1年365日毎日、外国映画と海外ドラマを見ている私が、おすすめの外国映画と海外ドラマを紹介します!人生の幅を広げて欲張り人生を送ろう!

外国映画と海外ドラマに恋して、そして気ままに旅をする!

「ザ・サークル」 エマ・ワトソン トム・ハンクス 外国映画

映画「ザ・サークル」を見た私の感想!評価の分かれるところはラストにあり!色々な解釈ができるラスト

投稿日:

映画「ザ・サークル」を見た私の感想と評価

SNSの脅威を描いたサスペンス映画「ザ・サークル」。

アメリカでの評価が低いという情報は知っていたのですが、ちょっと気になるテーマだったので観てみました。

個人的にはそこまで評価の低い映画ではないかなと思います。

私の個人的な点数は100点中78点です。

スポンサーリンク

「ザ・サークル」の感想:SNSの描き方が印象的だった

「ザ・サークル」はSNSに依存する人々に対して警笛を鳴らすような作品だったと思います。

SNSはもちろん良い面もあります。

しかし悪い方向へ向かってしまう可能性もあるということを描いています。

メイがどんどんSNSに魅せられていく様が恐かったですね。

SNSに全く興味のなかったメイをどんどん引き込んでいくベイリーのカリスマ性もすごかったです。

サークル社のSNSは単に素晴らしい風景を共有したりするだけではなく、テロ対策をしたり犯罪者を撲滅することができるのです。

子どもの骨にチップを埋め込んで管理することで、子どもに対する犯罪を99%防ぐというシステムまでありました。

このようなSNSの素晴らしさをプレゼンするベイリーには説得力がありました。

サークル社のプライベート侵害ぶりにはじめは違和感があったメイ。

次第にSNSにのめり込み、「素晴らしい経験を人々に共有させることを拒むことは、その人々からその幸せを盗むことだ」とまで言い切ります。

そして、友人の死に悲しむメイを救ったのは、一緒に住む両親の言葉ではなく、SNSの全くの他人からの励ましの声というところにもちょっと恐ろしさを感じました。

「ザ・サークル」の感想:最先端なサークル社

サークル社は世界最大のSNS企業です。

このサークル社の最先端さに驚かされます。

「キャンバス」と呼ばれる社屋には、サロンや映画館、コンサート会場など、なんでも揃っています。

そして、社員たちはトレンドスポーツやヨガを楽しみ、夜には盛大なパーティーが開かれることもあります。

エレベーターに乗ると、身に着けているIDが読み込まれ、自分の思い出の写真が壁一面に映し出されます。

そして、業務と同じくらい、SNSをすることが社内評価になります。

この最先端なサークル社の描き方が面白かったですね。

こんな時代がやってくるのもそう遠くないのかもしれません。

「ザ・サークル」の感想:エマ・ワトソンの魅力

個人的に、なかなか「ハリー・ポッター」のハーマイオニーのイメージが抜けないエマ・ワトソン。

あのハーマイオニーが大人になってる!お酒を飲んでいるシーンがある!きれいな大人の女性になったなぁ…、などと、どうしても親目線で見てしまいます。

同年代の女優さんよりもどうしても感情移入してしまいますね。

前作は「美女と野獣」でプリンセスを演じたので、今回の等身大の女性メイは新鮮な感じがしました。

田舎出身の女の子ということでそれほど華やかなファッションではないのですが、エマ・ワトソンが着こなすと、どれも素敵でした。

いつもパンツにシンプルなトップスのスタイルなんですが、これがとても自然体で良かったですね。

SNSに振り回されながらも自分の意志と持とう奮闘するメイを熱演していました。

スポンサーリンク

「ザ・サークル」の感想:トム・ハンクスの魅力

今まで実に色々な役を演じてきたトム・ハンクスですが、今回のベイリーの役がなかなかハマっていました。

トム・ハンクスの役というと「良い人」「真っ直ぐな人」「正義感のある人」のイメージが強かったのですが、今回のような胡散臭い役の方が合っていると思いました。

スティーブ・ジョブズのようなずば抜けたカリスマ性、超大物っぽいふるまい、余裕のジョークなどが、いかにもアメリカ人らしくて面白かったです。

ラストで、メイに出し抜かれて、会社の秘密文書や個人情報を全て暴露されるのですが、慌てたり怒ったりするのではなく、ただ「やられた」とだけ言って苦笑いをするところも大物っぽい振る舞いで良かったですね。

「ザ・サークル」の感想:ラストの意味

映画「ザ・サークル」の評価の分かれるところはラストにあると思います。

メイはSNSのおかげで友人を亡くし、両親との関係も悪くなってしまいます。

そんな仕打ちを受けながら、最終的にSNSを辞めるのではなく、新たなシステムを使ってSNSを続けていくことにします。

このメイの行動に共感できないという方もいるかもしれません。

しかし、SNSのおかげで権力や高い給料、両親の医療保険、そして世界中のフォロワーから支持を得ることができました。

つまりSNSから得るものも多かったというのがメイの意見なのだと思います。

そして、「ザ・サークル」の世界の中では、多かれ少なかれSNSに関わって生きていくことは必然なのです。

その中でSNSを上手に正しく使うべきと考えたのだと思います。

そして、その改善ができるのは自分だけだという使命感を持ち、ツールやシステムを改善して新たなサービスを作り出したのでしょう。

しかしこれは私の勝手な解釈です。

ちょっとこじつけたところもあります。

見る方によって色々な解釈ができるラストだったと思います。

このようなハッキリしないラストを嫌う方も多いと思います。

ハッピーエンドなのかバッドエンドなのかハッキリしてほしいところです。

しかし、私はこのようなモヤモヤした終わり方が結構好きなので、このラストは嫌いではなかったです。

映画「ザ・サークル」は、サスペンス映画としては物足りなさはありました。

しかし、SNSの未来について考えさせられる興味深い作品だと思います。

エマ・ワトソンとトム・ハンクスの共演もなかなか良かったですね。

では、次は映画「ザ・サークル」の主演エマ・ワトソンについて見て行きましょう!

>>映画「ザ・サークル」のエマ・ワトソン!ハリーポッターのハーマイオニーというイメージから脱して、これから大女優になれるのか?

関連記事

「ザ・サークル」

>>「ザ・サークル」キャストとあらすじ!世界中から注目を集める中、事態は思わぬ方向へ!エマ・ワトソンとトム・ハンクス共演!

>>映画「ザ・サークル」を見た私の感想!評価の分かれるところはラストにあり!色々な解釈ができるラスト

>>映画「ザ・サークル」のエマ・ワトソン!ハリーポッターのハーマイオニーというイメージから脱して、これから大女優になれるのか?

関連記事はこちらです♪

スポンサーリンク

おすすめの10記事

1
映画「ダンケルク」を見る前に歴史を!「ダンケルクの戦い」と「ダイナモ作戦」って何?映画で歴史を知ることって素晴らしい!

映画「ダンケルク」を見る前に「ダンケルクの戦い」や「ダイナモ作戦」を知っておこう! クリストファー・ノーラン最新作「ダンケルク」は実際に起こった「ダイナモ作戦」に基づいた戦争映画です。 「ダンケルクの ...

2
映画「ブレードランナー2049」のキャストとあらすじ!ライアンは前作を14才の時に見た!ライアンの続編は前作を越えられるか?

映画「ブレードランナー2049」のキャストとそのあらすじは? SF映画の金字塔と言われ、今でも多くのファンがいる1982年公開の前作「ブレードランナー」。 原題は「Blade Runner 2049」 ...

3
海外ドラマ「ホームランド」シーズン7!ピーター・クインが登場しないならその分面白くしてくれないと怒ります!

「ホームランド」シーズン6が終わった! 海外ドラマの「ホームランド」、シーズン6がとうとう終わってしまいました。 海外ドラマ「ホームランド」は、シーズン1からシーズン6まで全部見ました。 シーズン6を ...

4
映画「鑑定士と顔のない依頼人」を見た感想と評価!予想外の展開!ミステリーファンの私を参らせた結末でした。

映画「鑑定士と顔のない依頼人」の私の感想と評価 「ニュー・シネマ・パラダイス」、「海上のピアニスト」の巨匠ジュゼッペ・トルナトーレによる大人のミステリー「鑑定士と顔のない依頼人」。 良い意味でとても期 ...

5
映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」主演クリス・プラット!ホームレスからハリウッド大スターに登りつめた!

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の主演俳優クリス・プラット 映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」で新しいマーベルヒーローを熱演したクリス・プラット。 他のマーベル作品の主演俳優に比べる ...

6
映画「ラ・ラ・ランド」のキャスト! ライアン・ゴズリングとエマ・ストーンが有機化学的反応を起こしていた!!

映画「ラ・ラ・ランド」(LA LA LAND)のキャストの二人について 映画『ラ・ラ・ランド』! 監督:デイミアン・チャゼル 時間:128分 映画「セッション」で一躍注目を集めたデイミアン・チャゼル監 ...

7
映画「最初に父が殺された」キャストとあらすじと感想!アンジェリーナ・ジョリー監督!アカデミー賞外国語映画賞カンボジア代表

映画「最初に父が殺された」アンジェリーナ・ジョリー監督:アカデミー賞外国語映画賞 アンジェリーナ・ジョリーってすごい女性だなといつも思います。 ハリウッドを代表する女優さんだし、6名の子どもの母親でも ...

8
ダニエル・クレイグのジェームズ・ボンド第25作目『シャッターハンド』2019年11月公開!ボンドガールは誰に?

映画『007』シリーズの第25作目『シャッターハンド』ダニエル・クレイグ続投! 映画『007』シリーズの第25作目は、2019年11月8日に米国にて公開予定。 ジェームス・ボンド役は、もちろん「ダニエ ...

9
マリオン・コティヤールのおすすめ映画は「エディット・ピアフ 愛の賛歌」!波乱万丈で恋多きピアフを迫真の演技で演じ切りました!

映画「マリアンヌ」の女優マリオン・コティヤールのおすすめ作品 「マリアンヌ」で美しい二重スパイを演じたのはフランスの大女優マリオン・コティヤール。 スポンサーリンク フランス映画でアイドル的人気のあっ ...

10
レオナルド・ディカプリオの若い頃!子役から大スターへ!デカプリオの演じるキャラクター

映画「華麗なるギャツビー」主演レオナルド・ディカプリオ 映画「華麗なるギャツビー」で華やかなギャツビーを演じたのはレオナルド・ディカプリオです。 今やレオナルド・ディカプリオは、ハリウッドには欠かせな ...

-「ザ・サークル」, エマ・ワトソン, トム・ハンクス, 外国映画

error: Content is protected !!

Copyright© 外国映画と海外ドラマに恋して、そして気ままに旅をする! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.