1年365日毎日、外国映画と海外ドラマを見ている私が、おすすめの外国映画と海外ドラマを紹介します!人生の幅を広げて欲張り人生を送ろう!

外国映画と海外ドラマに恋して、そして気ままに旅をする!

「ウォルト・ディズニーの約束」 トム・ハンクス 外国映画

トム・ハンクスおすすめの映画3作!三つ目は「ウォルト・ディズニーの約束」あらすじと感想!エマ・トンプソンとの演技が心に染みる!

投稿日:

トム・ハンクスおすすめの映画3作品「ウォルト・ディズニーの約束」のあらすじと感想

トム・ハンクスの2010年代のおすすめ作品は、トム・ハンクスがなんとウォルト・ディズニーを演じた感動作です。

2014年公開の「ウォルト・ディズニーの約束」をご紹介したいと思います。

原題は「Saving Mr. Banks」です。

スポンサーリンク

トム・ハンクスおすすめの映画その3:「ウォルト・ディズニーの約束」のあらすじ

1961年、作家パメラのところにウォルト・ディズニーから依頼がきます。

パメラの代表作である「メリー・ポピンズ」を映画化したいというオファーでした。

経済的に行き詰っていたパメラはしかたなくこの申し出を受けるのですが、映画化の内容について細かく口を出してきます。

原作に忠実であることが、パメラが出した絶対条件だったのです。

アニメーションを使うことを禁じたパメラでしたが、製作側はアニメーションを入れてしまいます。これに腹を立てたパメラは契約を破棄します。

パメラが、映画「メリー・ポピンズ」が原作に忠実であることにこだわるのには理由がありました。

メリー・ポピンズの物語は、実はパメラの子供の頃の実体験をもとにしていたのです。

銀行員だったパメラの父は、仕事が上手くいかなくなりお酒に溺れるようになりました。

都会から田舎に移り住んで厳しい生活を強いられる中、母は自殺未遂まで起こしてしまいます。

そんな家族を救ったのがパメラの叔母だったのです。

そしてこの叔母がメリー・ポピンズのモデルとなった人物だったのです。

そしてバンクス氏のモデルはパメラの父だったのです。

パメラの父はその後幼い子供達を残して病気で亡くなりました。

パメラは今でも心から父のことを愛していて、バンクス氏が悪く描かれることが辛かったのです。

このこと知ったウォルト・ディズニーは、決してバンクス氏を悪く描かないことを約束して、無事に映画が完成したのでした。

4年もの時間をかけて完成した映画を観たパメラはスクリーンに映るバンクス氏の姿を見て涙するのでした。

スポンサーリンク

 

トム・ハンクスおすすめの映画その3:「ウォルト・ディズニーの約束」の感想

トム・ハンクスがウォルト・ディズニーの演じる!と聞いて、これほどのハマり役はないと思いました。

ウォルト・ディズニーの人柄を知っているわけではなません。

でも、私のイメージするウォルト・ディズニーはとてもトム・ハンクスに合っていました。

映画の中でも予想を裏切ることなく、トム・ハンクスの演じるウォルト・ディズニーはとても魅力的でした。

しかし、物語の内容にはかなり予想を裏切られました。

ウォルト・ディズニーが「メリー・ポピンズ」の原作者と組んで映画をヒットさせるサクセスストーリー的な物語だと勝手に思っていたのです。

しかし、その制作の裏側には、メリー・ポピンズの原作者パメラの悲しい子供時代の経験が隠されていたのです。

この自他ともに認める頑固者であるパメラ・トラヴァースの役はエマ・トンプソン/Emma Thompsonが演じていました。

 

そもそも、「メリー・ポピンズ」は、ディズニーの映画である事は知っていましたが、それに原作がある事って知りませんでした。

楽しく可愛いい映画とは違って原作はやや気難しいのです。

「ウォルト・ディズニーの約束」の中でパメラ・トラヴァースは、初めは、映画化にいちいち口出しをする迷惑な原作者のおばさんという描かれ方なのです。

しかし、パメラの子供時代の過去と現在が交差しながら描かれていくうちに、原作を変えてほしくないというパメラのこだわりには、父との関係が絡んでいることがわかってきます。

作家として成功を収めた彼女には辛いトラウマがあったのです。

「メリー・ポピンズ」は過去に何度も観たことがありましたが、このような切ない物語が隠れていたとは全く知りませんでした。

「ウォルト・ディズニーの約束」を観てから、また一度、昔、観た「メリー・ポピンズ」を観たくなりました。

そして、パメラの気持ちを包み込んだウォルト・ディズニーの優しさも素敵でしたね。

トム・ハンクスの本領発揮でしたね。

そしてウォルト・ディズニー自身も幼少時代には厳しい父に叩かれたことがあったという告白も衝撃でした。

パメラの幼少時代の話はちょっと重い雰囲気でしたが、「メリー・ポピンズ」の映画化に向けて快活に映画作りに取り組む様子は、エネルギッシュで勢いがありました。

一つの映画ができるまでにはこれだけの様々な人間ドラマがあるのですね。

エマ・トンプソンの演技は、笑いありお涙ありで素晴らしい!

さすが、幾つものアカデミー賞にノミネートされている大女優です。

トム・ハンクスと、パメラ演じるエマ・トンプソンの掛け合いも良かったです。

トム・ハンクスらしい、心に染み渡るおすすめの感動作です。

関連記事はこちらです♪

スポンサーリンク

おすすめの10記事

1
映画「ダンケルク」を見る前に歴史を!「ダンケルクの戦い」と「ダイナモ作戦」って何?映画で歴史を知ることって素晴らしい!

映画「ダンケルク」を見る前に「ダンケルクの戦い」や「ダイナモ作戦」を知っておこう! クリストファー・ノーラン最新作「ダンケルク」は実際に起こった「ダイナモ作戦」に基づいた戦争映画です。 「ダンケルクの ...

2
映画「ブレードランナー2049」のキャストとあらすじ!ライアンは前作を14才の時に見た!ライアンの続編は前作を越えられるか?

映画「ブレードランナー2049」のキャストとそのあらすじは? SF映画の金字塔と言われ、今でも多くのファンがいる1982年公開の前作「ブレードランナー」。 原題は「Blade Runner 2049」 ...

3
海外ドラマ「ホームランド」シーズン7!ピーター・クインが登場しないならその分面白くしてくれないと怒ります!

「ホームランド」シーズン6が終わった! 海外ドラマの「ホームランド」、シーズン6がとうとう終わってしまいました。 海外ドラマ「ホームランド」は、シーズン1からシーズン6まで全部見ました。 シーズン6を ...

4
映画「鑑定士と顔のない依頼人」を見た感想と評価!予想外の展開!ミステリーファンの私を参らせた結末でした。

映画「鑑定士と顔のない依頼人」の私の感想と評価 「ニュー・シネマ・パラダイス」、「海上のピアニスト」の巨匠ジュゼッペ・トルナトーレによる大人のミステリー「鑑定士と顔のない依頼人」。 良い意味でとても期 ...

5
映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」主演クリス・プラット!ホームレスからハリウッド大スターに登りつめた!

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の主演俳優クリス・プラット 映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」で新しいマーベルヒーローを熱演したクリス・プラット。 他のマーベル作品の主演俳優に比べる ...

6
映画「ラ・ラ・ランド」のキャスト! ライアン・ゴズリングとエマ・ストーンが有機化学的反応を起こしていた!!

映画「ラ・ラ・ランド」(LA LA LAND)のキャストの二人について 映画『ラ・ラ・ランド』! 監督:デイミアン・チャゼル 時間:128分 映画「セッション」で一躍注目を集めたデイミアン・チャゼル監 ...

7
映画「最初に父が殺された」キャストとあらすじと感想!アンジェリーナ・ジョリー監督!アカデミー賞外国語映画賞カンボジア代表

映画「最初に父が殺された」アンジェリーナ・ジョリー監督:アカデミー賞外国語映画賞 アンジェリーナ・ジョリーってすごい女性だなといつも思います。 ハリウッドを代表する女優さんだし、6名の子どもの母親でも ...

8
ダニエル・クレイグのジェームズ・ボンド第25作目『シャッターハンド』2019年11月公開!ボンドガールは誰に?

映画『007』シリーズの第25作目『シャッターハンド』ダニエル・クレイグ続投! 映画『007』シリーズの第25作目は、2019年11月8日に米国にて公開予定。 ジェームス・ボンド役は、もちろん「ダニエ ...

9
マリオン・コティヤールのおすすめ映画は「エディット・ピアフ 愛の賛歌」!波乱万丈で恋多きピアフを迫真の演技で演じ切りました!

映画「マリアンヌ」の女優マリオン・コティヤールのおすすめ作品 「マリアンヌ」で美しい二重スパイを演じたのはフランスの大女優マリオン・コティヤール。 スポンサーリンク フランス映画でアイドル的人気のあっ ...

10
レオナルド・ディカプリオの若い頃!子役から大スターへ!デカプリオの演じるキャラクター

映画「華麗なるギャツビー」主演レオナルド・ディカプリオ 映画「華麗なるギャツビー」で華やかなギャツビーを演じたのはレオナルド・ディカプリオです。 今やレオナルド・ディカプリオは、ハリウッドには欠かせな ...

-「ウォルト・ディズニーの約束」, トム・ハンクス, 外国映画

error: Content is protected !!

Copyright© 外国映画と海外ドラマに恋して、そして気ままに旅をする! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.