「グリーンブック」

映画「グリーンブック」のあらすじ!ガサツなイタリア系白人とインテリ黒人という対照的な二人!

投稿日:

映画「グリーンブック」のあらすじ

第91回アカデミー賞で、見事作品賞を受賞した「グリーンブック」(原題Green Book)。

「メリーに首ったけ」「愛しのローズマリー」などのコメディ映画で有名なピーター・ファレリー監督が手掛けた作品です。

主演のヴィゴ・モーテンセンマハーシャラ・アリは、アカデミー賞で主演男優賞と助演男優賞に揃ってノミネートされました。

ヴィゴ・モーテンセンは受賞を逃しましたが、マハーシャラ・アリは助演男優賞を受賞しました。

ガサツなイタリア系白人とインテリ黒人という対照的な二人の爽やかな友情を描いた作品です。

スポンサーリンク

映画「グリーンブック」のあらすじ:用心棒トニーとセレブピアニストドクの出会い

1962年のニューヨーク。

ヴィゴ・モーテンセン演じるイタリア系白人のトニー・リップは「カパカバーナ」というナイトクラブで用心棒として働いていました。

ケンカが強いだけでなく、どんな相手にも動じない度胸があり、トラブルを解決するのがうまいトニーは周りから一目置かれていました。

トニーは妻ドロレスと息子2人と貧しいながらも幸せに暮らしていました。

しかしある時カパカバーナが急に休業することになり、トニーは職を失います。

家族を食べさせていくために何とか新しい仕事を探したいトニーは、友人からある仕事を紹介されて面接会場にむかいます。

指定された場所は世界的に有名なコンサート会場である「カーネギーホール」。

このホールの上に住む人物が仕事の依頼主だったのです。

その人物は、マハーシャラ・アリ演じるドクター・シャーリーという黒人のピアニストでした。

シャーリーはホワイトハウスで演奏したこともある一流のピアニストなのです。

シャーリーは2カ月間アメリカ南部へツアーに出ることになっていました。

南部は黒人であるシャーリーにとって非常に危険な地域です。

そこで自分を守ってくれる用心棒が必要だというのです。

トニーはシャーリーが黒人であることを知ると、すぐにオファーを断ります。

トニーは黒人が自分の家に入ることさえ我慢できない差別主義者だったのです。

しかし、トニーの用心棒としての評判を聞いていたシャーリーは引き下がりません。

高額の報酬を提示します。生活費がほしいトニーは仕方なく仕事を受けるのでした。

黒人でも宿泊できる施設が書いてあるガイドブック「グリーンブック」を頼りに、トニーとシャーリーの2カ月のツアーがはじまりました。

映画「グリーンブック」のあらすじ:徐々に打ち解けていく二人

ガサツで教養のないトニーとは対照的に、英才教育を受けてきたシャーリーはインテリなセレブです。

正反対な二人は全くそりがあいませんが、トニーはお金のため、ドクは無事にツアーを回るためにお互いに我慢するのでした。

コンサートホール会場は各地の上流階級の邸宅や豪華ホテルです。ゲストはお金持ちの白人ばかり。

シャーリーの演奏は大盛況。拍手喝采を受けます。はじめてシャーリーの演奏を聞いたトニーもシャーリーの奏でる音楽に心打たれるのでした。

そして徐々に黒人への差別意識が変わっていくのでした。

ケンタッキー州にやってきたドクは大喜びでケンタッキー・フライド・チキンの店へ直行。

車内で大量のフライドチキンを食べ始めます。

トニーは、フライドチキンは黒人の好物だと言ってシャーリーに勧めますが、シャーリーはジャンクフードを食べたことがありません。「皿もフォークもないのに食べられない」と断固拒否。

トニーはそんなシャーリーに無理やりチキンを押し付けます。

仕方なくチキンを食べたシャーリーは初めてのフライドチキン味に笑みを浮かべるのでした。

映画「グリーンブック」のあらすじ:白人たちから差別を受けるシャーリー

南部の地域における黒人への差別はひどいものでした。

シャーリーは白人専用のホテルには泊まれず、黒人専用の汚いモーテルに泊まることもありました。

ある晩、外の空気を吸いたくなったシャーリーは一人でバーに行きました。

そこで数人の白人から暴行を受けてしまいます。急いで駆けつけたトニーが白人たちを脅してなんとか救出。

トニーはこの地域がどれほど危険か理解していないドクに激しく怒ります。

絶対に一人で行動しないことを約束させます。

次のコンサート会場に到着するトニーとシャーリー。

いつものように歓迎を受けるシャーリーでしたが、白人用のトイレを使おうとしたところ、主催者から止められます。外にある黒人専用の簡素なトイレを使うように言われるのです。

ドクは黒人専用トイレを使うことを拒否し、20分かけてモーテルのトイレへ向かい、再び会場に戻ってくるのでした。

ドクはひどい差別を受けながらも主催者たちと笑って会話をしています。

トニーはそんなドクの行動が理解できませんでした。

スポンサーリンク

映画「グリーンブック」のあらすじ:不当に逮捕されるドク

次の目的地へ向かう二人でしたが、夜の大雨で視界が遮られたこともあり道に迷ってしまいます。

その時、後ろから一台のタクシーがやってきてトニーの車を止めます。

警官はシャーリーの姿を見ると「黒人は夜に外出してはいけないはずだ」と言い、どしゃぶりの雨の中、外に出るように命令します。

警官の態度に苛立つトニー。さらに警官はトニーがイタリア系であることをバカにします。

ついにキレたトニーは警官を一発殴ります。

警官への暴行罪で逮捕されたトニー。

一緒にいたシャーリーも不当に逮捕されてしまいます。シャーリーは、自分が逮捕されるのはおかしい、弁護士に電話をかける権利があると言います。

そしてシャーリーはある人物に電話をかけるのでした。

しばらくして警察署に1本の電話が入ります。警官の態度は一変し、即刻トニーとドクは釈放されるのでした。

シャーリーが電話をかけた相手は知人である司法長官だったのです。

窮地を脱したトニーは大喜びしますが、シャーリーはトニーのくだらない暴力のせいで司法長官の手をわずらわせてしまったことを恥じていました。

そして二人は激しい口論に。

トニーは「お前は豪華な城に住んでいるが、俺は毎日家族のために働いている。俺のほうがよっぽど黒人だ。」と言い放ちます。

するとシャーリーは「自分は白人でも黒人でもない。白人の金持ちたちが自分の演奏を聞く理由は、黒人の演奏を聞くことで教養があると思われたいだけだ。

自分自身が評価されているわけではない。」と激しい口調になるのでした。

映画「グリーンブック」のあらすじ:ツアー最後のコンサート

いよいよツアーの最後の目的地である高級ホテルに到着しました。

いつものように主催者である支配人から歓迎を受けるシャーリー。しかしホテルのレストランで食事をしようとしたシャーリーは支配人から止められてしまいます。

このレストランは白人専用であり例外は認められないというのです。

シャーリーはパーティのゲストである自分が食事をできないのはおかしいと反論しますが、伝統を変えることはできないと拒否されます。

シャーリーは食事もできない会場では演奏できないと、その場を去るのでした。

シャーリーの演奏を待つ大勢のゲストたちを前に、支配人は大慌て。その様子を見ていたホテルの黒人従業員たちは笑みを浮かべるのでした。

映画「グリーンブック」のあらすじ:ツアー最後のステージ

自由になったドクとトニーは、ある黒人ばかりのバーに入ります。

ドクがピアニストであることがわかると、店員はドクに演奏をリクエストします。ピアノのあるステージに向かうドク。

そして素晴らしい演奏を披露するのでした。店中の黒人たちは大盛り上がり。ドクは全身で音楽を演奏して楽しみました。

映画「グリーンブック」のあらすじ:ニューヨークに戻る二人

バーを出た二人は、クリスマスイブに間に合うようにNYに帰ることにします。

しかし外は大雪。さらに疲労がたまったトニーは、このままNYまで走り続けるのは無理だから一泊しようと言います。

でもここで宿泊してしまったら、イブに家に帰ることはできません。トニーはそのまま車内で眠ってしまいました。

目を覚ましたトニーは、NYの自宅に戻っていました。なんとシャーリーがNYまで運転してくれていたのです。

トニーはシャーリーに家族に会ってほしいと言いますが、シャーリーは静かに自分の豪邸へと帰っていくのでした。

トニーの家では家族や親せき、友人が集まり盛大なクリスマスパーティーがはじまっていました。

トニーの姿を見て一同は大喜び。ドロレスも2カ月ぶりの再会を喜びます。

しかし、トニーの表情はちょっぴり沈んでいました。

しばらくすると、トニーはノックの音に気がつきます。外にはシャーリーが立っていました。

トニーは大喜びでシャーリーを向かい入れます。

黒人の訪問の一同は驚きますが、すぐにトニーの友人であることを理解し、暖かく迎え入れるのでした。

映画「グリーンブック」の関連記事

>>91回アカデミー賞作品賞を受賞した映画「グリーンブッグ」の感想!その成功は、トニーとシャーリーいうキャラクター!

>>映画「グリーンブック」のメインキャスト3名!3人の演技が見えるだけでも贅沢な作品

 

関連記事はこちらです♪

スポンサーリンク

おすすめの10記事

1
映画「レ・ミゼラブル」のあらすじと感想:このミュージカルはストーリーが難解!あらすじを読んでから映画を観るのがおすすめ!ヒュー・ジャックマンとアン・ハサウェイが素晴らしい!

映画「レ・ミゼラブル」のあらすじと感想です。 「レ・ミゼラブル」(2012年) 「グレイテスト・ショーマン」でミュージカル映画が好きになった方に観ていただきたい作品です。 ヒュー・ジャックマン主演のミ ...

2
映画「ボヘミアン・ラプソディ」キャストと実際のキャラクター!91回アカデミー賞5部門ノミネート!メンバーがそっくり!

「ボヘミアン・ラプソディ」キャストとキャラクター! 主演のラミ・マリック演じるフレディ・マーキュリーに注目が集まる映画「ボヘミアン・ラプソディ」! 第91回のアカデミー賞で作品賞、ラミ・マリックの主演 ...

3
海外ドラマ「ホームランド」シーズン7!ピーター・クインが登場しないならその分面白くしてくれないと怒ります!

「ホームランド」シーズン6が終わった! 海外ドラマの「ホームランド」、シーズン6がとうとう終わってしまいました。 海外ドラマ「ホームランド」は、シーズン1からシーズン6まで全部見ました。 シーズン6を ...

4
映画「鑑定士と顔のない依頼人」を見た感想と評価!予想外の展開!ミステリーファンの私を参らせた結末でした。

映画「鑑定士と顔のない依頼人」の私の感想と評価 「ニュー・シネマ・パラダイス」、「海上のピアニスト」の巨匠ジュゼッペ・トルナトーレによる大人のミステリー「鑑定士と顔のない依頼人」。 良い意味でとても期 ...

5
映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」主演クリス・プラット!ホームレスからハリウッド大スターに登りつめた!

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の主演俳優クリス・プラット 映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」で新しいマーベルヒーローを熱演したクリス・プラット。 他のマーベル作品の主演俳優に比べる ...

6
映画「ラ・ラ・ランド」のキャスト! ライアン・ゴズリングとエマ・ストーンが有機化学的反応を起こしていた!!

映画「ラ・ラ・ランド」(LA LA LAND)のキャストの二人について 映画『ラ・ラ・ランド』! 監督:デイミアン・チャゼル 時間:128分 映画「セッション」で一躍注目を集めたデイミアン・チャゼル監 ...

7
映画「最初に父が殺された」キャストとあらすじと感想!アンジェリーナ・ジョリー監督!アカデミー賞外国語映画賞カンボジア代表

映画「最初に父が殺された」アンジェリーナ・ジョリー監督:アカデミー賞外国語映画賞 アンジェリーナ・ジョリーってすごい女性だなといつも思います。 ハリウッドを代表する女優さんだし、6名の子どもの母親でも ...

8
ダニエル・クレイグのジェームズ・ボンド第25作目『シャッターハンド』2019年11月公開!ボンドガールは誰に?

映画『007』シリーズの第25作目『シャッターハンド』ダニエル・クレイグ続投! 映画『007』シリーズの第25作目は、2019年11月8日に米国にて公開予定。 ジェームス・ボンド役は、もちろん「ダニエ ...

9
マリオン・コティヤールのおすすめ映画は「エディット・ピアフ 愛の賛歌」!波乱万丈で恋多きピアフを迫真の演技で演じ切りました!

映画「マリアンヌ」の女優マリオン・コティヤールのおすすめ作品 「マリアンヌ」で美しい二重スパイを演じたのはフランスの大女優マリオン・コティヤール。 スポンサーリンク フランス映画でアイドル的人気のあっ ...

10
レオナルド・ディカプリオの若い頃!子役から大スターへ!デカプリオの演じるキャラクター

映画「華麗なるギャツビー」主演レオナルド・ディカプリオ 映画「華麗なるギャツビー」で華やかなギャツビーを演じたのはレオナルド・ディカプリオです。 今やレオナルド・ディカプリオは、ハリウッドには欠かせな ...

-「グリーンブック」

error: Content is protected !!

Copyright© 外国映画と海外ドラマに恋して、そして気ままに旅をする! , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.