1年365日毎日、外国映画と海外ドラマを見ている私が、おすすめの外国映画と海外ドラマを紹介します!人生の幅を広げて欲張り人生を送ろう!

外国映画と海外ドラマに恋して、そして気ままに旅をする!

「アイランド」 「プーと大人になった僕」 「ムーラン・ルージュ」 「普通じゃない」 ユアン・マクレガー

ユアン・マクレガーのおすすめの映画3作品!第1位は?大好きなユアン・マクレガーの作品から3つを選ぶのはとても難しい!

投稿日:

ユアン・マクレガーのおすすめの映画3作品の第3位から第1位まで!

映画「プーと大人になった僕」で、世界的に有名なクリストファー・ロビンというキャラクターを演じたのは、イギリスの人気俳優ユアン・マクレガーです。

イギリス映画だけでなく、ハリウッドでも大活躍しています。

ユアン・マクレガー/Ewan McGregor

生年月日:1971年3月31日
出身地:スコットランド

ユアン・マクレガーは、子供のころから俳優を志望。

1988年にイギリスロンドンのギルドホール音楽演劇学校に入学。

1990年の最終学年の公園の一人芝居がすばらしくて、エージェントにスカウトされます。

イギリスではその後活躍していましたが、何と言っても、ユアン・マクレガーの顔と名前が知れたのは、1999年の「スター・ウォーズ」新三部作のオビワン・ケノビ役です。

この「スター・ウォーズ」への大抜擢でユアン・マクレガーは、世界的に有名になります!

そんなユアン・マクレガーは私の大好きな俳優です。

たくさんあるユアン・マクレガーの出演作品から3つを選ぶのは、とても難しかったです。

でもあえてユアン・マクレガーのおすすめ映画3作品を選んでみました。

では、大好きなユアン・マクレガーの映画3作品を紹介しましょう!

スポンサーリンク

ユアン・マクレガーのおすすめ映画作品3作品:第3位は「アイランド」

ユアン・マクレガーおすすめ映画作品の第3位は「アイランド」です。

>>アイランド (字幕版)

「トランスフォーマー」シリーズをはじめ、数多くのヒット作を作り続けているマイケル・ベイ監督の2005年の作品です。

原題は The Island。

大気汚染により施設の中でしか生活できなくなった人類の未来を描いたSF大作です。

ユアン・マクレガーのおすすめ映画第3位:「アイランド」のあらすじ

大気汚染により外での生活が困難になった人類は、ある施設の中で安全な生活を送っていました。

施設の中では人々は真っ白な服を着て、毎日同じことを繰り返す単調な毎日を送っていました。

そして「アイランド」という唯一汚染されていない楽園に行くことを夢見ていました。

施設の中では定期的に「アイランド」に行ける人が抽選で決められるシステムになっていたのです。

施設の中の人々は、この生活やルールに対して何の疑問も持たずに生活していました。

しかし、ある時ユアン・マクレガー演じるトム・リンカーンという青年が、色々な疑問を持つようになるのです。

なぜ女性と接することができないのか、なぜ食べるものが決められているのか…。

そして、スカーレット・ヨハンソン演じるサラ・ジョーダンという女性に恋心を抱くようになります。

ジョーダンは実は外の世界は汚染されていないことに気が付き、真実を突き止めようとします。

そして衝撃の事実を知ることになります。

実は自分も含め、施設の中の人間はクローンなのです。

オリジナルの人間に臓器を提供するための存在であり、「アイランド」へ行くということは、オリジナルの人間のために臓器を提供して殺害されるということだったのです。

リンカーンはジョーダンに真実を話し、外の世界に逃げ出します。

そしてリンカーンのオリジナルの人物は大富豪、ジョーダンのオリジナルの人物は人気女優ということがわかります。

そしてリンカーンはオリジナルのリンカーンと対面します。

オリジナルのリンカーンは、施設に通報し、やってきた施設の人間はリンカーンを射殺します。

しかし、殺したのは実はオリジナルのリンカーンだったのです。

リンカーンは施設に戻り、クローンたちを解放します。

クローンたちは初めて外の世界に出て、土や太陽に触れるのでした。

ユアン・マクレガーのおすすめ映画第3位:「アイランド」の感想

ユアン・マクレガーと言えば、恋愛、ヒューマンドラマというイメージがあったので、アクションシーンをこなすユアン・マクレガーが新鮮だったのを覚えています。

今から10年以上前の作品ですが、SF作品のヒットメーカーマイケル・ベイ監督の作品ということで、今見ても面白いなあと感心させられる作品です。

はじめは、リンカーン達は大気汚染による被害から逃れて生き延びた人類として描かれます。

これに疑問を持たず見ていると、実はこの人類は本当の人間ではなくクローンであること、アイランドという場所へ行くということは、楽園どころか死を意味することが判明します。

この二転三転する展開が面白かったですね。

真実に迫っていくユアン・マクレガーと一緒になり、ハラハラドキドキしながらスクリーンに釘付けになりました。

リンカーンが恋をするジョーダン役のスカーレット・ヨハンソンも相変わらず美しかったですね。

そしてこの作品の面白いところは、オリジナルの人間と対面するところです。

人間が自分のクローンと対面して驚く、というシーンは良く見かけると思いますが、その逆は珍しいと思います。

オリジナルのリンカーンは超大金持ち。

5億円で自分のクローンを購入していたのですが、まさかそのクローンが本物の人間のように生活しているとは思っていなかったのです。

植物状態のように保管されていると思っていたのです。

だから、自分のクローンが目の前に現れた時はすごく驚きます。

このやり取りがなかなか斬新でしたね。

もちろん、クローンのリンカーンもオリジナルのリンカーンもユアン・マクレガーが演じています。

このシーンは必見です。

クローンなんて、映画の中の話と思いながらも、もしかしたら本当にこんな施設があるのかもしれないと思ってしまうような、怖い作品でもありました。

「トランスフォーマー」も、もし道路を走っている車がロボットに変身したら…というワクワク感がありましたね。

マイケル・ベイ監督のSF作品は、現実と非現実の線をぼかしていくような演出が面白いですね。

ユアン・マクレガーおすすめ映画作品第3位の「アイランド」のあらすじと感想でした。

ユアン・マクレガーのおすすめ作品3作品:第2位は「普通じゃない」

ユアン・マクレガーおすすめ映画作品の第2位は、「普通じゃない」(1997年)です。

>>普通じゃない (字幕版)

原題はA Life Less Ordinary。

「トレインスポッティング」でタッグを組んだダニー・ボイル監督とユアン・マクレガーのスピード感溢れるラブコメディです。

1999年の「スター・ウォーズ」新三部作のオビワン・ケノビ役で超有名になる前の作品です。

ユアン・マクレガーのおすすめ映画第2位:「普通じゃない」のあらすじ

天使のオレイリーとジャクソンは業績の悪さを責められていました。

二人がくっつけたカップルは離婚してばかりだったのです。

そして天国の部長から、次のカップルで成功しなければ天国から追放すると言われてしまいます。

オレイリーとジャクソンが次に担当するカップルはロバートとセリーンという若い男女でした。

ユアン・マクレガー演じるロバート・ルイスは清掃員の仕事を解雇され、恋人にもフラれ、ボロボロになっていました。

そして解雇した会社の社長、キャメロン・ディアス演じるセリー・ネヴィルのオフィスに向かいます。

セリーンは社長ネヴィルの娘です。

オフィスに乗り込んだリンカーンは解雇を撤回するように脅しますが、誤って社長の足を撃ってしまいます。

慌てたリンカーンはその場にいたセリーヌを連れ去って逃げます。

山のロッジに逃げ込んだ二人。セリーンは誘拐犯であるロバートを全く恐れていません。

そして父に反抗的な態度のセリーンは、誘拐を成功させて一緒に身代金を山分けしようと提案するのです。

社長令嬢であるセリーンは以前にも誘拐された経験がありました。そこで、その時の誘拐のノウハウをロバートに教えます。

一方、天使のジャクソンとオレイリーは、二人をくっつけるために計画を立てていました。

そして殺し屋に扮し、ネヴィルのところへ行きます。

ロバートを殺し、セリーンを助け出すことを約束します。

そして殺し屋のフリをしてロバートとセリーンをくっつけようと企てます。

しかし、ロバートとセリーンは昔の恋人のことが原因でケンカになってしまい、なかなか関係が進展しません。

ジャクソンがロバートのフリをしてセリーンへの恋のポエムを送ってみたのですが、この計画も上手くいきませんでした。

ジャクソンとオレイリーは焦ります。

そしてロッジにネヴィルが雇った別の殺し屋もやって来て、撃ち合いになります。

ジャクソンとオレイリーは撃たれてしまい、ロバートも殺し屋に銃を向けられます。

しかし、そこにセリーンが現れてロバートを撃ちます。

実はこの弾には「愛の矢」や仕込まれていました。

セリーンの愛の矢にハートを射抜かれたロバートはセリーンにメロメロになります。

そしてついにロバートとセリーンは恋に落ちるのでした。

そしてジャクソンとオレイリーは無事天国に戻っていくのでした。

ユアン・マクレガーのおすすめ映画第2位:「普通じゃない」の感想

「トレインスポッティング」で大人気となったユアン・マクレガーとダニー・ボイル監督が手掛けた、ハリウッドデビュー作です。

テンポ良し、音楽良し、ユアン・マクレガーのかっこよさ良し、のおすすめ作品です。

キャメロン・ディアスがびっくりするほど若くて可愛いです。

ダメダメ貧乏男ロバートと、気の強いお嬢様セリーンが、出会い、恋に落ちていくというラブストーリーです。

ひょんなことからセリーンを誘拐してしまうことになったロバート。

かなり無理のある状況の中でなぜか恋に落ちてしまう二人。

しかしこの「なぜか」には理由がありました。

それは天国に勤務する「天使」が操作していたからなのです。

天国はまるで大企業か役所のような組織になっていて、ジャクソンとオレイリーは、男女をくっつけるキューピットの職に就いていたのです。

いつも失敗してばかりのジャクソンとオレイリーは今度の担当であるロバートとセリーンをくっつけなければ天国から追放されてしまう為、必死になって二人をくっつけようと奔走します。

なんでこの二人がくっついたんだろう…なんて思うカップルがよくいますよね。

それは、このような天使が必死で頑張っていたのかもしれませんね。

ニコラス・ケイジ主演の「シティ・オブ・エンジェル」(1998年)、リュック・ベッソン監督の「アンジェラ」(2005年)など、天使が出てくる映画が結構好きです。

最近のドラマでは「私はラブリーガル」にも天使が出てきましたね。

ユアン・マクレガーは、ロバートのような頼りない男性の役がよく似合いますね。

頼りなくて弱いけれど、温かい心がある優しいキャラクターが多いです。

ユアン・マクレガーの数多くのキャラクターの中でもロバートはお気に入りのキャラクターです。

ユアン・マクレガーおすすめ映画作品第2位の「普通じゃない」のあらすじと感想でした。

スポンサーリンク

ユアン・マクレガーのおすすめ映画作品3作品:第1位は「ムーラン・ルージュ」

ユアン・マクレガーおすすめ映画作品第1位は、バズ・ラーマン監督の名作「ムーラン・ルージュ」(2001年)です。

原題は、Moulin Rouge。

>>ムーラン・ルージュ [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

パリの伝説のナイトクラブ「ムーラン・ルージュ」を舞台に描かれる美しい恋物語です。

ユアン・マクレガーのおすすめ映画第1位:「ムーラン・ルージュ」のあらすじ

1899年のパリ。

ユアン・マクレガー演じるクリスチャンは作家志望の貧乏な青年です。

クリスチャンは、ムーラン・ルージュの舞台作家たちに才能を認められて、「ムーラン・ルージュ」で働くように誘われます。

ニコール・キッドマン演じるサティーンは、パリのナイトクラブ「ムーラン・ルージュ」で働く高級娼婦でした。

いつか本当の女優になることを夢見ていました。

「ムーラン・ルージュ」は資金不足による経営難に陥っていました。

そこでオーナーのジドラーは、サティーンを利用して資産家のウースター侯爵にパトロンになってもらおうと画策します。

サティーンが初めてウースター侯爵に会う時、サティーンはクリスチャンを侯爵だと間違えてしまいました。

この勘違いがきっかけで二人は恋に落ちます。

サティーンとクリスチャンの許されない関係は誰にも秘密でした。

一方ウースター侯爵はなかなか自分を好きにならないサティーンに苛立ちます。

サティーンもクリスチャンを本気で愛するようになり、ウースター伯爵の誘いを受けることができません。

そしてついにサティーンとクリスチャンの関係を知ったウースター伯爵は、クリスチャン暗殺計画を企てます。

これを知ったクリスチャンはサティーンに一緒に逃げようと言いますが、サティーンはクリスチャンのためを思い、別れることを決意します。

しかし、二人の愛は壊れることなく、ムーラン・ルージュの舞台の上で二人は愛の歌を歌います。

拍手喝采を受けるサティーンとクリスチャンでしたが、急にサティーンが倒れます。

実はサティーンは結核を患っており死期が迫っていたのです。

サティーンが息を引き取り、残されたクリスチャンは悲しみに暮れるのでした。

そしてサティーンとクリスチャンの愛の物語を書き始めるのでした。

ユアン・マクレガーのおすすめ映画第1位:「ムーラン・ルージュ」の感想

ハイテンションで豪華絢爛なミュージカル映画です。

若干悪趣味な演出もありますが、とにかく賑やかなお祭り騒ぎという感じです。

クラシカルな作品でありながら、マドンナ、デビッド・ボウイ、エルトン・ジョン、リル・キムなどの楽曲を盛り込んでくるところは、バス・ラーマン節炸裂で最高でした。

奇抜な衣装や演出が次から次へ出てくるので、飽きることなく見入ってしまいました。

そしてその騒がしさの中で描かれる、サティーンとクリスチャンの恋物語が非常に美しいかったですね。

この映画はシェイクスピア悲劇のように、初めから悲しい結末が待っていることはわかっています。

だからこそ、二人の幸せな時間がよりドラマティックに感じられるのでした。

強い女性サティーンの中にある儚さ、頼りない男性クリスチャンの中にある包容力が最高のバランスでしたね。

バズ・ラーマン監督は、「ロミオ+ジュリエット」のクレア・デインズ&レオナルド・ディカプリオ、「オーストラリア」もニコール・キッドマン&ヒュー・ジャックマンのように、美しいカップルの描き方がとても巧いですね。

ニコール・キッドマンとユアン・マクレガーのカップルも非常に美しくハマリ役でした。

そして何と言っても、ユアン・マクレガーの魅力が炸裂した作品だったと思います。

それ以前の作品でも歌声を披露したことはありましたが、これほどストレートな歌声は初めて聞きました。

ユアン・マクレガーってこんなに歌が上手かったんだ!と驚くほどの美声でした。

のびやかで力強い楽曲や、儚く悲しい楽曲など、様々な表情をした歌声を聞くことができました。

息の合ったニコール・キッドマンとのパフォーマンスも素晴らしかったです。

公開から17年経ってもまだまだ色褪せることのない名作だと思います。何度でも観たい作品ですね。

ユアン・マクレガーおすすめ映画作品3作品の第3位から第1位までののあらすじと私の感想でした。

ユアン・マクレガーの関連記事

>>映画「プーと大人になった僕」のキャストとあらすじと感想!子供よりも大人の心に響く爽やかな感動作!

 

関連記事はこちらです♪

スポンサーリンク

おすすめの10記事

1
映画「ダンケルク」を見る前に歴史を!「ダンケルクの戦い」と「ダイナモ作戦」って何?映画で歴史を知ることって素晴らしい!

映画「ダンケルク」を見る前に「ダンケルクの戦い」や「ダイナモ作戦」を知っておこう! クリストファー・ノーラン最新作「ダンケルク」は実際に起こった「ダイナモ作戦」に基づいた戦争映画です。 「ダンケルクの ...

2
映画「ブレードランナー2049」のキャストとあらすじ!ライアンは前作を14才の時に見た!ライアンの続編は前作を越えられるか?

映画「ブレードランナー2049」のキャストとそのあらすじは? SF映画の金字塔と言われ、今でも多くのファンがいる1982年公開の前作「ブレードランナー」。 原題は「Blade Runner 2049」 ...

3
海外ドラマ「ホームランド」シーズン7!ピーター・クインが登場しないならその分面白くしてくれないと怒ります!

「ホームランド」シーズン6が終わった! 海外ドラマの「ホームランド」、シーズン6がとうとう終わってしまいました。 海外ドラマ「ホームランド」は、シーズン1からシーズン6まで全部見ました。 シーズン6を ...

4
映画「鑑定士と顔のない依頼人」を見た感想と評価!予想外の展開!ミステリーファンの私を参らせた結末でした。

映画「鑑定士と顔のない依頼人」の私の感想と評価 「ニュー・シネマ・パラダイス」、「海上のピアニスト」の巨匠ジュゼッペ・トルナトーレによる大人のミステリー「鑑定士と顔のない依頼人」。 良い意味でとても期 ...

5
映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」主演クリス・プラット!ホームレスからハリウッド大スターに登りつめた!

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の主演俳優クリス・プラット 映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」で新しいマーベルヒーローを熱演したクリス・プラット。 他のマーベル作品の主演俳優に比べる ...

6
映画「ラ・ラ・ランド」のキャスト! ライアン・ゴズリングとエマ・ストーンが有機化学的反応を起こしていた!!

映画「ラ・ラ・ランド」(LA LA LAND)のキャストの二人について 映画『ラ・ラ・ランド』! 監督:デイミアン・チャゼル 時間:128分 映画「セッション」で一躍注目を集めたデイミアン・チャゼル監 ...

7
映画「最初に父が殺された」キャストとあらすじと感想!アンジェリーナ・ジョリー監督!アカデミー賞外国語映画賞カンボジア代表

映画「最初に父が殺された」アンジェリーナ・ジョリー監督:アカデミー賞外国語映画賞 アンジェリーナ・ジョリーってすごい女性だなといつも思います。 ハリウッドを代表する女優さんだし、6名の子どもの母親でも ...

8
ダニエル・クレイグのジェームズ・ボンド第25作目『シャッターハンド』2019年11月公開!ボンドガールは誰に?

映画『007』シリーズの第25作目『シャッターハンド』ダニエル・クレイグ続投! 映画『007』シリーズの第25作目は、2019年11月8日に米国にて公開予定。 ジェームス・ボンド役は、もちろん「ダニエ ...

9
マリオン・コティヤールのおすすめ映画は「エディット・ピアフ 愛の賛歌」!波乱万丈で恋多きピアフを迫真の演技で演じ切りました!

映画「マリアンヌ」の女優マリオン・コティヤールのおすすめ作品 「マリアンヌ」で美しい二重スパイを演じたのはフランスの大女優マリオン・コティヤール。 スポンサーリンク フランス映画でアイドル的人気のあっ ...

10
レオナルド・ディカプリオの若い頃!子役から大スターへ!デカプリオの演じるキャラクター

映画「華麗なるギャツビー」主演レオナルド・ディカプリオ 映画「華麗なるギャツビー」で華やかなギャツビーを演じたのはレオナルド・ディカプリオです。 今やレオナルド・ディカプリオは、ハリウッドには欠かせな ...

-「アイランド」, 「プーと大人になった僕」, 「ムーラン・ルージュ」, 「普通じゃない」, ユアン・マクレガー

error: Content is protected !!

Copyright© 外国映画と海外ドラマに恋して、そして気ままに旅をする! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.