「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」

「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」第1作のあらすじと感想!「ハリーポッター」が再始動した作品だけど、キャストが地味?

投稿日:

映画「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」第1作のあらすじと感想

「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」を観る前に、第1作を見た方も見ていない方も、しっかりおさらいしておきましょう。

「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」の原題はFantastic Beasts: The Crimes of Grindelwaldです。

「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」第1作のあらすじと感想です。

では、まずは「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」第1作のあらすじからです。

「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」第1作あらすじ:闇の魔法使いグリンデルバルド

1926年。

人間と魔法使いの対立が深まる中、闇の魔法使いグリンデルバルドの恐怖が迫ります。

さらにニューヨークでは、建物が壊される不可解な事件が続いていました。

「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」第1作あらすじ:ニューヨークにやってきたニュート

魔法動物学者のエディ・リッドメイン演じるニュートは、ホグワーツ魔法学校の卒業生。

世界中の魔法動物の保護と研究をしていました。

ニュートは保護した動物を故郷に戻すために、ニューヨークにやってきたのです。

ところが、魔法動物たちを詰め込んだニュートの魔法のトランクから、魔法動物が逃げ出してしまいました。

ニュートは、アメリカ合衆国魔法議会「MACUSA」のキャサリン・ウォーターストン演じるティナに魔法動物を逃がした罪で逮捕されてしまいます。

しかし、トランクを開けてみるとそこにはただのパンが…。

実は、偶然居合わせたノー・マジ(人間)のダン・フォグラー演じるジェイコブのトランクと入れ替わっていたのです。

「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」第1作あらすじ:魔法動物を追うニュート

ニュートとティナは慌ててジェイコブを探し出し、ニュートのトランクを取り戻します。

ところが、すでに数頭の魔法動物が逃げ出していました。

ティナはニュートとジェイコブを見張るために、自分の家に連れて行きます。

ティナの家には同居している妹のアリソン・スドル演じるクイニーがいました。

クイニーは人の心を読む魔術を持っています。

ニュートとジェイコブはティナの家から抜け出し、街に逃げた魔法動物たちの捕獲に奮闘します。

ところが追ってきたティナに捕まってしまい、MACUSAに連行されます。

「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」第1作あらすじ:容疑をかけられるニュート

MACUSAでは、多発する不可解な事件についての会議が行われていました。

建物を壊し、事件を起こしている「黒い影」はついに人間を殺害してしまったのです。

しかも殺された人間は上院議員の息子でした。

このままでは人間と戦争になってしまうとMACUSAは頭を悩ませていました。

ニュートは「黒い影」の正体は、抑圧された子供の体から生まれる闇の力「オブスキュラス」であることを知っていました。

それを議会に訴えますが受け入れられません。

議会は、人間殺しの犯人はニュートの魔法動物であると断定。

ニュートと、ニュートに共謀したとされるティナも死刑宣告を受けてしまいます。

そこへクイニーが助けに駆け付けます。

ニュート、ティナ、ジェイコブとクイニーはMACUSAから脱出するのでした。

<------ここからネタバレ記事あり------>

「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」第1作あらすじ:クリーデンスの正体

MACUSAの保安局長のコリン・ファレル演じるグレイプスエズラ・ミラー演じるクリーデンスという青年と会っていました。

クリーデンスは、新セーレム救世軍のメアリーの養子たちの一人でした。

グレイプスは、養子たちの中にオブスキュラスがいると確信し、クリーデンスに探るように命じていたのです。

クリーデンスはメアリーから虐待を受けており、とても孤独な青年でした。

グレイプスは、そんなクリーデンスの孤独を利用し、自分だけは味方であると言って巧みに操っていました。

ところが、クリーデンスはただ利用されていたことを知り、怒りが爆発。

そして黒い影に姿を変えます。

クリーデンスがオブキュラスだったのです。

「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」第1作あらすじ:グレイプスの正体

怒りをコントロールできないクリーデンスの力は暴走し、MACUSAの軍によって殺害されてしまいます。

クリーデンスの特別な力を手に入れたかったグレイプスは、MACUSAの勝手な行動に激怒します。

そしてMACUSAを去ろうとするのですが、ニュートは魔法動物を使いグレイプスを捕えます。

そして「現れよ」と呪文を唱えます。

するとグレイプスの姿が変わり、闇の魔法使いグリンデルバルドになりました。

実はグレイプスこそが、グリンデンバルドだったのです。

「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」第1作あらすじ:記憶を消された人間たち

一連の出来事が人間たちに目撃されてしまったため、ニュートは魔法動物の力を使い、人間たちが記憶を消す雨を降らします。

ジェイコブの記憶も消されました。

ニュートはティナに別れを告げてイギリスへと帰ります。

ジェイコブはニュートがこっそり届けた資金を手に入れ、念願のパン屋を開店させていました。

そのお店にやってきた美しい女性は、クイニーでした。

ジェイコブはクイニーに微笑むのでした。

<------ここまでネタバレ記事------>

「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」第1作のあらすじでした。

「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」第1作の感想

では、次は、「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」第1作の感想です。

「ハリーポッター」シリーズの新たなシリーズが始動するということで楽しみしていた第1作。

第2作目を前にもう一度鑑賞してみました。

私の評価は100点中68点です。

「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」第1作感想:序章的な面白さと物足りなさ

「ファンタスティック・ビースト」は5部作になることが決まっています。

そのため、第1作は、序章的な内容でした。

オブスキュラスの正体、グリンデルバルドの正体が明かされた驚きはありましたが、それ以外の部分はそれほど大きな盛り上がりはなかったですね。

もっと壮大な冒険を期待していた方にとっては物足りなさがあるかもしれません。

しかしながら、序章ならではの面白さもありました。

「ハリーポッター」シリーズは既に世界観が分かっているので、シリーズを重ねるごとに、新たな驚きは減っていきました。

今回は初めて「ファンタスティック・ビースト」の世界に触れるワクワクがありました。

そして、これからどんな冒険が始まるのだろうという期待が高まりますね。

敢えて、全て見せないところが巧かったのかもしれません。

「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」第1作感想:キャラクターについて

第1作を見て初めに感じたことは「キャストが地味だな…」でした。

辛口評価で申し訳ないのですが、あまり魅力的なキャラクターがいないのです。

これは「ハリーポッター」のキャラクターが良すぎたことが原因でもあります。

ハリー、ロン、ハーマイオニーなどの子役たち、ダンブルドア先生、マクゴナガル先生、スネイプ先生など、キャラクターと俳優が非常にハマっていました。

登場人物がとても多いにも関わらず、味方も敵も魅力的なキャラクターばかりでした。

それと比べてしまうと、ニュートとティナの地味さが目立ちました。

ティナ役のキャサリン・ウォーターストンは華のある女優さんなのですが、敢えて地味キャラになっていましたね。

ちょっと残念に思いました。

しかし、かっこいいイケメンや絶世の美女の魔法使いではなく、敢えて親しみやすいキャラクターにすることで、親近感を持って見ることができるのかもしれませんね。

「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」第1作感想:魔法動物の魅力

「ハリーポッター」シリーズとの違いは、魔法使いと魔法動物が共に戦うところです。

この動物たちのキャラクターはとても新鮮でした。

光るものが大好きなモグラに似た動物「ニフラー」。

ペットのような可愛らしさがあります。

ドラゴンのような姿で凶暴な性格の「グラップホーン」や、蝶と爬虫類が混ざったような「素ピーング・イーヴル」は大迫力の魔法生物です。

さらに巨大昆虫の「ビリーウィグ」はとても不気味な魔法動物です。

魔法動物と分類されていても、可愛かったり、恐ろしかったり、気持ち悪かったり、様々なキャラクターが登場するので、飽きることがありません。

私の一番のお気に入りは、植物の根っこのような動物「ボウトラックル」。

ニュートに売り飛ばされそうになった時に、必死でニュートにしがみつく姿が最高でした。

「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」第1作感想:人間界で描かれる魔法

「ハリーポッター」は魔法の世界が舞台でしたが、今回は違います。

実在する世界が舞台となっているのです。

私にとって、これが「ファンタスティック・ビースト」の一番の魅力でした。

丸ごと魔法の世界も面白いですが、実際の世界の中に魔法や魔法使いが存在するほうがワクワクします。

もし、自分のいる世界にも魔法使いが潜んでいたら…と空想してしまいます。

どこか遠くの物語の世界で起きているのではなく、自分のすぐ隣で起きているかもしれないというリアルさがありました。

「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」第1作感想:第二章への期待

色々と辛口コメントをしてしまいましたが、まだまだ第1作なので、この時点で評価するのは正しくないのかもしれません。

第5作が終わった時点で、感想を言うべきなのかもしれませんね。

第1作は、少し物足りない部分がありましたが、その分、第2作への期待が非常に高まりました。

最後の最後でグリンデルバルドとして登場したジョニー・デップの演出は驚きました。

第2作への予告編のようでしたね。

さらに「ハリーポッター」と「ファンタスティック・ビースト」を繋ぐダンブルドア先生も登場します。

若き日のかっこいいダンブルドア先生に会えるのです。これはとても楽しみです。

「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」第1作のあらすじと感想でした。

「ハリーポッター」が再始動した作品としては、ちょっと予想を下回った感じがありましたが、それも全て計算なのかもしれません。

第5作まで観終わった時点で、第1作を改めて評価したいですね。

「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」の関連記事

>>「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」第1作&第2作のキャスト!ジョニー・デップとジュード・ロウ参加!

>>「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」第1作のあらすじと感想!「ハリーポッター」が再始動した作品だけど、キャストが地味?

>>「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」第2作のあらすじと感想!「ハリー・ポッター」の世界がまた!

>>エディ・レッドメイン!「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」の2作目で好きになった!

関連記事はこちらです♪

スポンサーリンク

おすすめの10記事

1
映画「レ・ミゼラブル」のあらすじと感想:このミュージカルはストーリーが難解!あらすじを読んでから映画を観るのがおすすめ!ヒュー・ジャックマンとアン・ハサウェイが素晴らしい!

映画「レ・ミゼラブル」のあらすじと感想です。 「レ・ミゼラブル」(2012年) 「グレイテスト・ショーマン」でミュージカル映画が好きになった方に観ていただきたい作品です。 ヒュー・ジャックマン主演のミ ...

2
映画「ボヘミアン・ラプソディ」キャストと実際のキャラクター!91回アカデミー賞5部門ノミネート!メンバーがそっくり!

「ボヘミアン・ラプソディ」キャストとキャラクター! 主演のラミ・マリック演じるフレディ・マーキュリーに注目が集まる映画「ボヘミアン・ラプソディ」! 第91回のアカデミー賞で作品賞、ラミ・マリックの主演 ...

3
海外ドラマ「ホームランド」シーズン7!ピーター・クインが登場しないならその分面白くしてくれないと怒ります!

「ホームランド」シーズン6が終わった! 海外ドラマの「ホームランド」、シーズン6がとうとう終わってしまいました。 海外ドラマ「ホームランド」は、シーズン1からシーズン6まで全部見ました。 シーズン6を ...

4
映画「鑑定士と顔のない依頼人」を見た感想と評価!予想外の展開!ミステリーファンの私を参らせた結末でした。

映画「鑑定士と顔のない依頼人」の私の感想と評価 「ニュー・シネマ・パラダイス」、「海上のピアニスト」の巨匠ジュゼッペ・トルナトーレによる大人のミステリー「鑑定士と顔のない依頼人」。 良い意味でとても期 ...

5
映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」主演クリス・プラット!ホームレスからハリウッド大スターに登りつめた!

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の主演俳優クリス・プラット 映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」で新しいマーベルヒーローを熱演したクリス・プラット。 他のマーベル作品の主演俳優に比べる ...

6
映画「ラ・ラ・ランド」のキャスト! ライアン・ゴズリングとエマ・ストーンが有機化学的反応を起こしていた!!

映画「ラ・ラ・ランド」(LA LA LAND)のキャストの二人について 映画『ラ・ラ・ランド』! 監督:デイミアン・チャゼル 時間:128分 映画「セッション」で一躍注目を集めたデイミアン・チャゼル監 ...

7
映画「最初に父が殺された」キャストとあらすじと感想!アンジェリーナ・ジョリー監督!アカデミー賞外国語映画賞カンボジア代表

映画「最初に父が殺された」アンジェリーナ・ジョリー監督:アカデミー賞外国語映画賞 アンジェリーナ・ジョリーってすごい女性だなといつも思います。 ハリウッドを代表する女優さんだし、6名の子どもの母親でも ...

8
ダニエル・クレイグのジェームズ・ボンド第25作目『シャッターハンド』2019年11月公開!ボンドガールは誰に?

映画『007』シリーズの第25作目『シャッターハンド』ダニエル・クレイグ続投! 映画『007』シリーズの第25作目は、2019年11月8日に米国にて公開予定。 ジェームス・ボンド役は、もちろん「ダニエ ...

9
マリオン・コティヤールのおすすめ映画は「エディット・ピアフ 愛の賛歌」!波乱万丈で恋多きピアフを迫真の演技で演じ切りました!

映画「マリアンヌ」の女優マリオン・コティヤールのおすすめ作品 「マリアンヌ」で美しい二重スパイを演じたのはフランスの大女優マリオン・コティヤール。 スポンサーリンク フランス映画でアイドル的人気のあっ ...

10
レオナルド・ディカプリオの若い頃!子役から大スターへ!デカプリオの演じるキャラクター

映画「華麗なるギャツビー」主演レオナルド・ディカプリオ 映画「華麗なるギャツビー」で華やかなギャツビーを演じたのはレオナルド・ディカプリオです。 今やレオナルド・ディカプリオは、ハリウッドには欠かせな ...

-「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」

error: Content is protected !!

Copyright© 外国映画と海外ドラマに恋して、そして気ままに旅をする! , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.