「ハッピー・バレー復讐の町」 海外ドラマ

「ハッピー・バレー復讐の町」シーズン1のあらすじと感想!アメリカドラマの華やかさも大好きですが、渋いイギリスドラマもいいね!

投稿日:

海外ドラマ「ハッピー・バレー 復讐の町」シーズン1のあらすじと感想

イギリスBBCのサスペンスドラマ「ハッピー・バレー復讐の町」シーズン1。

別々の場所で起きた2つの事件が繋がり、物語がスピーディに進みます。

全てのシーンから目を話せないような緊迫感のあるストーリーです。

まずは、「ハッピー・バレー復讐の町」シーズン1のあらすじからです。

「ハッピー・バレー復讐の町」シーズン1のあらすじ:キャサリンの抱える問題

ハッピー・バレーの巡査部長のサラ・ランカシャー演じるキャサリンは、8歳の孫ライアンを育てていました。

元夫リチャードは別の女性と再婚。

息子のダニエルとは疎遠です。

元薬物中毒の妹クレアが同居していました。

キャサリンは学校にライアンを迎えに行くたびに、担任教師からライアンの暴力がひどいと指摘を受けていました。

キャサリンはそんなライアンを見ると、父親に似てきたのではないかと不安な気持ちになるのでした。
ライアンの母親であり、キャサリンの娘ベッキーは、ジェームズ・ノートン演じるトミーという男にレイプされた過去があります。

その時妊娠したのがライアンだったのです。

ベッキーはライアンを出産した6週間後に自殺してしまい、その後キャサリンは1人でライアンを育ててきました。

ライアンがトミーのようになったらどうしよう…と、キャサリンは思い悩みます。

「ハッピー・バレー復讐の町」シーズン1のあらすじ:トミーの出所に動揺するキャサリン

トミーはキャサリンとは合意の上での関係だったと主張したため、レイプの罪には問われませんでした。

その後、麻薬取引の罪により8年の刑期を受けていました。

そんなトミーが刑期を終えてハッピー・バレーに戻ってきます。

キャサリンの心が激しく乱れます。

キャサリンは独自にトミーの行方を追っていました。

「ハッピー・バレー復讐の町」シーズン1のあらすじ:ケビンの抱える問題

会計士のスティーヴ・ペンバートン演じるケビンはある悩みを抱えていました。

給料が少ないために、娘を良い学校に入学させられずにいたのです。

ケビンは会社のジョージ・クスティガン演じる社長ネビソンに昇給を頼むことにします。

ところがネビソンにあっさり却下されてしまい、ケビンは激怒します。

実はネビソンの会社は、ネビソンとケビンの父親が共同で始めたのでした。

しかし、ネビソンがケビンの父親を騙して自分の会社としたのです。

ケビンも父親と同じように、つまらない役職に追いやられていました。

ケビンは、偶然訪れた農場での経営者のアシュリーという男性と知り合います。

アシュリーは大麻の密売に関わっていることを知ります。

ネビソンに対する怒りを抱えるケビンは、ネビソンから金を奪おうと考えます。

そしてネビソンの娘を誘拐してほしいとアシュリーに依頼するのでした。

アシュリーは依頼を引き受け、手下の二人に誘拐を実行させることにします。

一人は気弱な男性ルイス、もう一人がトミーだったのです。

「ハッピー・バレー復讐の町」シーズン1のあらすじ:誘拐を中止しようとするケビン

会社に戻ったケビンはネビソンから呼び出されます。

昇給はできないが、娘たちの学費は出したいというのです。

さらに、妻が末期がんで余命わずかのため休暇をとること、その期間ケビンに代理を務めてほしいことを話します。

思いがけず、嬉しい申し出を受けたケビンは急いでアシュリーに誘拐計画中止の連絡をします。

ところが、すでに計画は進行しており手遅れでした。

ルイスとトミーは計画通りチャーリー・マーフィ演じるアンを誘拐します。

動揺するケビンは警察に相談しようとしますが、対応に現れたキャサリンに対して何も言えないまま立ち去るのでした。

ケビンは妻に誘拐事件を企んだことを打ち明けますが、黙っているように言われます。

ネビソンはアシュリーからアンを誘拐したと連絡を受けます。

そして、身代金を会計士のケビンに運ばせるように指示されます。

警察に言えばアンは殺されると心配するネビソンは、アシュリーに従いケビンに最初の身代金を運ばせます。

トミーとルイスは、アシュリーからアンをただ誘拐するだけと指示されていました。

しかしトミーはアンをレイプし、食べ物も与えずに放置します。

ルイスとアシュリーはトミーのサイコパスぶりに恐怖を感じ始めるのでした。

「ハッピー・バレー復讐の町」シーズン1のあらすじ:トミーを追うキャサリン

キャサリンはトミーを探す中で、トミーがアンを監禁している家を見つます。

しかし、隠れるトミーを見つけることができませんでした。
トミーとルイスは警察が来たことに慌てます。

監禁場所を変えるために、アンを車に乗せて走ります。

すると、偶然キャサリンの部下である若い女性警官カースティンが、猛スピードで走るルイスの車を目撃しました。

カーティスが車の中を調べようとしたところに、トミーが別の車で突進してきて、カースティンをひき殺すのでした。

キャサリンは、再度トミーがいたと思われる家を訪ねます。

そこで女性が監禁された形跡を発見します。

「ハッピー・バレー復讐の町」シーズン1のあらすじ:警察に助けを求めるネビソン夫妻

ネビソンの妻はシヴォーン・フィネラン演じるクレアを知り合いだったことから、ネビソン夫婦はキャサリンに娘の誘拐について打ち明けます。

キャサリンはすぐに国際犯罪庁のクラブトリーに報告して助けを求めます。

ついに、警察がアン誘拐事件の捜査を始めます。

キャサリンとクラブトリーはネビソン夫婦から情報を聞く中で、金の受け渡しにはケビンが指名されたことを知ります。

キャサリンは、事件の前にケビンが警察に来たことを思い出しました。

「ハッピー・バレー復讐の町」シーズン1のあらすじ:トミーを追い詰めるキャサリン

トミーは母親リンのところへ行き、地下室を貸してほしいと金を渡します。

リンは薬物中毒でひどい状況でした。

トミーは地下にアンを監禁します。

トミーは自分に息子がいた事実を知り、こっそりライアンの姿を追っていました。

そして、突然キャサリンとライアンの前に姿を現します。

キャサリンは必死でライアンをトミーから遠ざけます。

キャサリンは再びトミーの母親の家に行き、ライアンはトミーの息子ではないと伝えるように言います。
ドラックで朦朧としているアンは、地下室に何かあることを漏らしてしまいます。

キャサリンはすぐに地下室に向かい、ついにアンを発見します。

ところが、そこへトミーが現れてキャサリンに襲いかかります。

キャサリンは必死で抵抗し、アンを外に逃がします。
アンは無事に両親と再会することができました。

ネビソン夫婦とアンはキャサリンに深く感謝します。

「ハッピー・バレー復讐の町」シーズン1のあらすじ:トミーをついに追い詰めるキャサリン

キャサリンは重傷を負いましたが、徐々に回復していきます。

ケビンとアシュリーは誘拐の容疑で逮捕されましたが、トミーとルイスはいまだ逃亡中でした。

3週間がすぎてもまだトミーが捕まらないことにキャサリンは苛立っていました。

トミーは自分を売ろうとしているルイスを殺害し、一人で川辺に泊まっている無人のボートに隠れ、逃亡生活を続けていました。

トミーはライアンのことが気になり、学校の行き帰りを監視していました。

そしてライアンが一人になった隙に、自分は父親だと名乗り出ます。

喜ぶライアンはトミーの潜伏しているボートに遊びに行きます。

翌日ライアンは友達を連れてトミーのボートにやってきました。

この友達が親に漏らしたことで、キャサリンは、トミーとライアンがボートにいることを突き止めます。

トミーはライアンとともに焼身自殺を図ろうとしますが、間一髪のところでキャサリンが突入します。

ライアンは救出され、ついにトミーは逮捕されるのでした。

海外ドラマ「ハッピー・バレー復讐の町」シーズン1のあらすじでした。

では、次は「ハッピー・バレー復讐の町」シーズン1を見た私の感想です。

「ハッピー・バレー 復讐の町」シーズン1の感想

地味なおばさん警官が主人公のドラマということで、正直あまり興味がなかったのですが、すぐにキャサリンの大ファンになってしまいました。

 

「ハッピー・バレー復讐の町」シーズン1のあらすじ:目が離せないスピード感

田舎町の警察を描くドラマということで、地味でダラダラした感じかと思っていたのですが、スピード感ある展開に驚かされました。

ハリウッド映画のような派手な演出やアクションシーンがあるわけではありません。

しかし、俳優たちの演技力が高く、その心理戦が面白いので、釘付けになってしまいます。

はじめはスローな感じで始まるのですが、徐々に事件が加速していきます。

本当に面白いです。

「ハッピー・バレー復讐の町」シーズン1のあらすじ:キャサリンの魅力

ドラマや映画を観ていると「こんな美人の警察官っているかしら?」と思うことが多々あります。

もちろん実際に美しい警察官の方もたくさんいるとは思うのですが、一般的な女性警察官のイメージとはかけ離れたキャラクターが多いです。

キャサリンはどこにでもいるような女性警察官というところが、逆に新鮮でした。

ボサボサの髪、いつもおなじ上着とマフラー、生活感丸出しのおばちゃんなのです。

キャサリンはハッピー・バレーの平和のために、日々身を粉にして働いています。

大物政治家に対しても全く動じることはなく、上司に対しても間違ったことは間違っていると指摘する正義感を持っています。

警察署で働くものたちは、皆キャサリンに一目置いています。

しかし、キャサリンは完璧なヒーローなわけではありません。

孫ライアンや、息子ダニエルに対して、心ない言葉を言い放ったり、突き放したり、ひどい行動も多々あります。

元夫とヨリを戻してみたり、恋愛にだらしないところもあります。

部下たちへの態度も厳しすぎるために、プレッシャーを感じた新人刑事が命を落とす事件まで起きてしまいました。

完璧で美しい警官ではなく、完璧ではないけれど必死で頑張っているキャサリンの姿だから、共感が持てるのです。

キャサリンほどではなくても、人生は問題や葛藤の連続です。

そんなストレスだらけの中で、いつも完璧に振舞える人間なんていません。

キャサリンのように理不尽な怒りを誰かにぶつけたり、無責任な行動をとることで、何とかバランスを保つことができるのです。

そんなリアルで人間臭いヒーローであるキャサリンが最高でした。

「ハッピー・バレー復讐の町」シーズン1のあらすじ:転落していく人々

ケビンは、軽い気持ちでアン誘拐を思いつきます。

自分を軽んじるネビソンを痛い目に合わせたかっただけなのです。

アンを傷つけるつもりなんて全くありませんでした。
しかし、誘拐を依頼した者たちが危険すぎたために泥沼にはまっていきます。

誘拐依頼を受けたアシュリーも軽い気持ちで仕事を受けました。

「若い連中にやらせよう」と。しかし、その若い連中から逆に脅されるハメになり、家族も人生もめちゃくちゃになっていきます。

トミーも異常者ではありますが、知能犯的なサイコパスではありません。

その場しのぎで殺人や悪事を犯してしまうのです。

この転落していく人間たちの姿が、恐ろしくも滑稽で、何とも言えない気持ちになりました。

ちょっとした判断や出来心で、どんな方向にも進んでしまうのが人生なのですね。

希望と絶望を感じました。

「ハッピー・バレー復讐の町」シーズン1のあらすじ:現実味のある犯罪ドラマ

このドラマは、生活感や人間臭さが随所に出てきます。

多くの犯罪者が出てくるのですが、知能犯はいません。

「オーシャンズ11」に出てくるようなかっこいい犯罪者は一人もいないのです。

運任せで動いている犯罪者ばかりなので、犯罪は全然スマートに進みませんが、二転三転する面白さがありました。

シーズン1のサイコパスであるトミーも異常者ではありますが、子供に対する愛情を持っていたり、純粋な心を見せることもあります。

もっと、異常者に徹してくれれば悪役として大嫌いになれるのですが、なぜか完全に否定できないところがありました。

また、犯罪者を追う側の警察の人間たちも、かっこよくありません。

大事な証拠を見逃してしまったり、やる気がなかったり、ミスもしょっちゅうです。

でも、決して悪い警官ではありません。

人間臭い警官たちなのです。もちろんキャサリンも含めて。
犯罪者らしい犯罪者、警察官らしい警察官ではなく、皆が人間臭すぎるのところが、このドラマの面白さでした。

「ハッピー・バレー復讐の町」シーズン1の私の感想でした。

最近、イギリス映画が非常に面白いです。

もちろんアメリカドラマの華やかさも大好きですが、渋いイギリスドラマも良いですね。

心にずしんと響く良作でした。
今なら、「ハッピー・バレー復讐の町」は、U-NEXT とdTVで無料で見られます!






「ハッピー・バレー復讐の町」の関連記事

>>海外ドラマ「ハッピー・バレー 復讐の町」のキャスト!イギリスでは豪華な顔ぶれが大きな話題に!多くの賞を受賞している高評価のドラマ!

関連記事はこちらです♪

スポンサーリンク

おすすめの10記事

1
映画「レ・ミゼラブル」のあらすじと感想:このミュージカルはストーリーが難解!あらすじを読んでから映画を観るのがおすすめ!ヒュー・ジャックマンとアン・ハサウェイが素晴らしい!

映画「レ・ミゼラブル」のあらすじと感想です。 「レ・ミゼラブル」(2012年) 「グレイテスト・ショーマン」でミュージカル映画が好きになった方に観ていただきたい作品です。 ヒュー・ジャックマン主演のミ ...

2
映画「ボヘミアン・ラプソディ」キャストと実際のキャラクター!91回アカデミー賞5部門ノミネート!メンバーがそっくり!

「ボヘミアン・ラプソディ」キャストとキャラクター! 主演のラミ・マリック演じるフレディ・マーキュリーに注目が集まる映画「ボヘミアン・ラプソディ」! 第91回のアカデミー賞で作品賞、ラミ・マリックの主演 ...

3
海外ドラマ「ホームランド」シーズン7!ピーター・クインが登場しないならその分面白くしてくれないと怒ります!

「ホームランド」シーズン6が終わった! 海外ドラマの「ホームランド」、シーズン6がとうとう終わってしまいました。 海外ドラマ「ホームランド」は、シーズン1からシーズン6まで全部見ました。 シーズン6を ...

4
映画「鑑定士と顔のない依頼人」を見た感想と評価!予想外の展開!ミステリーファンの私を参らせた結末でした。

映画「鑑定士と顔のない依頼人」の私の感想と評価 「ニュー・シネマ・パラダイス」、「海上のピアニスト」の巨匠ジュゼッペ・トルナトーレによる大人のミステリー「鑑定士と顔のない依頼人」。 良い意味でとても期 ...

5
映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」主演クリス・プラット!ホームレスからハリウッド大スターに登りつめた!

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の主演俳優クリス・プラット 映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」で新しいマーベルヒーローを熱演したクリス・プラット。 他のマーベル作品の主演俳優に比べる ...

6
映画「ラ・ラ・ランド」のキャスト! ライアン・ゴズリングとエマ・ストーンが有機化学的反応を起こしていた!!

映画「ラ・ラ・ランド」(LA LA LAND)のキャストの二人について 映画『ラ・ラ・ランド』! 監督:デイミアン・チャゼル 時間:128分 映画「セッション」で一躍注目を集めたデイミアン・チャゼル監 ...

7
映画「最初に父が殺された」キャストとあらすじと感想!アンジェリーナ・ジョリー監督!アカデミー賞外国語映画賞カンボジア代表

映画「最初に父が殺された」アンジェリーナ・ジョリー監督:アカデミー賞外国語映画賞 アンジェリーナ・ジョリーってすごい女性だなといつも思います。 ハリウッドを代表する女優さんだし、6名の子どもの母親でも ...

8
ダニエル・クレイグのジェームズ・ボンド第25作目『シャッターハンド』2019年11月公開!ボンドガールは誰に?

映画『007』シリーズの第25作目『シャッターハンド』ダニエル・クレイグ続投! 映画『007』シリーズの第25作目は、2019年11月8日に米国にて公開予定。 ジェームス・ボンド役は、もちろん「ダニエ ...

9
マリオン・コティヤールのおすすめ映画は「エディット・ピアフ 愛の賛歌」!波乱万丈で恋多きピアフを迫真の演技で演じ切りました!

映画「マリアンヌ」の女優マリオン・コティヤールのおすすめ作品 「マリアンヌ」で美しい二重スパイを演じたのはフランスの大女優マリオン・コティヤール。 スポンサーリンク フランス映画でアイドル的人気のあっ ...

10
レオナルド・ディカプリオの若い頃!子役から大スターへ!デカプリオの演じるキャラクター

映画「華麗なるギャツビー」主演レオナルド・ディカプリオ 映画「華麗なるギャツビー」で華やかなギャツビーを演じたのはレオナルド・ディカプリオです。 今やレオナルド・ディカプリオは、ハリウッドには欠かせな ...

-「ハッピー・バレー復讐の町」, 海外ドラマ

error: Content is protected !!

Copyright© 外国映画と海外ドラマに恋して、そして気ままに旅をする! , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.