「グリーンブック」 外国映画

91回アカデミー賞作品賞を受賞した映画「グリーンブッグ」の感想!その成功は、トニーとシャーリーいうキャラクター!

投稿日:

映画「グリーンブッグ」の感想

映画「グリーンブッグ」

見事、91回アカデミー賞作品賞を受賞した作品ということで、かなりの期待を持って鑑賞してきました。

高評価通りの素晴らしい作品でした。

スポンサーリンク

映画「グリーンブッグ」の感想:とにかくキャラクターが良い

この映画は世界各国で大絶賛されました。その成功は、トニーというキャラクター、シャーリーというキャラクターが誕生した時点で決まっていたと思います。

ケンカの腕が強くガサツな白人トニー。白人差別主義者です。

無学な男ではありますが、トラブルを解決する才能があり、仲間からもボスたちからも一目置かれる存在です。窮地を切り抜けるための度胸や頭脳があります。こんな友達がいたら頼りになるなぁと誰もが思うような人物です。

シャーリーは超インテリで高貴なピアニスト。カーネギーホールの上に住むというセレブぶり。豪華なインテリアに囲まれた姿は、まさに「キング」のよう。子供の頃からソ連で英才教育を受けてきたシャーリーは複数の博士号を持ち、何か国語も話すことができます。

この二人のキャラクターがとにかく良いのです。それぞれが一人だけでは面白さはありませんが、二人が出会い化学反応を起こすことで最高の物語になるのです。

極端に言えば、ストーリーはどうでもよく、この二人のやりとりをずっと見ているのが楽しい。そんな作品でした。ぜひドラマ化やシリーズ化してほしいですね。

ほのぼのとした笑いだけでなく、正面から向き合う真面目さもあることで深みのある物語になっていました。

スポンサーリンク


 

映画「グリーンブッグ」の感想:ドクの苦悩

黒人差別問題を描いた人間ドラマというとちょっと重苦しい印象を受けますが、この作品にはあまり重さや暗さがありません。全編通してロードムービーならではの、風が通り抜けていくような爽やかさがありました。

しかしその爽やかな雰囲気の中でも、シャーリーを通して黒人差別問題もきちんと描かれているところが素晴らしかったですね。

ツアーの行く先々で差別を受けるシャーリーですが、わりとサラリと受け流します。

ある時、パーティの主役として邸宅に招かれるシャーリーなのですが、家主から黒人専用の外のトイレを使うように指示されます。掘っ立て小屋のようなトイレを使うことに抵抗を感じたシャーリーは、20分かけてモーテルのトイレに行くのでした。

シャーリーはそんな扱いを受けた後でも、家主となごやかに会話をしています。トニーにはそんなシャーリーの行動が理解できませんでした。私もこの時点ではシャーリーの気持ちを読み解くことができませんでした。

シャーリーは子供の頃からソ連で英才教育を受けてきたこともあり、アメリカ(特にアメリカ南部)での黒人の扱われ方がわかっていません。だから、夜の白人バーに平気で入っていってしまい、暴行を受けてしまうのです。

そんなシャーリーには誰にも理解されない大きな苦悩がありました。

自分は「白人でもなく黒人でもない」というのです。アメリカにいる多くの黒人になじむことができず、もちろん白人社会に入ることもできません。

コンサートで白人たちから大絶賛を受けるシャーリーでしたが、白人たちの本音をわかっていました。

金持ちたちが自分をチヤホヤするのは、黒人ピアニストを受けて入れているという教養をアピールしたいから。本当に黒人の自分を受け入れているわけではない。だから、ステージを降りた自分は当たり前のように黒人差別と受けるのだと、シャーリーはトニーに話します。

この苦悩はシャーリー本人にしかわらかないものでしょう。

ちょっと今までの黒人差別を扱った映画にはなかったタイプの苦悩だと思います。この複雑なシャーリーの苦悩が心に残りました。

さらにシャーリーは家族とも上手くいっていませんでした。ピアニストである自分と夫である自分を両立させることができず結婚は破綻。兄弟とも疎遠になり、本当に一人きりの孤独な男なのでした。

だからこそ、トニーという存在が大きな影響を与えたのでしょう。

映画「グリーンブッグ」の感想:旅の目的とは?

シャーリーはどうして敢えて危険なアメリカ南部をツアーで回ったのでしょうか。シャーリーはニューヨークにいれば、ひどい差別を受けることはありません。カーネギーホールの豪邸に住み、キングのような生活を維持できるのです。

シャーリーの旅の目的は「勇気が人々の心を変える」からでした。

いくら天才的なピアノの才能を持っていても、人々を変えることはできない。行動すること、勇気を出すことで、はじめて人々の心を変えることができるという意志を持っていたのです。だから、ひどい差別を受けることを承知の上で南部ツアーを続けたのです。

ちょっと世間知らずのお坊ちゃまのようなシャーリーでしたが、このような強い意志があったのです。このシャーリーの意志を知ったトニーは、それまでバカにしていたシャーリーに対して敬意を払うようになるのでした。

「グリーンブック」はアカデミー賞をはじめ世界中の映画賞を総なめにした作品です。

ここまで絶賛されると逆に構えてしまう方もいるでしょう。でも気軽に見ることができる爽やかな作品です。

ヴィゴ・モーテンセンとマハーシャラ・アリの掛け合いは一見の価値ありです。

映画「グリーンブック」の関連記事

映画「グリーンブック」のあらすじ

>>91回アカデミー賞作品賞を受賞した映画「グリーンブッグ」の感想!その成功は、トニーとシャーリーいうキャラクター!

>>映画「グリーンブック」のメインキャスト3名!3人の演技が見えるだけでも贅沢な作品

スポンサーリンク

おすすめの10記事

1
映画「レ・ミゼラブル」のあらすじと感想:このミュージカルはストーリーが難解!あらすじを読んでから映画を観るのがおすすめ!ヒュー・ジャックマンとアン・ハサウェイが素晴らしい!

映画「レ・ミゼラブル」のあらすじと感想です。 「レ・ミゼラブル」(2012年) 「グレイテスト・ショーマン」でミュージカル映画が好きになった方に観ていただきたい作品です。 ヒュー・ジャックマン主演のミ ...

2
映画「ボヘミアン・ラプソディ」キャストと実際のキャラクター!91回アカデミー賞5部門ノミネート!メンバーがそっくり!

「ボヘミアン・ラプソディ」キャストとキャラクター! 主演のラミ・マリック演じるフレディ・マーキュリーに注目が集まる映画「ボヘミアン・ラプソディ」! 第91回のアカデミー賞で作品賞、ラミ・マリックの主演 ...

3
海外ドラマ「ホームランド」シーズン7!ピーター・クインが登場しないならその分面白くしてくれないと怒ります!

「ホームランド」シーズン6が終わった! 海外ドラマの「ホームランド」、シーズン6がとうとう終わってしまいました。 海外ドラマ「ホームランド」は、シーズン1からシーズン6まで全部見ました。 シーズン6を ...

4
映画「鑑定士と顔のない依頼人」を見た感想と評価!予想外の展開!ミステリーファンの私を参らせた結末でした。

映画「鑑定士と顔のない依頼人」の私の感想と評価 「ニュー・シネマ・パラダイス」、「海上のピアニスト」の巨匠ジュゼッペ・トルナトーレによる大人のミステリー「鑑定士と顔のない依頼人」。 良い意味でとても期 ...

5
映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」主演クリス・プラット!ホームレスからハリウッド大スターに登りつめた!

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の主演俳優クリス・プラット 映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」で新しいマーベルヒーローを熱演したクリス・プラット。 他のマーベル作品の主演俳優に比べる ...

6
映画「ラ・ラ・ランド」のキャスト! ライアン・ゴズリングとエマ・ストーンが有機化学的反応を起こしていた!!

映画「ラ・ラ・ランド」(LA LA LAND)のキャストの二人について 映画『ラ・ラ・ランド』! 監督:デイミアン・チャゼル 時間:128分 映画「セッション」で一躍注目を集めたデイミアン・チャゼル監 ...

7
映画「最初に父が殺された」キャストとあらすじと感想!アンジェリーナ・ジョリー監督!アカデミー賞外国語映画賞カンボジア代表

映画「最初に父が殺された」アンジェリーナ・ジョリー監督:アカデミー賞外国語映画賞 アンジェリーナ・ジョリーってすごい女性だなといつも思います。 ハリウッドを代表する女優さんだし、6名の子どもの母親でも ...

8
ダニエル・クレイグのジェームズ・ボンド第25作目『シャッターハンド』2019年11月公開!ボンドガールは誰に?

映画『007』シリーズの第25作目『シャッターハンド』ダニエル・クレイグ続投! 映画『007』シリーズの第25作目は、2019年11月8日に米国にて公開予定。 ジェームス・ボンド役は、もちろん「ダニエ ...

9
マリオン・コティヤールのおすすめ映画は「エディット・ピアフ 愛の賛歌」!波乱万丈で恋多きピアフを迫真の演技で演じ切りました!

映画「マリアンヌ」の女優マリオン・コティヤールのおすすめ作品 「マリアンヌ」で美しい二重スパイを演じたのはフランスの大女優マリオン・コティヤール。 スポンサーリンク フランス映画でアイドル的人気のあっ ...

10
レオナルド・ディカプリオの若い頃!子役から大スターへ!デカプリオの演じるキャラクター

映画「華麗なるギャツビー」主演レオナルド・ディカプリオ 映画「華麗なるギャツビー」で華やかなギャツビーを演じたのはレオナルド・ディカプリオです。 今やレオナルド・ディカプリオは、ハリウッドには欠かせな ...

-「グリーンブック」, 外国映画

error: Content is protected !!

Copyright© 外国映画と海外ドラマに恋して、そして気ままに旅をする! , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.