアンは前作を14才の時に見た!ライアンの続編は前作を越えられるか?

映画「ブレードランナー2049」のキャストとそのあらすじは? SF映画の金字塔と言われ、今でも多くのファンがいる1982年公開の前作「ブレードランナー」。 原題は「Blade Runner 2049」 ...

3
海外ドラマ「ホームランド」シーズン7!ピーター・クインが登場しないならその分面白くしてくれないと怒ります!

「ホームランド」シーズン6が終わった! 海外ドラマの「ホームランド」、シーズン6がとうとう終わってしまいました。 海外ドラマ「ホームランド」は、シーズン1からシーズン6まで全部見ました。 シーズン6を ...

4
映画「鑑定士と顔のない依頼人」を見た感想と評価!予想外の展開!ミステリーファンの私を参らせた結末でした。

映画「鑑定士と顔のない依頼人」の私の感想と評価 「ニュー・シネマ・パラダイス」、「海上のピアニスト」の巨匠ジュゼッペ・トルナトーレによる大人のミステリー「鑑定士と顔のない依頼人」。 良い意味でとても期 ...

5
映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」主演クリス・プラット!ホームレスからハリウッド大スターに登りつめた!

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の主演俳優クリス・プラット 映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」で新しいマーベルヒーローを熱演したクリス・プラット。 他のマーベル作品の主演俳優に比べる ...

6
映画「ラ・ラ・ランド」のキャスト! ライアン・ゴズリングとエマ・ストーンが有機化学的反応を起こしていた!!

映画「ラ・ラ・ランド」(LA LA LAND)のキャストの二人について 映画『ラ・ラ・ランド』! 監督:デイミアン・チャゼル 時間:128分 映画「セッション」で一躍注目を集めたデイミアン・チャゼル監 ...

7
映画「最初に父が殺された」キャストとあらすじと感想!アンジェリーナ・ジョリー監督!アカデミー賞外国語映画賞カンボジア代表

映画「最初に父が殺された」アンジェリーナ・ジョリー監督:アカデミー賞外国語映画賞 アンジェリーナ・ジョリーってすごい女性だなといつも思います。 ハリウッドを代表する女優さんだし、6名の子どもの母親でも ...

8
ダニエル・クレイグのジェームズ・ボンド第25作目『シャッターハンド』2019年11月公開!ボンドガールは誰に?

映画『007』シリーズの第25作目『シャッターハンド』ダニエル・クレイグ続投! 映画『007』シリーズの第25作目は、2019年11月8日に米国にて公開予定。 ジェームス・ボンド役は、もちろん「ダニエ ...

9
マリオン・コティヤールのおすすめ映画は「エディット・ピアフ 愛の賛歌」!波乱万丈で恋多きピアフを迫真の演技で演じ切りました!

映画「マリアンヌ」の女優マリオン・コティヤールのおすすめ作品 「マリアンヌ」で美しい二重スパイを演じたのはフランスの大女優マリオン・コティヤール。 スポンサーリンク フランス映画でアイドル的人気のあっ ...

10
レオナルド・ディカプリオの若い頃!子役から大スターへ!デカプリオの演じるキャラクター

映画「華麗なるギャツビー」主演レオナルド・ディカプリオ 映画「華麗なるギャツビー」で華やかなギャツビーを演じたのはレオナルド・ディカプリオです。 今やレオナルド・ディカプリオは、ハリウッドには欠かせな ...

-「エディット・ピアフ 愛の賛歌」, マリオン・コティヤール, 外国映画

error: Content is protected !!

Copyright© 外国映画と海外ドラマに恋して、そして気ままに旅をする! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.