1年365日毎日、外国映画と海外ドラマを見ている私が、おすすめの外国映画と海外ドラマを紹介します!人生の幅を広げて欲張り人生を送ろう!

外国映画と海外ドラマに恋して、そして気ままに旅をする!

「レディ・プレイヤー1」 外国映画

映画「レディ・プレイヤー1」のあらすじと感想!80年代ポップカルチャーネタが理解できなかった!日本のゲームやアニメファンのための映画かしら?

投稿日:

映画「レディ・プレイヤー1」のあらすじと感想

映画「レディ・プレイヤー1」は、スティーブン・スピルバーグ監督がアーネスト・クライン原作の「ゲーム・ウォーズ」を映画化したSF大作です。

原題: Ready Player One。2018年のアメリカ映画です。

仮想世界「オアシス」の開発者が仕掛けた3つの謎を解き、膨大な遺産を獲得するために、それぞれのキャラクターが難関のゲームに挑みます。

「レディ・プレイヤー1」には日本人にもおなじみの80年代ポップカルチャーが続々登場することでも話題となりました。

映画「レディ・プレイヤー1」のあらすじと私の感想です。

まずは映画「レディ・プレイヤー1」のあらすじから!

スポンサーリンク

映画「レディ・プレイヤー1」のあらすじ:ストーリー バーチャル・リアリティゲーム「オアシス」をめぐる争奪戦

2045年の近未来。ほとんど人々が荒廃した街で生活を送っていました。

そして、厳しい生活から逃避するために、「オアシス」の世界にのめり込んでいました。

オアシスとはジェームズ・ハリデーとオグデン・モローによって作られた本格的バーチャル・リアリティーゲームです。

このゲームの中では人々はなりたいキャラクターになり自由な人生を送ることができるのです。

人々は起きている時間のほとんどをオアシスで過ごしていました。

ハリデーは2040年に死去しており、その時に「アノラック・ゲームに勝利した者に56兆円の遺産とオアシスの所有権を譲る」という遺言を残していたのです。

ハリデーがオアシスの中に隠した3つのイースターエッグを探し求め、エッグハンターたちは、膨大な遺産を懸けてゲームに夢中になっていました。

映画「レディ・プレイヤー1」のあらすじ:1つ目の鍵を手に入れる

パーシヴァル(ウェイド)と親友のエイチもエッグハンターの一人でした。

いつのようにレースに挑む二人の前にバイクに乗り疾走する美しい女性のエッグハンター、アルテミスが現れます。

パーシヴァルはすぐにアルテミスに恋をしました。

第一の謎を探すためにハリデーの博物館を訪れたウェイドはハリデーの過去の発言の中からヒントを得て見事レースに勝利しまし。

そして、1つ目のイースターエッグの鍵を獲得します。

そして2つ目のイースターエッグのヒントを得ます。

そしてアルテミス、エイチ、仲間になったダイトウ、ショウも、パーシヴァルから勝つ方法を聞き、見事ゴールするのでした。

ランキング上位5位となった5人は、「ハイ・ファイブ」と呼ばれ注目されるようになります。

<------ここからネタバレ記事あり------>

映画「レディ・プレイヤー1」のあらすじ:IOIの陰謀

ハイフ・ファイブに目を付けたのは、IOI社という大企業の社長ノーラン・ソレントでした。

IOI社はオアシスの膨大な資産と所有権を狙っていました。

ソレントはパーシヴァルに協力するように取引を持ち掛けるのですが、パーシヴァルは拒否します。

するとソレントは現実世界でのパーシヴァルの住居とウェイドという本名を見つけ出し、そのスラム街を爆破します。

ウェイド(パーシヴァル)は爆発を逃れたのですが、ウェイドと暮らしていた叔母は爆発により死んでしまいました。

映画「レディ・プレイヤー1」のあらすじ:2つ目の鍵を手に入れる

ウェイド(パーシヴァル)はアルテミスの隠れ家で、初めて現実世界のサマンサ(アルテミス)と会います。

サマンサはIOI社を倒そうとする反乱軍のリーダーだったのです。

さらに現実世界のハイフ・ファイブも集まり、ハンター博物館で次のヒントを探します。

そしてハリデーが恋した女性キーラと観た思い出の映画「シャイニング」の中にヒントを求めて、映画の世界に入り込んでいきます。

そしてアルテミスはキーラを見つけ出し、見事2つ目の鍵を得ることができました。

映画「レディ・プレイヤー1」のあらすじ:3つ目の鍵を手に入れる

ハイ・ファイブの活躍を阻もうとするノーランは、ウェイド(パーシヴァル)たちの隠れ家を攻撃し、サマンサ(アルテミス)がIOI社に捕らえられてしまいます。

ハイ・ファイブは、サマンサを助けようとしますが、サマンサは、IOI社にそのまま残りIOI社の動きを探りながら戦いを挑むことにします。

パーシヴァルは、オアシスのプレイヤー達に向けて、自分達と一緒に戦おうとメッセージを発します。

多くのエッグハンターがIOI社との激闘を繰り広げます。

3つ目の鍵は「アドベンチャー」というゲームにあり、IOI社の特殊チームはゲームクリアするために戦っていました。

そしてパーシヴァルは勝つことではなく、楽しむことがヒントになると突き止めます。

ゲームをただ続けるだけで良かったのです。

そしてついに3つ目の鍵が現れるのでした。

映画「レディ・プレイヤー1」のあらすじ:最後のテスト

3つ目の鍵を使い扉を開けると、そこには光り輝くハリデーの遺産とオアシスの所有権を得るための契約書がありました。

しかし、これはオグデンがオアシスの経営権を破棄した時の契約書であると、パーシヴァルは見抜きました。

これがハリデーの最後のテストだったのです。

パーシヴァルは見事このテストをパスし、オアシスの所有権を得ることができました。

そして、ハイ・ファイブの5人で経営していくことを決意します。

警察によりソレントは逮捕され、IOIに捕らえられていた人々も解放されました。

パーシヴァルは、週に2日はオアシスを停止し、現実世界を楽しむという新しいルールを決めるのでした。

<------ここまでネタバレ記事------>

映画「レディ・プレイヤー1」のあらすじでした。

では、次は、映画「レディ・プレイヤー1」を観た私の感想です。

スポンサーリンク

映画「レディ・プレイヤー1」を観た私の感想です。

映画「レディ・プレイヤー1」は、スティーブン・スピルバーグ監督の久々のSF超大作、そして日本人にも嬉しいネタが満載ということで楽しみにしていた作品です。

しかし、私にはわからないネタも多く、映画「レディ・プレイヤー1」あまり入り込むことができませんでした。

私の評価は、しいて点数をつけるとしたら、100点中65点でした・・・・。

私の映画「レディ・プレイヤー1」の点数は、とても低い点数でした。

どうして、こんなに低い点数になってしまったのか???以下が私の「レディ・プレイヤー1」の感想です。

映画「レディ・プレイヤー1」の感想:80年代ポップカルチャーネタを理解できなかった…

私が映画「レディ・プレイヤー1」を観た感想で、低評価だったのは、私が80年代ポップカルチャーネタを理解できなかったからです。

この作品「レディ・プレイヤー1」は、観る人によって大きく評価が変わる作品だと思います。

80年代のポップカルチャーや日本のゲームやアニメ好きの方が観たらものすごく興奮する作品だったと思います。

ガンダムの戦闘シーンやAKIRAの金田バイクなどは、本当にワクワクしたでしょうね。

スピルバーグ監督の日本愛が伝わってきて、とっても嬉しくなりました。

しかし、私は、「レディ・プレイヤー1」を観ていて、映画ネタは何とかついていけたのですが、ゲームネタやアニメネタについてはチンプンカンプンだったため、残念ながら入り込むことができませんでした。

さらに、ストーリー上、最も重要な映画として登場した「シャイニング」を観たことがなかったというのが大きな反省点です。

さらに興味が薄れていってしまいました…。

映画「レディ・プレイヤー1」の感想:私が気になった点

「レディ・プレイヤー1」で、ゲーム、アニメネタはわからないけれど、それ以外の部分を楽しもうと思ったのですが、どうしてもある点が気になってしまいました。

それは、パーシヴァルがあまり80年代カルチャーに詳しくないというところです。

「オアシス」のゲームのポイントは、開発者ハリデーが愛した80年代のポップカルチャーネタがヒントとして散りばめられているところです。

これをクリアしていくところに面白さがあります。

だからゲームやアニメを知らない仕事人間のノーランではこのゲームをクリアすることができず、IOI社が集めた特殊チームのオタクたちのような人間の方が有利なのです。

アダム・サンドラー主演の「ピクセル」もそうでした。

オタクたちがオタクネタを攻略することで世界を救うのです。

しかし主人公のウェイドは80年代カルチャーにそれほど詳しいとは言えません。

映画「シャイニング」に関しては観てもいないのです。

それにも関わらず見事にゲームクリアしてしまうところが、ちょっと引っ掛かってしまいました。

パーシヴァルがもっと80年代オタク、ゲームオタクのようなキャラクターだったらもっと面白くなったと思います。

映画「レディ・プレイヤー1」の感想:とても良かった点

私はゲームに没頭したことはないのですが、そんな私でも「レディ・プレイヤー1」のゲームのようなアクションシーンは非常に興奮しました。

特に1つ目の鍵を探すためのレースが素晴らしい映像でした。

レースカーで疾走するエッグハンターたちですが、それを阻むのはキングコングです。

何度やってもキングコングに邪魔をされてゴールできないゲームなのですが、パーシヴァルはバック走行すれば良いことに気が付きます。

そして、見事5年間もクリアできなかったゲームをクリアしてしまうのです。

この「レディ・プレイヤー1」のシーンは、まるでゲームの世界の中に入ってしまったような興奮がありましたね。

オアシスのシーンは本当に観たこともないような映像が満載で圧倒されました。

そう言う意味では、「レディ・プレイヤー1」は、超一級のSF映画だったと思います。

映画「レディ・プレイヤー1」の感想:仮想世界に対する描き方は良かった

私は、ゲームに没頭する子供たちを見ると少し不安になることがあります。

ゲームのクオリティが上がれば上がるほど、現実に存在する世界のように見えてくるからです。

バーチャル世界に没頭するのは良いのか?悪いのか?

最近はこのテーマを描いた映画も多いですよね。

ホアキン・フェニックス主演の「her/世界でひとつの彼女」(2013年)は、実在しないバーチャルな恋人との恋愛を描いた作品で、非常に意味深い映画でした。

「her/世界でひとつの彼女」(2013年)の記事についてはこちらも読んで下さい!

>>「her/世界でひとつの彼女」のキャストとあらすじ!人口知能型OSに恋をする!そんなのあり?

「レディ・プレイヤー1」のバーチャル世界に対する描き方はとても良かったと思います。

主人公のパーシヴァルは、現実世界では得られなかった友人たちを通して真の友情や恋愛を知ることができました。

また、そんな仲間たちとともに勇気を持って戦う強さも生まれました。

このようなバーチャル世界の素晴らしさを描きながら、「レディ・プレイヤー1」の中で、ハリデーが抱えていた仮想世界を作ったことへの後悔もしっかり描かれています。

このバランスがとても良かったと思います。

スピルバーグのセンスの良さが出ていたと思います。

以上が「レディ・プレイヤー1」の感想でした。

アニメやゲームに興味がなくても楽しめる作品ではありました。

しかし、アニメ好き、ゲーム好きの方が観たらすごく面白かったのだろうという悔しさがありましたね。

映画「レディ・プレイヤー1」を観た私の感想が低い評価だったのは、映画の問題と言うより、ゲームネタやアニメネタについてはチンプンカンプンだと言う私の問題だったのでしょうね。

好き嫌いは別としても映画「レディ・プレイヤー1」は、スピルバーグ監督の偉大さはしっかり感じることができる映画でした。

映画「レディ・プレイヤー1」の関連記事

>>映画「レディ・プレイヤー1」のキャストとキャラクター!若手俳優5人のフレッシュな演技が印象的!

関連記事はこちらです♪

スポンサーリンク

おすすめの10記事

1
映画「ダンケルク」を見る前に歴史を!「ダンケルクの戦い」と「ダイナモ作戦」って何?映画で歴史を知ることって素晴らしい!

映画「ダンケルク」を見る前に「ダンケルクの戦い」や「ダイナモ作戦」を知っておこう! クリストファー・ノーラン最新作「ダンケルク」は実際に起こった「ダイナモ作戦」に基づいた戦争映画です。 「ダンケルクの ...

2
映画「ブレードランナー2049」のキャストとあらすじ!ライアンは前作を14才の時に見た!ライアンの続編は前作を越えられるか?

映画「ブレードランナー2049」のキャストとそのあらすじは? SF映画の金字塔と言われ、今でも多くのファンがいる1982年公開の前作「ブレードランナー」。 原題は「Blade Runner 2049」 ...

3
海外ドラマ「ホームランド」シーズン7!ピーター・クインが登場しないならその分面白くしてくれないと怒ります!

「ホームランド」シーズン6が終わった! 海外ドラマの「ホームランド」、シーズン6がとうとう終わってしまいました。 海外ドラマ「ホームランド」は、シーズン1からシーズン6まで全部見ました。 シーズン6を ...

4
映画「鑑定士と顔のない依頼人」を見た感想と評価!予想外の展開!ミステリーファンの私を参らせた結末でした。

映画「鑑定士と顔のない依頼人」の私の感想と評価 「ニュー・シネマ・パラダイス」、「海上のピアニスト」の巨匠ジュゼッペ・トルナトーレによる大人のミステリー「鑑定士と顔のない依頼人」。 良い意味でとても期 ...

5
映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」主演クリス・プラット!ホームレスからハリウッド大スターに登りつめた!

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の主演俳優クリス・プラット 映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」で新しいマーベルヒーローを熱演したクリス・プラット。 他のマーベル作品の主演俳優に比べる ...

6
映画「ラ・ラ・ランド」のキャスト! ライアン・ゴズリングとエマ・ストーンが有機化学的反応を起こしていた!!

映画「ラ・ラ・ランド」(LA LA LAND)のキャストの二人について 映画『ラ・ラ・ランド』! 監督:デイミアン・チャゼル 時間:128分 映画「セッション」で一躍注目を集めたデイミアン・チャゼル監 ...

7
映画「最初に父が殺された」キャストとあらすじと感想!アンジェリーナ・ジョリー監督!アカデミー賞外国語映画賞カンボジア代表

映画「最初に父が殺された」アンジェリーナ・ジョリー監督:アカデミー賞外国語映画賞 アンジェリーナ・ジョリーってすごい女性だなといつも思います。 ハリウッドを代表する女優さんだし、6名の子どもの母親でも ...

8
ダニエル・クレイグのジェームズ・ボンド第25作目『シャッターハンド』2019年11月公開!ボンドガールは誰に?

映画『007』シリーズの第25作目『シャッターハンド』ダニエル・クレイグ続投! 映画『007』シリーズの第25作目は、2019年11月8日に米国にて公開予定。 ジェームス・ボンド役は、もちろん「ダニエ ...

9
マリオン・コティヤールのおすすめ映画は「エディット・ピアフ 愛の賛歌」!波乱万丈で恋多きピアフを迫真の演技で演じ切りました!

映画「マリアンヌ」の女優マリオン・コティヤールのおすすめ作品 「マリアンヌ」で美しい二重スパイを演じたのはフランスの大女優マリオン・コティヤール。 スポンサーリンク フランス映画でアイドル的人気のあっ ...

10
レオナルド・ディカプリオの若い頃!子役から大スターへ!デカプリオの演じるキャラクター

映画「華麗なるギャツビー」主演レオナルド・ディカプリオ 映画「華麗なるギャツビー」で華やかなギャツビーを演じたのはレオナルド・ディカプリオです。 今やレオナルド・ディカプリオは、ハリウッドには欠かせな ...

-「レディ・プレイヤー1」, 外国映画

error: Content is protected !!

Copyright© 外国映画と海外ドラマに恋して、そして気ままに旅をする! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.