「8人の女たち」 外国映画

密室劇ミステリー映画のおすすめ3作品!まず1つ目「8人の女たち」のあらすじと感想!

投稿日:

密室劇ミステリー映画のおすすめ「8人の女たち」のあらすじと感想

「オリエント急行殺人事件」はオリエント急行という一つの場所で殺人が起きる密室劇ミステリーです。

ある一つの場所で物語が展開していくのが密室劇です。

ミステリー好きの私としては、密室と言う中で、どんなトリックがあるのか?その謎解きをしていくのが楽しみなです。

これこそ成熟した大人の楽しみです!

限られた空間の中だけで物語が描かれていくので、俳優たちの優れた演技力、脚本の面白さなどが必要になるのです。

スポンサーリンク

今回は、「オリエント急行殺人事件」の公開に合わせて、個人的におすすめの密室劇3作品をご紹介したいと思います。

まず1つ目は「8人の女たち」です。

2002年公開のフランス映画です。

フランソワ・オゾン監督、カトリーヌ・ドヌーブ、イザベル・ユペール、エマニュエル・ベアールなど、フランスを代表する新旧スター女優たちが共演しています。

ある雪に閉ざされたお屋敷の中で、屋敷の主人が殺されます。こ

の屋敷には主人の妻や娘をはじめ、彼に関わる8人の女たちがいました。

犯人は8人の女たちの誰か?という密室ミステリーです。

密室劇ミステリー映画「8人の女たち」のあらすじ:お屋敷に集まる8人の女たち

舞台は1950年代のフランスの田舎のお屋敷です。

このお屋敷の中で、ある事件が繰り広げられます。

屋敷の主人であるマルセルは妻のギャビーとは別居中です。

この屋敷でマルセルと一緒に暮らしているのは、妻ギャビーの母マミーと、ギャビーの妹オーギュスティーヌ、そしてマルセルの娘カトリーヌです。

さらに使用人のシャネルとルイーズも生活しています。

そんなお屋敷に、クリスマスのため、別居中のギャビーと長女のジュゾンがやってきます。山中にあるお屋敷の外は深い雪が積もっていました。

密室劇ミステリー映画「8人の女たち」のあらすじ:殺人事件に驚く8人の女たち

久しぶりの再会に盛り上がる女たち。

しかし、マルセルを起こそうとマルセルの部屋に入った使用人のルイーズは、マルセルが死んでいるのを発見します。

マルセルは背中を短剣で刺されていました。

ギャビーは警察に連絡をしますが、電話線は切られていました。

大雪のため、車で警察を呼びに行くこともできません。そこへ、マルセルの妹のピエレットまでやってきます。

閉ざされた屋敷の中で、8人の女たちはお互いを疑い始めます。

<------ここからネタバレ記事あり------>

密室劇ミステリー映画のおすすめ「8人の女たち」犯人捜しをする8人の女たち

誰がマルセルを殺したのか犯人捜しが始まる中で、様々な事実や本音が明るみになっていきます。そして、全員にマルセル殺害の動機があることがわかってくるのです。

マミーは歩くことができるのですが、わざと車椅子に乗って歩けないフリをしていました。

マルセルの破産を助けるだけの財産を持ちながら助けませんでした。

さらに夫を毒殺した過去が明らかになります。

ギャビーはマルセルのビジネスパートナーと不倫関係になっており、駆け落ちするつもりだったと話します。

このビジネスパートナーの男性は、ピエレットが想いを寄せていた相手でした。

元ストリッパーのピエレットは、マルセルにお金をせびってばかりで、ギャビーから疎まれていました。

ピエレットがお金を貢いでいた男性は、ギャビーが駆け落ちをしようとしている男性でした。

同性愛者のメイド・シャネルと関係を持っていたことも明るみになります。

心臓が弱いと騒いでばかりのオーギュスティーヌ。

父の死から立ち直れず、情緒不安定のままオールドミスになっていました。

実はマルセルに恋心を抱いていました。

今朝屋敷に着いたはずのシュゾンは、実は前の日に屋敷に到着していました。

父マルセルに妊娠を報告したと告白していたのです。

さらに、マルセルは実の父親ではないこと、ジュゾンのお腹の子どもの父親はマルセルであることが暴露されます。

ルイーズはマルセルと5年間もの期間不倫関係にありました。

長年屋敷に仕えてきたシャネルは同性愛者であることが暴露されます。

おすすめ密室劇「8人の女たち」のあらすじ:真相が明らかに

次々に真実が暴露されていく中で、8人の女たちは大混乱になります。

すると、カトリーヌが銃を発砲します。7人は驚き静まり返ります。

そしてカトリーヌが事件の真相を話し始めます。

マルセルは実は生きていました。

マルセルは自分を取り巻く女たちがどんな考えを持っているのか知るために、死んだふりをして女たちの本音を陰で聞こうと計画を立てたのです。

カトリーヌはこの計画を手伝っていたのでした。女たちの罪を暴いて、父と二人で幸せに暮らそうとしていたのです。

しかし、女たちの会話全てを聞いていたマルセルは、罪悪感から銃で自殺してしまうのでした。

<------ここまでネタバレ記事------>

スポンサーリンク

密室劇ミステリー映画のおすすめ「8人の女たち」の感想

「8人の女たち」は密室ミステリーでありミュージカルでもあります。

豪華フランス女優たちが歌って踊る楽しい映画でした。

私の評価は100点中90点です。以下が私の個人的な感想です。

密室劇ミステリー映画のおすすめ「8人の女たち」の感想:フランスの名女優たちの演技のぶつかり合い

この映画の魅力の一つはやはり女優たちですね。

まずは、110本以上の映画に出演している超ベテラン女優のダニエル・ダリュー。

実は2017年10月に100歳で亡くなっています。

「8人の女たち」の公開の時には既に80歳を越えていましたが、コミカルで面白い役でした。

カトリーヌ・ドヌーブは「シェルブールの雨傘」(1963年)「昼顔」(1967年)の大女優。

イザベル・コペールは、「ピアニスト」(2001年)「愛、アムール」(2012年)など難しい役を巧みにこなすベテラン女優です。

ファニー・ファルダンは、「8人の女たち」と同じ年に、主演の「永遠のマリアカラス」(2002年)が公開になり高い評価を得ました。

フランス映画を引っ張ってきた大女優たちです。

彼女たちの演技のぶつかり合いを大いに楽しむことができます。

これだけの大女優たちが集まって、撮影現場はどんな雰囲気だったのかな…と興味が湧きました。

密室劇ミステリー映画のおすすめ「8人の女たち」の感想:実はミュージカル

密室劇ミステリーとして有名な映画ですが実はミュージカル仕立てになっています。

ハリウッドのミュージカル映画のように、バシーッと決まるようなキレのあるダンスや歌声ではありません。

不自然に突然歌い出し、歌も踊りも素人感満載なのですが、とても魅力のある素敵なミュージカルでした。

一人一曲ずつ歌うのですが、それぞれの個性が出ていて楽しめます。

もう一度歌のシーンだけ観たくなるようなくせになる歌声とダンスでした。こんな雰囲気のミュージカル映画も良いですね。

密室劇ミステリー映画のおすすめ「8人の女たち」の感想:女性の本性

邸宅の中で殺人事件が起きて、8人の女たちは犯人捜しを始めます。

その中で、邸宅の主である父親対する悪意が露呈されていきます。

そして、8人の女たちの間の秘密や憎悪などが暴露されていくのです。

女たちの本音が飛び交い様子を見ながら、改めて「女って怖いな…」と思いました。

男性が観たら女性の怖さに引いてしまうかもしれないですね。

しかし女性は共感できてしまう部分が多少なりともあると思うので、かなり面白いと思います。

一番の悪の根源はこの主人なのですが、女たちの悪女ぶりも痛快でした。

密室劇ミステリー映画のおすすめ「8人の女たち」の感想:ファッションの良さ

「8人の女たち」は舞台となっている1950年代のカラフルなファッションを存分に楽しむことができます。

これだけの大女優たちが集まっても、それぞれの魅力を放っていたのは、もちろん女優たちの演技力の高さのおかげです。

しかし、彼女たちのファッションにもその要因があったと思います。

ゴージャスな毛皮からキュートなワンピース、セクシーなドレスに地味なスーツ、清楚なパンツスタイル、メイド二人の制服姿も地味なタイプとセクシーなタイプに分かれています。

それぞれのキャラクターにバッチリあった衣装で登場することで、どんな人物かがすぐにわかり、8人それぞれの魅力を感じることができました。

さらにカラフルなのは衣装だけではありません。

屋敷の中の色もとにかくカラフルで可愛いです。

まるでドールハウスの中にいる可愛いお人形さんのようにも見えました。

この可愛らしい雰囲気と女性たちの性悪さのアンバランスさが絶妙でした。

フランスの女優さんはいくつになっても年相応の美しさがあって素敵だなとうっとりしてしまいます。

歌にダンスまで見ることができて大満足でした。

そして、しっかりミステリー作品としての驚きもあり楽しむことができました。

では、次は密室劇ミステリー映画のおすすめ3作品!の2つ目です。

>>密室劇ミステリー映画のおすすめ3作品!2つ目「ゴスフォード・パーク」のあらすじと感想!

関連記事はこちらです♪

スポンサーリンク

おすすめの10記事

1
映画「レ・ミゼラブル」のあらすじと感想:このミュージカルはストーリーが難解!あらすじを読んでから映画を観るのがおすすめ!ヒュー・ジャックマンとアン・ハサウェイが素晴らしい!

映画「レ・ミゼラブル」のあらすじと感想です。 「レ・ミゼラブル」(2012年) 「グレイテスト・ショーマン」でミュージカル映画が好きになった方に観ていただきたい作品です。 ヒュー・ジャックマン主演のミ ...

2
映画「ボヘミアン・ラプソディ」キャストと実際のキャラクター!91回アカデミー賞5部門ノミネート!メンバーがそっくり!

「ボヘミアン・ラプソディ」キャストとキャラクター! 主演のラミ・マリック演じるフレディ・マーキュリーに注目が集まる映画「ボヘミアン・ラプソディ」! 第91回のアカデミー賞で作品賞、ラミ・マリックの主演 ...

3
海外ドラマ「ホームランド」シーズン7!ピーター・クインが登場しないならその分面白くしてくれないと怒ります!

「ホームランド」シーズン6が終わった! 海外ドラマの「ホームランド」、シーズン6がとうとう終わってしまいました。 海外ドラマ「ホームランド」は、シーズン1からシーズン6まで全部見ました。 シーズン6を ...

4
映画「鑑定士と顔のない依頼人」を見た感想と評価!予想外の展開!ミステリーファンの私を参らせた結末でした。

映画「鑑定士と顔のない依頼人」の私の感想と評価 「ニュー・シネマ・パラダイス」、「海上のピアニスト」の巨匠ジュゼッペ・トルナトーレによる大人のミステリー「鑑定士と顔のない依頼人」。 良い意味でとても期 ...

5
映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」主演クリス・プラット!ホームレスからハリウッド大スターに登りつめた!

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の主演俳優クリス・プラット 映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」で新しいマーベルヒーローを熱演したクリス・プラット。 他のマーベル作品の主演俳優に比べる ...

6
映画「ラ・ラ・ランド」のキャスト! ライアン・ゴズリングとエマ・ストーンが有機化学的反応を起こしていた!!

映画「ラ・ラ・ランド」(LA LA LAND)のキャストの二人について 映画『ラ・ラ・ランド』! 監督:デイミアン・チャゼル 時間:128分 映画「セッション」で一躍注目を集めたデイミアン・チャゼル監 ...

7
映画「最初に父が殺された」キャストとあらすじと感想!アンジェリーナ・ジョリー監督!アカデミー賞外国語映画賞カンボジア代表

映画「最初に父が殺された」アンジェリーナ・ジョリー監督:アカデミー賞外国語映画賞 アンジェリーナ・ジョリーってすごい女性だなといつも思います。 ハリウッドを代表する女優さんだし、6名の子どもの母親でも ...

8
ダニエル・クレイグのジェームズ・ボンド第25作目『シャッターハンド』2019年11月公開!ボンドガールは誰に?

映画『007』シリーズの第25作目『シャッターハンド』ダニエル・クレイグ続投! 映画『007』シリーズの第25作目は、2019年11月8日に米国にて公開予定。 ジェームス・ボンド役は、もちろん「ダニエ ...

9
マリオン・コティヤールのおすすめ映画は「エディット・ピアフ 愛の賛歌」!波乱万丈で恋多きピアフを迫真の演技で演じ切りました!

映画「マリアンヌ」の女優マリオン・コティヤールのおすすめ作品 「マリアンヌ」で美しい二重スパイを演じたのはフランスの大女優マリオン・コティヤール。 スポンサーリンク フランス映画でアイドル的人気のあっ ...

10
レオナルド・ディカプリオの若い頃!子役から大スターへ!デカプリオの演じるキャラクター

映画「華麗なるギャツビー」主演レオナルド・ディカプリオ 映画「華麗なるギャツビー」で華やかなギャツビーを演じたのはレオナルド・ディカプリオです。 今やレオナルド・ディカプリオは、ハリウッドには欠かせな ...

-「8人の女たち」, 外国映画

error: Content is protected !!

Copyright© 外国映画と海外ドラマに恋して、そして気ままに旅をする! , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.