「マーベル エージェント・オブ・シールド」 海外ドラマ

「エージェント・オブ・シールド」シーズン3のあらすじ&感想!人間ドラマと大迫力のシーン満載!今まで以上の盛り上がり!

投稿日:

「マーベル エージェント・オブ・シールド」シーズン3のあらすじ&感想

デイジーの両親の登場やインヒューマンズとの戦いが繰り広げられたシーズン2。

シールズに宣戦布告したデイジーの母の計画は未然に防ぐことができたのですが、人間をインヒューマンズに変えてしまう「テリジェン」が海に溶け出してしまいました。

そしてジェマ・シモンズ

は、謎の巨大な石「モノリス」の中に飲み込まれて行方不明に。

様々な危機を残して幕を閉じたシーズン2。

シーズン3はどのような展開となるのでしょうか。

 

「マーベル エージェント・オブ・シールド」シーズン3のあらすじ

インヒューマンズに変身させてしまうテリジェンは、海に溶け出していました。

そしてフィッシュオイルとして加工され、これを食べてインヒューマンズになる者が出現し始めていました。

シールドのコールソンのチームはこの混乱を対処しようとインヒューマンズたちを集めようとします。

スカイは本名であるデイジーと名乗っていました。

コールソンはインヒューマンズを追う組織とそれを率いる女性ロザリンド・プライスの存在を知ります。

この組織とは大統領が組織した「ATCU」(高度危機抑制部隊)でした。

「ATCU」の長官がロザリンド・プライスです。

コールソンはロザリンドに対して協力的な態度をとるようになり、次第にコールソンとロザリンドの関係は恋人へと発展していくのでした。

さらに謎のインヒューマンズであるラッシュが現れるのですが、彼はメイの元夫であるアンドリュー・ガーナー博士であることが判明します。

シモンズは「モノリス」という物体に飲み込まれたまま数カ月も行方不明のままでした。

フィッツはシモンズを探し出すために世界中を周り、ついにモノリスのゲートを開くことに成功します。

ジェマ・シモンズは遠く離れた異星にいたのです。

レオ・フィッツは無事にシモンズを助け出すのですが、戻ってきたシモンズは、その異星に「戻らなくては…」と暗い表情です。

実はジェマ・シモンズは異星の絶望的な状況的の中で奇跡的にウィルという宇宙飛行士に出会っていたのです。

二人は恋人関係になっていました。

そしてジェマ・シモンズだけが救出され、ウィルはシモンズの身代わりになりまだ異星に残っているというのです。

これを知ったレオ・フィッツは再びモノリスのゲートを開けてウィルを助けに行こうと決心します。

ジェマがいた異星には、実はヒドラの誕生の秘密が隠されていました。

ウォードはヒドラの新しい上司であるマリックに従っていました。

そしてマリックから、その異星には、クリー人の血を得たことで恐ろしい力を持つようになったハイヴという生物がいることを聞きます。

これは数千年も前の話で、ハイヴは危険な存在としてその異星に送られていたのです。

ヒドラはこのハイヴを地球に戻し、ハイヴの力で人類を支配するために結成された組織だったのです。

ウォードはフィッツたちにその異星に連れていくように脅します。

そして、フィッツは再びモノリスの扉を開けて、ウォードたちとともに異星にたどり着きました。

一方ロザムンドはウォードにより殺害されました。

これに怒り狂ったコールソンは、ウォードに復讐を誓い、異星に乗り込んできました。

レオ・フィッツが救出しようとしたウィルもすでにハイヴにより命を奪われていました。

コールソンは、ウォードを倒しロザムンドの復讐を果たすのですが、その時にハイヴがウォードの体に入り込んでしまいます。

ハイヴはウォードの姿となり地球に戻るのでした。

次第にインヒューマンズの数は増加し、シールドの役割が重要になってきました。

そんな中、インヒューマンズによるロシア首相暗殺計画が実行されようということを知ります。

コールソンのチームのボビーとハンターはこれを阻止するのですが、ロシア側に捕らえられて取り調べを受けることに。

ボビーとハンターはアメリカ政府、シールドと関係を知られないために、関わりがないと否定し続けました。

この件により、ボビーとハンターは仲間以外には知られずに内密にシールドを去るのでした。

ハイヴはインヒューマンズを洗脳する力があり、自分のための軍隊を作ろうとしていました。

そしてデイジーまで洗脳されてしまい、ハイヴの指示により動くようになります。

ハイヴは「パラサイト」という物質を使い、全人類をインヒューマンズにする計画を企てます。

コールソンのチームとハイヴの激しい戦いが続き、スカイの仲間のインヒューマンズ・リンカーンが、「パラサイト」とハイヴを乗せた戦闘機に乗り込みます。

そしてリンカーンは自ら犠牲となり、ハイヴと「パラサイト」を乗せて大気圏外へ行き戦闘機を爆発させるのでした。

ハイヴとの戦いから6か月後、コールソンはあるインヒューマンズを追いかけていました。

それはなんとデイジーだったのです。

こうして「エージェント・オブ・シールド」シーズン3は終わります。

スポンサーリンク

「マーベル エージェント・オブ・シールド」シーズン3の感想

「エージェント・オブ・シールド」シーズン3は、今まで以上に盛り上がったシーズンでした。

アクションもサスペンスも人間ドラマや恋愛もシーズン3はスケールアップしたと思います。

ジェマ・シモンズが飛ばされた異星と、ヒドラ誕生の秘密が繋がるストーリーは面白かったですね。

インヒューマンズの増加や、ハイヴの登場により、銃激戦よりも特殊能力を使った戦いが増えて、マーベル映画らしさも強くなりました。

ドラマレベルとは思えない大迫力のシーンが満載でした。

そして、レオ・フィッツとジェマ・シモンズ、メリンダ・メイと元夫のアンドリュー博士の関係、コールソンとロザリンドの恋愛、ボビーとハンターの絆など、涙なし(?)には見ることができないエピソードがたくさんありました。

それらドラマがとても面白かったです。

特に心に残ったのが、ボビーとハンターがシールドを去るエピソードです。

ロシアに捕らえられたボビーとハンターは、アメリカ政府とシールドを守るために、ひっそりとシールドを去ることを決意します。

そのため、シールドのメンバーは、大々的に二人のお別れパーティーを開くことはもちろん、面と向かってさよならを言うこともできません。

ボビーとハンターが去る日。

バーに座った二人の周りには、いつの間にかコールソンをはじめシールドのメンバーの姿がありました。

みんな別々の席に離れて座っています。

誰にも知られずに二人に別れを告げるために集まっていたのです。

そしてアイコンタクトだけで別れを告げるのでした。

激しいアクションシーンばかりではなく、このようなグッとくる人間ドラマがあるところがこのドラマの魅力ですね。

どの海外ドラマにも忘れられないシーンがありますが、「エージェント・オブ・シールド」の中では、今のところこのエピソードが一番心に残りました。

グランド・ウォードは、まさかのハイヴという無敵の存在となり復活してしまいました。

本当にどうしても好きになれません。

ハイヴは暗くて恐ろしくてゾッとするような存在でしたね。

ラストでリンカーンにより吹き飛ばされて死んだように見えましたが、個人的にはまた復活してシールドを邪魔するのではないかと疑っています。

さすがにもう再登場はないかな…。

デイジー(スカイ)はインヒューマンズとなり能力を制御できずに苦悩したり、ハイヴに洗脳されてしまったり、リンカーンを失ってしまったり、今回も苦労が絶えませんでした。

とても笑顔がキラキラ素敵なデイジーなので、もっと明るく元気な姿も見たいですね。

最終回のラストでは、なぜかシールドから追われる身となっていました。

またデイジーに苦労が続くのかと思うと心配です。

デイジー(スカイ)を演じるクロエ・ベネット、彼女は、過去映画やドラマに出演はしておらずこの「エージェント・オブ・シールド」がほとんど初めての演技。

でも、ベテラン女優さんのような存在感で、デイジー(スカイ)がとても気になると言うことは、すっかりクロエ・ベネットのファンになってしまったのだと思います。

スカイ、頑張れ!と応援したくなりますね。

シーズン4も楽しみです。
♪「エージェント・オブ・シールド」は、huluで見放題です!


関連記事

>>海外ドラマ「マーベル エージェント・オブ・シールド」の主要キャラクターとキャスト!この5人のメンバーを覚えておけば前準備OK!

>>「マーベル エージェント・オブ・シールド」シーズン1のあらすじ&感想!超人たちを管理する裏方の人々が主人公!これが新鮮!

>>「エージェント・オブ・シールド」シーズン2のあらすじ&感想!二転三転する驚きの展開!ラストのエピソードにはびっくり!

>>「エージェント・オブ・シールド」シーズン3のあらすじ&感想!人間ドラマと大迫力のシーン満載!今まで以上の盛り上がり!

>>ドラマ「マーベル エージェント・オブ・シールド」シーズン6制作決定!シーズン6は全13話!シーズン4のあらすじ&感想!

関連記事はこちらです♪

スポンサーリンク

おすすめの10記事

1
映画「レ・ミゼラブル」のあらすじと感想:このミュージカルはストーリーが難解!あらすじを読んでから映画を観るのがおすすめ!ヒュー・ジャックマンとアン・ハサウェイが素晴らしい!

映画「レ・ミゼラブル」のあらすじと感想です。 「レ・ミゼラブル」(2012年) 「グレイテスト・ショーマン」でミュージカル映画が好きになった方に観ていただきたい作品です。 ヒュー・ジャックマン主演のミ ...

2
映画「ボヘミアン・ラプソディ」キャストと実際のキャラクター!91回アカデミー賞5部門ノミネート!メンバーがそっくり!

「ボヘミアン・ラプソディ」キャストとキャラクター! 主演のラミ・マリック演じるフレディ・マーキュリーに注目が集まる映画「ボヘミアン・ラプソディ」! 第91回のアカデミー賞で作品賞、ラミ・マリックの主演 ...

3
海外ドラマ「ホームランド」シーズン7!ピーター・クインが登場しないならその分面白くしてくれないと怒ります!

「ホームランド」シーズン6が終わった! 海外ドラマの「ホームランド」、シーズン6がとうとう終わってしまいました。 海外ドラマ「ホームランド」は、シーズン1からシーズン6まで全部見ました。 シーズン6を ...

4
映画「鑑定士と顔のない依頼人」を見た感想と評価!予想外の展開!ミステリーファンの私を参らせた結末でした。

映画「鑑定士と顔のない依頼人」の私の感想と評価 「ニュー・シネマ・パラダイス」、「海上のピアニスト」の巨匠ジュゼッペ・トルナトーレによる大人のミステリー「鑑定士と顔のない依頼人」。 良い意味でとても期 ...

5
映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」主演クリス・プラット!ホームレスからハリウッド大スターに登りつめた!

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の主演俳優クリス・プラット 映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」で新しいマーベルヒーローを熱演したクリス・プラット。 他のマーベル作品の主演俳優に比べる ...

6
映画「ラ・ラ・ランド」のキャスト! ライアン・ゴズリングとエマ・ストーンが有機化学的反応を起こしていた!!

映画「ラ・ラ・ランド」(LA LA LAND)のキャストの二人について 映画『ラ・ラ・ランド』! 監督:デイミアン・チャゼル 時間:128分 映画「セッション」で一躍注目を集めたデイミアン・チャゼル監 ...

7
映画「最初に父が殺された」キャストとあらすじと感想!アンジェリーナ・ジョリー監督!アカデミー賞外国語映画賞カンボジア代表

映画「最初に父が殺された」アンジェリーナ・ジョリー監督:アカデミー賞外国語映画賞 アンジェリーナ・ジョリーってすごい女性だなといつも思います。 ハリウッドを代表する女優さんだし、6名の子どもの母親でも ...

8
ダニエル・クレイグのジェームズ・ボンド第25作目『シャッターハンド』2019年11月公開!ボンドガールは誰に?

映画『007』シリーズの第25作目『シャッターハンド』ダニエル・クレイグ続投! 映画『007』シリーズの第25作目は、2019年11月8日に米国にて公開予定。 ジェームス・ボンド役は、もちろん「ダニエ ...

9
マリオン・コティヤールのおすすめ映画は「エディット・ピアフ 愛の賛歌」!波乱万丈で恋多きピアフを迫真の演技で演じ切りました!

映画「マリアンヌ」の女優マリオン・コティヤールのおすすめ作品 「マリアンヌ」で美しい二重スパイを演じたのはフランスの大女優マリオン・コティヤール。 スポンサーリンク フランス映画でアイドル的人気のあっ ...

10
レオナルド・ディカプリオの若い頃!子役から大スターへ!デカプリオの演じるキャラクター

映画「華麗なるギャツビー」主演レオナルド・ディカプリオ 映画「華麗なるギャツビー」で華やかなギャツビーを演じたのはレオナルド・ディカプリオです。 今やレオナルド・ディカプリオは、ハリウッドには欠かせな ...

-「マーベル エージェント・オブ・シールド」, 海外ドラマ

error: Content is protected !!

Copyright© 外国映画と海外ドラマに恋して、そして気ままに旅をする! , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.